このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

クリームチーズの代用方法を紹介!使い道に応じて選ぶのが正解

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年8月25日

独特の味や食感が魅力ではあるが、クリームチーズを購入したことがないという人はいるだろう。ワインをよく嗜む、お菓子作りを頻繁にするなどという家庭は常備しているかもしれない。ときどきクリームチーズが材料にあると、常備品がなくて困ったという経験はないだろうか。本記事では、クリームチーズの簡単な代用品の使い方を紹介していく。

1. クリームチーズの特徴

クリームチーズはほかのチーズと比べてやわらかく、口当たりがよい。そのやわらかさは乳脂肪の多さに由来するものであり、カロリーもやや高めの傾向がある。味はほのかな酸味が感じられ、クリームなどの甘みと相性がよい。

必要な分だけ買って使いきれればよいのだが、クリームチーズはひと口サイズの個包装、あるいはマーガリンのような容器で売られていることが多く、後者を買った場合には使いきれずに傷ませてしまうことも少なくないだろう。このような面から、クリームチーズに馴染みのない人が使い始めようと思っても、ハードルが高くなりがちなのだ。

2. クリームチーズの簡単な代用方法2通りを紹介!

先述のような理由から、クリームチーズに馴染みのない人は買うのをためらうことも多いだろう。しかし、じつはクリームチーズは身近な材料で代用できるのだ。例として2通りの方法を紹介する。

スライスチーズと牛乳を組み合わせる

熱で溶けるタイプのスライスチーズと牛乳を混ぜ、耐熱容器などに入れ加熱する。チーズが溶けたら、冷蔵庫で冷やせばよい。するとチーズと牛乳がうまく混ざり、クリームチーズに似た食感になる。ポイントは、使いたい量だけを作れることだ。もちろん最初は量を見誤ることもあるだろうが、少なくとも使いきれず傷ませるようなことは起きにくいはずだ。少しだけ手間がかかる方法ではあるが、試す価値があるだろう。

水きりヨーグルトを使う

水きりヨーグルトとは、キッチンペーパーなどで水分をこしたヨーグルトのことだ。一晩かけて作る場合が多いようだ。元がヨーグルトである分、本来のクリームチーズよりも若干酸味が強くなりがちだ。また、先述のスライスチーズと牛乳での代用に比べ、手間と時間がかかるというデメリットもある。ただし水きりヨーグルトの場合、一度に多めの量を作ることができるメリットもあるのだ。一度にたくさん使うことがわかっている場合は、水きりヨーグルトによる代用は有効な手段のひとつといえる。

3. クリームチーズの代用方法は、使い道に応じて選ぶのが良い

上記方法によるクリームチーズの代用品は、本来のクリームチーズと同様に使うことができる。たとえば、スライスチーズと牛乳で作った代用品は、パンやクラッカーに塗る、あるいは和え物やソースに使うなど、少量の使用に向いている。クリームチーズを使い始めたばかりの人や、たまに少量だけ使いたい人には最適だろう。

一方、水きりヨーグルトを使った代用品の場合、生クリームに混ぜるほか、ケーキに使うなど、大量に使うのに向いている。たとえば、クリームチーズを使い慣れているがもっと酸味が欲しい人や、クリームチーズの乳脂肪の多さを避けたい人などにはちょうどよいのではないだろうか。

結論

クリームチーズの代用方法のうち、比較的簡単な2通りを紹介した。味の好みや使い道によって、どちらを選ぶかが分かれそうだ。いずれにしても、時間や手間はかかるものの、簡単に手に入る食材で代用できるのが魅力的だ。飽きたらどうしようと心配せず、気軽に代用品を試していただきたい。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ