このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ピザ・ペスカトーレの作り方は食材選びや下ごしらえが鍵

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年4月25日

ペスカトーレとはイタリア語で「漁師」を意味する言葉。その名の通り魚介の旨みをぎゅっと凝縮させたペスカトーレはパスタソースとして有名だがピザとしても人気だ。ふっくらとしたピザ生地にペスカトーレをのせると魚介の旨みがしみ込んで味わい深い一品になる。今回はピザ生地の上にのせるペスカトーレの作り方をお届けするので、好みの魚介を用意し、家庭で作ってみてはいかがだろうか。

1. ペスカトーレの主役である食材の選び方

ペスカトーレの主役といえば、トマトソースの上に並ぶたくさんの魚介類だ。日本のイタリア料理店などで見かけるペスカトーレに使われている食材を調べてみると、イカ・エビ・アサリ・ホタテ・ムール貝などが多いようである。
ペスカトーレの食材の選び方にルールはない。必ずこの魚介を入れなければならないといった決まりはないので、家庭で作るときには基本的に好みのものを使えばいい。ただし、美味しさを追求するなら食材の鮮度にはこだわりたいところだ。
食材の選び方からは少し逸れるが、せっかくの魚介類を目でも楽しむため、アサリやムール貝は殻つきのまま、エビは有頭のままのせるほうが、ピザのできあがりが華やかになるのでおすすめだ。購入時には貝類は殻つき、エビは有頭のものを選ぼう。

冷凍食材は使える?

イカやエビ、ムール貝など、冷凍されたものを使うこともあるだろう。冷凍された食材の選び方で気を付けたいのは、生の状態で冷凍されているかどうかだ。シーフードミックスなどのようにボイルしてから冷凍された食材を使うと肝心の魚介の旨みが出にくいので、できれば生の状態で冷凍されたものを使おう。

2. ペスカトーレに使うアサリ・イカ・エビの下ごしらえ

ペスカトーレは魚介類をふんだんに使うため、魚介類の下ごしらえが必要になる。ここではアサリ・イカ・エビの下ごしらえを見ていこう。

アサリは砂抜きをする

スーパーで買ってきたアサリでも砂抜きが不十分なことがあるため、家庭でも砂抜きすることをおすすめする。
300ccの水に対し約10gほどの塩を入れて海水に近い状態の水を作っておく。アサリをバットなどに並べて、アサリが少し出るくらいに水を注いで2~3時間待ち、その後は殻をこすり洗いしてから使用しよう。

イカは内臓と皮を取る

イカの内臓と皮を取り輪切りにする。イカの胴と内臓の付け根を指で離し、軟骨も取り除き、内臓を取り出した胴の部分をよく洗って拭いておく。胴とえんぺらを指で引き離し、胴の端から皮をつまんでむき取る。

有頭エビの背ワタを取る

有頭のままエビを使う場合には、エビのひげを切り揃え、頭と尾を残して皮をむく。竹串を背中に差し込んで背ワタを引き抜いておく。

冷凍食材の下ごしらえのポイントは?

冷凍された食材の下ごしらえは解凍の仕方が重要だ。低温の場所での自然解凍または冷水をあてて解凍しよう。電子レンジを使用して解凍するとせっかくの旨みを逃がしてしまうので注意が必要だ。

3. ペスカトーレを簡単に作るなら

ピザ・ペスカトーレの作り方は本格的に作ろうと思えば、どこまでも掘り下げることができ、反対にお手軽に作ろうと思えば時間と手間を省いて簡単にできる。
本格的にピザ生地やトマトソースから手作りするところから始めるのも楽しいが、ペスカトーレの簡単な作り方を知っておくと急な来客や家族のリクエストに応えられるかもしれない。

市販のピザ生地・トマトソースを使う

少しの時間でペスカトーレを完成させたいときには、市販のピザ生地やトマトソースを使うと気軽に作れるのでおすすめだ。
いろいろなメーカーから冷凍のピザ生地が販売されているが、全粒粉のものやクリスピータイプなど種類も豊富だ。なかには練って丸めた状態で販売されている生地もある。発酵させ生地を伸ばす段階からピザ作りを楽しめるので試してみてはいかがだろうか。

時短ペスカトーレはシーフードミックス&ツナを使う

もっとコストと時間をカットして簡単にペスカトーレを作りたいときには、旨みは減ってしまうがシーフードミックスを使うのも手だ。旨みを足すために、ツナを入れるとボリュームもアップして食べごたえも増す。
シーフードミックスは加熱すると小さくなってしまうものが多いので、気持ち多めに用意するのがコツだ。

結論

ピザ・ペスカトーレは地中海に面するイタリアならではのピザともいえるが、日本も美味しい魚介類に恵まれた土地。ときには本格的に、ときには簡単な作り方でと、ぜひ新鮮な魚介をふんだんに使ったペスカトーレを家庭でも味わっていただきたい。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ