このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

あまった焼鳥を美味しくリメイク!上手に保存して焼鳥丼はいかが?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年10月24日

居酒屋や屋台だけでなく、スーパーやコンビニでも気軽に買えるようになった焼鳥。あと一品欲しいという時にとりあえず焼鳥を手に取ってしまうという人も少なくないのではないだろうか。しかし、手に取る頻度が高くなるとそれだけ余らせてしまう機会も増え、翌日残り物の焼鳥をどう食べようか悩んでしまいがちだ。そこで今回は、焼鳥丼をはじめとした焼鳥のリメイクレシピや保存方法を紹介したい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 焼鳥の正しい保存方法と再利用方法!

食卓に並べたはいいものの、食事を終えてみたら食べきれなかった焼鳥がテーブルに2~3本......。その焼鳥、どのように保存しているだろうか。翌日焼鳥丼にして食べればいい、とばかりにラップをかけて冷蔵庫に入れるという人も少なくないだろう。当然、焼鳥がごはんの上にのった状態でおいてはごはんがタレを吸ってべちゃべちゃになり、美味しさは損なわれてしまうので正しい保存方法とはいえない。焼鳥丼にすると決まっていたとしても、焼鳥は焼鳥、ごはんはごはんで分けておくようにするのが正しい保存方法といえる。

ちなみに、焼鳥を自分で焼くのであれば、生の状態で作り置きしておくというのも正しい保存方法のひとつだ。そうしておけば食べたい時に焼きたての焼鳥や焼鳥丼を食べられる。焼く前の焼鳥を保存する際は、串に刺すところまで準備したうえで冷凍し、焼く数時間前に冷蔵庫に移し替えて解凍しておくとよいだろう。

2. 冷蔵保存はNG?食べきれなかった焼鳥は焼鳥丼にしよう

余った焼鳥を手早く美味しくリメイクするなら焼鳥丼にするのがおすすめだ。しかし、冷蔵庫で保存した焼鳥を翌日温め直すと、タレが固まってしまうことには注意したい。焼鳥は冷蔵ではなく冷凍で保存するのがおすすめだ。冷凍保存なら冷蔵保存に比べて保存できる期間も延びる。余りものではなく、あえて余らせるくらいの量の焼鳥をまとめ買いし、焼鳥丼のためにあらかじめ冷凍しておくというのもよいのではないだろうか。

基本の焼鳥丼はごはんに焼鳥をのせ、好みでネギやノリ、ゴマなどを散らせば完成だが、せっかく焼鳥を冷凍保存して数日置いて改めて焼鳥丼にして食べるのであれば、普通の焼鳥丼に一工夫加えたアレンジ焼鳥丼に挑戦してみよう。

手軽でおすすめなのは、ごはんにたっぷりとのせた焼鳥の上からマヨネーズをかけた、照り焼きマヨネーズ風の焼鳥丼だ。元々焼鳥のタレは照り焼きのように甘辛なので、マヨネーズをかければなんちゃって照りマヨチキンとなる。冷凍保存する際に容器を移し替えたりしているうちにタレが減ってしまい、もう少しタレを多めにつけたいと感じたのであれば、鍋に醤油、砂糖、みりん、酒を入れて煮詰めてタレを作ろう。これに焼鳥を再度絡めるとよいだろう。

ひと手間加えることで美味しさを倍増させたいなら、串から外した状態で冷凍しておいた焼鳥を玉ねぎと一緒にめんつゆで煮込み、溶き卵でとじた親子丼風の焼鳥丼がおすすめだ。甘辛いタレがしみ込んだ柔らかい焼鳥とふわふわの卵の相性はバツグンで、普通の親子丼に負けないくらい美味しい一品に仕上がる。ポイントは、玉ねぎを先にフライパンに入れて火を通すことだ。焼鳥は温めるだけでよいので、火を通し過ぎて固くならないよう気を付けよう。

3. 焼鳥を冷凍保存しておけば、使い道バツグン!焼鳥のアレンジレシピ

余った焼鳥を冷凍保存しておいたのはよいものの、焼鳥丼にするには少々焼鳥の量が心もとないということもあるだろう。そんな時は、焼鳥丼にこだわらずそれ以外のアレンジレシピにも挑戦したい。

手軽でおすすめなのは、冷凍保存しておいた焼鳥を溶き卵に入れて熱したフライパンで包み込むように焼きあげた焼鳥オムレツだ。好みでネギやのりなどの具材も一緒に刻んで入れるのがポイントだ。同じ具材でも巻き込むように焼いていけば焼鳥入りの卵焼きになる。見た目の華やかさならオムレツ、弁当のおかずにするなら卵焼きといった具合で、好みで焼き方を変えるとよいだろう。

結論

どこでも気軽に、1本から買えるようになった焼鳥。保存方法やアレンジ方法を知っておけば気軽に買い置きすることもできるので、目に留まったら買っておいて冷凍し、食べたい時にさまざまな形でリメイクを楽しむとよいだろう。ゼロから作るだけでなく、市販のものを上手く活用するのも料理の醍醐味であり、腕が問われるところでもある。今回紹介した以外にもさまざまな焼鳥丼やアレンジレシピを研究してみよう。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ