このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

食べ飽きたインスタント麺を大胆アレンジ!?トマトラーメンのススメ

投稿者:ライター 藤本龍(ふじもとりょう)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年6月16日

ラーメンなのにヘルシー志向で女性人気も高いトマトラーメン。まだまだ取り扱っている店も少なく、気になってはいるものの食べたことはないという人も多いのではないだろうか。実は、トマトラーメンは外食に頼らなくとも、インスタント麺を使って自分で作ることができてしまう。普通のインスタント麺に飽きたという人も、トマトラーメンが気になっていたという人も、ここで紹介する作り方を参考にトマトラーメンに挑戦してみよう。

1. トマトラーメンに必要なのはインスタント麺とトマトだけ?

トマトの酸味が加わり、さっぱりとした味わいが楽しめるトマトラーメンに必要な具材はそう多くない。

まずはトマトジュースやトマト缶、生のトマトなど、加工されているものでもよいのでトマトとインスタント麺を用意しよう。あとは煮卵やチャーシュー、もやし、キャベツ、ねぎ、にんにくといった好みのトッピングを用意しておけばOKだ。トマトラーメンだからこそのさっぱりとした味わいに合うトッピングが欲しければ、水菜や豆苗、粉チーズ、厚切りのベーコンなどがおすすめだ。

インスタント麺のスープの味も、塩やしょうゆ、とんこつなどさまざまな種類があるが、とくにこれでなければいけないというものはない。ストックしているインスタント麺をそのまま使ってもよいし、トマトの酸味に合うスープを自分なりにいろいろ試してみるのもおもしろいのではないだろうか。

そのくらい気楽に試せるほどに、身近な食材を組み合わせるだけで作れてしまうのもトマトラーメンの魅力といえるだろう。

2. こんなに簡単!トマトラーメンの作り方

食材の準備さえ整ってしまえばトマトラーメンの作り方はいたって簡単だ。普段水を沸かしてスープの素を加えて作るスープの水分のおよそ半分ほどを、トマトジュースやトマト缶に置き換えるだけでよい。

もう少し手間を増やしてでもより美味しいものを作りたい!という場合は、スープで使う湯を沸かす鍋で先に刻んだにんにくをオリーブオイルで炒めておくとよい。にんにくの香りが移ったオリーブオイルがスープや麺と絡むことで洋風のテイストがさらに増すことだろう。

また、チャーシューの代わりにベーコンを用意するのであれば、水菜やもやし、豆苗といった野菜類と一緒にさっと炒めてからトッピングとして添えるのもおすすめだ。作り方が簡単だからこそ、トッピングなどのプラスアルファの部分で違いを出したくなるのは料理好きなら納得の感覚だろう。

自分なりのトマトラーメンを開拓するためにも、ぜひさまざまな工夫を試してみてほしい。

3. トマトラーメンをさらにアレンジ!冷やしトマトラーメンの作り方

非常にシンプルで手軽に作れてしまうトマトラーメンだが、こだわろうと思えばさらにアレンジを加えていくことができる。ここでは、そのひとつである冷やしトマトラーメンの作り方を紹介しよう。

冷やしトマトラーメンを作るなら、スープは自作となるのでインスタント麺である必要はなくなる。せっかくなので乾麺ではなく生の中華麺を用意してみるのもよいだろう。

スープの作り方は中華スープの素に塩コショウ、トマトジュース(トマト缶などでも可)、水を合わせて混ぜるだけ。冷やしラーメンなのでできあがったスープは麺が茹であがるまで冷蔵庫で冷やしておくとよい。好みで塩コショウの代わりにめんつゆやごま油を合わせたり、酢やタバスコなどを足してスパイシーにしたりしても美味しいスープになる。あとは麺を茹でて水で締め、スープに絡めれば冷やしトマトラーメンの完成だ。

冷やしトマトラーメンのトッピングは水菜やもやしなどに加えてツナ缶、蒸し鶏なども相性がよい。ここまでやれば本格的なトマトラーメンとして胸を張って人にふるまえる一品となっているはずだ。暑い季節にぜひ、試してみてほしい。

結論

スープを水とトマトジュースなどで作るだけでできてしまうトマトラーメンは、手軽な割にガラッとテイストを変えられておすすめの食べ方だ。また、トマトラーメンはトッピングやアレンジにこだわればいくらでも美味しい食べ方を開拓することもできる。冷やし中華のスープをトマトベースにしてみたり、スープを酸辣湯風にしてみたり。ここで紹介した以外にもさまざまなアレンジに挑戦してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ