このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【ピーマン】大辞典!栄養や調理法、保存方法などピーマンを徹底解剖

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年11月27日

ピーマンは、いつでもどこでも手に入れることができる身近な野菜のひとつである。独特な苦みや香りが魅力だが、苦手な人も多い。あの苦みをコントロールするためには、まずピーマンの基礎を知ることが重要である。苦みの正体や適した調理法を知ると、ピーマンをより美味しく食すことができるだろう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 緑黄色野菜ピーマンの栄養と効能

ピーマンはラテンアメリカ原産の野菜であり、日本には江戸時代に入ってきたそうだ。栄養豊富な緑黄色野菜のひとつであり、食卓にのぼる機会も多い。ピーマンに含まれる栄養素を具体的に挙げると、
βカロテンやビタミンEなどの緑黄色野菜全般に含まれる栄養素のほか、ビタミンCやビタミンPが豊富であることに注目したい。それぞれの栄養素の効能についても詳しく解説しよう。
この記事もCheck!

2. 【ピーマンの基礎】産地・品種・種類について

ピーマンの栽培は、茨城県や宮崎県、高知県などで盛んに行われている。気候が異なるさまざまなエリアに産地が分散しているため、産地により収穫時期がずれる。これが、一年中ピーマンが流通している理由である。また一口にピーマンといっても、いくつもの品種が存在する。たとえば、赤ピーマンは、実は緑ピーマンが完熟したものであるなど、ピーマン好きなら知っておきたい品種についての情報をお伝えしよう。
この記事もCheck!

3. ピーマンは旬に合わせて切り方を変えるべし!

ピーマンは、ツルツルとした質感やランダムにデコボコとした形が特徴の野菜である。そのため上手に切るには、ちょっとしたコツが必要である。おすすめは、ピーマンの旬に合わせて切り方を変える方法。6月頃に収穫された旬のピーマンは、繊維に沿って縦切りに。そして、旬を少し過ぎた8月以降のものは、繊維を断つように横方向に切るのだ。
この記事もCheck!

4. ピーマンを生で食べる時の切り方のコツとは?

ピーマンは栄養価の高い野菜だが、その大部分は水溶性のビタミン類である。そのため下処理や調理法によっては、栄養素を失うばかりでなく、美味しさまで損なってしまう恐れがある。よって、ピーマンを生で食す際には、生食に適した切り方をするのが大切なのだ。またピーマンが苦手な人も美味しく食べられるよう、苦みを軽減させるひと手間もお伝えしよう。
この記事もCheck!

5. ピーマンの美味しさをしっかり保つ正しい保存方法

普段、購入したピーマンをどのように保存しているだろうか?冷蔵庫で保存するのが一般的だが、袋や新聞紙にくるんで保存すると美味しさをしっかりとキープできる。また使いかけのピーマンの場合は、種とヘタを取ってラップで包むのがおすすめだ。さらにピーマンは冷凍保存することもできる野菜である。ぜひ、正しい保存方法でピーマンの鮮度を保ってほしい。
この記事もCheck!

6. 油通しでピーマンの苦みを減らし、旨みを閉じ込めよう

苦みや独特の香りがピーマンの魅力ではあるが、苦手な人が多いことも事実。そんなピーマン特有の苦みを軽減する調理法として油通しが有効である。また油通しには、ピーマンの表面をいったん油でコーティングすることにより、その後の調理過程での油の吸収を抑える効果もある。この記事では、油通しでピーマンの苦みを抑えることができる理由や油通しの方法をわかりやすく解説しているので、ぜひ調理の参考にしてほしい。
この記事もCheck!

7. ピーマンの肉詰めを保存するには?

ピーマンの肉詰めは、大人はもちろん、子どもにも大人気の料理である。いつでも食べられるよう、ピーマンの肉詰めを冷凍保存するのもおすすめだ。ただし冷凍保存する際には、加熱調理してから冷凍することやラップまたはジッパー付き保存袋を使用するなどの注意ポイントがいくつかあるのでマスターしておきたい。
この記事もCheck!

8. チーズの香ばしさが魅力!ピーマンのごはん詰め

ピーマンの肉詰めはメジャーだが、実は代わりにごはんを詰めても旨い!しかも、トースターで焼くだけの簡単調理が可能だ。そのため子どもと一緒でも安心して調理することができる。しかし、ピーマンの上部をくり抜く過程やピーマンの中に詰めるごはんの味付けにはちょっとしたコツが必要。より美味しいピーマンのごはん詰めを作るためのポイントを紹介しよう。
この記事もCheck!

結論

ピーマンは独特の苦みや香りが特徴だが、切り方や調理の仕方、保存の方法を工夫することで、この苦みや風味をコントロールすることができる。食べる人に合わせて、ピーマンの魅力が最大限に引き出される調理法や保存方法を選ぼう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ