このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
焼き鳥の美味しい食べ方やアレンジレシピ!保存方法もチェック

焼き鳥の美味しい食べ方やアレンジレシピ!保存方法もチェック

投稿者:ライター 河原希(かわはらのぞみ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年3月21日

ごはんのおかずや酒のつまみとしても重宝する「焼き鳥」。部位によって味や食感が異なるため、何本でも食べられてしまう不思議な料理だ。今回は、そんな焼き鳥の作り方のポイントやレシピ、裏ワザを紹介。さらに、ダイエット中に気になるカロリーもあわせて見てみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 焼き鳥の正しい保存方法とは?

焼き鳥は美味しいため、ついつい買いすぎや作りすぎることもあり、余ることもがあるだろう。そんなとき気になるのが保存法だ。
この記事では焼き鳥の保存方法を紹介している。冷蔵保存と冷凍保存それぞれポイントややり方が違うため、自分に合ったほうを見つけられる。さらに、市販と手作りそれぞれにぴったりな保存方法を紹介しているため、あわせてチェックするとよいだろう。
この記事もCheck!

2. 焼き鳥のタレの作り方や隠し味

焼き鳥の味の決め手となるのが「タレ」だ。この記事では、自宅での焼き鳥のタレの作り方や隠し味を紹介している。市販のタレを使わなくても、自宅にある調味料で簡単に作れるのだ。さらに、ここでは焼き鳥やのタレがなぜ腐らないのかも紹介している。焼き鳥屋のタレ壺を見て気になったことがある人も多いと思うが、あわせてチェックしたい。
この記事もCheck!

3. 美味しい焼き鳥の作り方

焼き鳥屋で食べる焼き鳥も美味しいが、自宅で家族とテーブルを囲みながら食べる焼き鳥も別格だ。この記事では自宅で作る美味しい焼き鳥のコツを紹介している。焼き鳥にすると美味しい部位や焼き鳥と一緒に合わせて食べたい野菜までピックアップ。料理方法は下ごしらえのコツから紹介しているため、これだけ見ると簡単に自宅で焼き鳥を作ることができる。また、串なし焼き鳥も紹介しているため、もっと簡単に食べたいときにおすすめだ。
この記事もCheck!

4. 焼き鳥のアレンジレシピ

焼き鳥が余ったときに、また後日同じ味を食べるのもな...と思うこともあるだろう。そんなときにチェックしたいアレンジレシピをこの記事では紹介している。アレンジレシピといっても、味変にぴったりの食材を使っていつもとは違った味を出せるため、手軽に試せるのも魅力的だ。また、アレンジした焼き鳥をいくつか作って食べ比べてみてもよいだろう。
この記事もCheck!

5. 焼き鳥をメインに食卓を囲もう!

焼き鳥の味は美味しく香りも食欲をそそるため、ごはんのメインにもぴったりだ。ここでは、焼き鳥をメインにした献立を紹介。和食編とアジアン料理編に分けてぴったりの副菜を紹介している。日や気分によって変えてみると何度でも楽しめるだろう。また、焼き鳥に合うスープのレシピも紹介しているため、一緒にチェックしたい。
この記事もCheck!

6. 気になる焼き鳥のカロリー、糖質事情

タレや塩気が美味しい焼き鳥は、カロリーや糖質が高いのか気になる人もいるだろう。この記事では焼き鳥のカロリーや糖質、さらにはカロリーオフできる食べ方まで紹介している。ダイエット中の人や糖質が気になる人は必見だ。焼き鳥のカロリーや糖質は、肉の部位や味付けによってさまざまで、それぞれが低い部位と味付けを選べばカロリー控えめにできる。さらに忘れてはいけないのが、栄養素。ここでは、焼き鳥から摂取できる豊富な栄養素もチェックできる。それでもカロリーが気になる人は、カロリーオフする食べ方を合わせてチェックすることをおすすめする。
この記事もCheck!

7. 焼き鳥の正しい温め方

冷めた焼き鳥を再び温めるとき、どう温めるとよいだろう?この記事では、電子レンジ、フライパン、トースターを使った正しい温め方を紹介している。パサパサになった経験がある人はぜひチェックしてほしい。フライパンを使うときは、アルミホイルやクッキングシートが必須。また、トースターを使うときもアルミホイルは必須だ。時短で温めたい場合は、電子レンジとクッキングシートを使うと◎。温めてパサパサにしてしまった経験がある人は、ぜひこの温め方をチェックしてほしい。
この記事もCheck!

8. フライパンを使った焼き鳥の焼き方

家で焼き鳥を作るとき、網がなくフライパンで作らなければいけないこともあるだろう。そんな人におすすめなのがこの記事だ。フライパンで店のように美味しく焼けるコツを紹介している。その焼き方に必須なのが、「アルミホイル」。どの家にもある道具で簡単に美味しく焼けるとあって、ぜひマネしたい。
この記事もCheck!

結論

焼き鳥は普通に食べても美味しいが、自宅で作ったりアレンジしたりするともっと楽しめる料理だ。また、あわせて保存方法や温め方をチェックしておくと、次に食べるときにより美味しく食べられるだろう。記事を読んでぜひ焼き鳥に詳しくなってほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ