このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

サラダを徹底解説!素材の味を引き立たせる食べ方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年5月27日

サラダは、さまざまな野菜を中心に作られる多くの栄養素を含んだ料理。ドレッシングをかけて食べたり、そのまま生で食べたりと、食べ方や野菜の組み合わせのバリエーションが豊富だ。皆さんはサラダの味と言われたら、どのようなものを連想するだろうか。今回はサラダの味と歴史に焦点を当て紹介していく。

1. 日本の食文化に影響を与えたサラダの存在

普段何気なく食べているサラダのルーツをご存知だろうか。古代ギリシャ、道端で生えている野草に塩を付けて食べたのが始まりといわれている。その後、北米などで人気となり、ビタミン豊富な野菜を中心に家庭料理としてふるまわれていた。日本で広まったのは明治時代以降と、比較的歴史は浅い。日本では日頃から野菜は食べられていたが、火を通して食べる食べ方がポピュラーだった。サラダが日本に伝わったことにより、日本国内で生の野菜を食べる機会が多くなり、日本の食文化に大きな影響を与えたといわれている。

2. サラダの味を最大限に味わう食べ方

サラダの味を最大限に楽しむ、すなわち野菜の味を最大限に楽しむには主に3つの方法がある。ここではその3つの方法に焦点を当て紹介していく。

蒸し焼きにして食べる

好みの野菜を蒸し焼きにし、身体を温めながら蒸し野菜サラダを楽しむことができる。熱を加えることで野菜本来の旨みも楽しむことができる。また、野菜自体も柔らかくなり、かさも減るため、普段より多くの野菜を摂取することができる。

生で食べる

野菜を適度な大きさにカットし何も付けずに生で食べる方法。野菜本来の食感や味を同時に楽しむことができるほか、ビタミンCなど熱に弱い栄養を損なわずに摂取することができる。蒸し野菜サラダほど量を食べることはできないが、蒸し野菜サラダでは摂取が難しい栄養素を豊富に取り込むことが可能だ。野菜の繊維を意識することで、野菜の旨みをさらに引き出すことができるため意識してみるとよいだろう。

塩に付けて食べる

カットした野菜に塩を付けて食べるシンプルな食べ方。サラダ野菜に塩を付けることで、野菜の内側に秘められた旨みを引き出すことができる。きゅうりやトマトに使用するとより甘みが増し、スイーツのような感覚で味わうことが可能だ。
普段からドレッシングをよく使う人は、一度サラダを塩だけで食べてみてはいかがだろうか。

3. サラダの味をチェンジ!手軽に作れるドレッシング

サラダの味に独特の風味と味わいを加えてくれるドレッシング。ここでは自宅で簡単にできるオリジナルドレッシングについて紹介していく。

定番フレンチドレッシング

サラダ油・酢・塩・こしょうで簡単に作ることができる、日本でも人気なフレンチドレッシング。トマトや玉ねぎなどが使用されているサラダと相性がよい。サラダ油が原料に使用されているため、かけすぎには注意が必要だが、サラダ油の風味がサラダの野菜と絡み合い、クセになる味わいとなる。

万能中華ドレッシング

醤油・砂糖・酢・ごま油で作ることができる中華ドレッシング。ごま油特有のこうばしい香りが野菜の旨みを引き立てる。キャベツなどドレッシングが絡みやすい葉物野菜と相性がよい。
ドレッシングの原料に使用されているごま油は、ビタミンEが豊富に含まれている。ビタミンEは、活性酸素の働きを抑える抗酸化作用をもつ。
中華ドレッシングはサラダ以外にもほかの料理の隠し味として使用できるため、多めに作っておくとよいだろう。

王道和風ドレッシング

醤油・酢・オリーブオイルの3つの調味料からなる和風ドレッシング。さっぱりとしたサラダを食べたいときに適していて、短時間で作ることができる。
少し放置すると、オリーブオイルとほかの調味料が分離してしまうため、サラダに使用する際はよくかき混ぜてから使用しよう。オリーブオイルにはオレイン酸と呼ばれる悪玉コレステロールを減らす作用のある栄養素が含まれている。

結論

サラダの味は食べ方や使用する調味料次第で大きく変化する。また、サラダ以外にもオリジナルドレッシングには健康体になる栄養が多く含まれている。食べる際に自分に不足している栄養を見極め、サラダに使用する野菜・使用するドレッシングを選んでほしい。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ