このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

燻製の美味しい食べ方を紹介!燻製に向いているおすすめの食材とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年12月 3日

燻製づくりが巷で密かにブームになっているようだ。実際にやってみると、そのあまりの楽しさと美味しさにはまってしまう人が続出している模様。そこで今回は、燻製にスポットを当て、燻製の種類や燻製に適した食材、おすすめの燻製の美味しい食べ方について紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 燻製の種類について

燻製は、食材を燻す温度によって、主に以下の3種類の方法がある。
  • 熱燻
    80℃以上の高温で、食材を燻製する方法になる。10〜60分と比較的短時間で燻製にすることができ、手軽に燻製を楽しめるという点が魅力だ。自宅やキャンプなどでおすすめの方法だ。
  • 温燻
    30〜60℃の温度で、食材を燻製にする方法になる。燻製にかける時間は、数時間から1日程度で、熱燻よりも長い時間を要する。たとえば、市販のソーセージやベーコンは、この
    方法で作られているようだ。
  • 冷燻
    15〜30℃という低温で、食材を燻製にする方法になる。燻製にかける時間は1〜4週間と最も長い時間を要する。その分、食材は最も長持ちさせることができる。ただし、燻製にしている間に、15〜30℃の温度を保つ必要があるため、専用の燻製器が必要になる。それ相応の技術も必要なので、初心者にとってはハードルの高い方法になりそうだ。

2. 燻製に向いている食材とは

すでに味がついていて水分の少ない食材は、下ごしらえの手間が省けるという点で、燻製に向いている食材といえるだろう。たとえば、チーズやちくわなどの練り製品、ベーコン、ソーセージ、ナッツ類などは、下ごしらえ不要で燻製にすることができ、美味しさも保証できる。

もっとも、向き不向きはあるにしても、どのような食材でも燻製にすることは可能だ。いかなる食材も、燻製にすることによって、その食材の持つ旨みや風味を格段にアップさせることができるし、元の食材とは全くの別物に変化することもある。まさに、それこそが燻製の醍醐味といえるかもしれない。

手間暇さえ惜しまなければ、さまざまな食材を使っての燻製づくりを堪能できる。

3. おすすめの燻製の美味しい食べ方

素材の旨みや風味を格段とアップさせることができる燻製は、味もしっかりとついているし、やはり、そのまま燻製の状態で食べることこそが、最もおすすめの美味しい食べ方になるだろう。まさにシンプルイズベストで、よけいな手を加えずに、燻製そのものの味わいを堪能していただきたい。

とはいえ、燻製ばかりを食べ続けているとさすがに飽きてしまうかもしれない。その場合は、厳密には、燻製にする素材にもよるが、たとえば、ブラックペッパーなどの香辛料やハーブの類を加えて、さらに風味をアップさせるという方法が、美味しい食べ方としておすすめできる。

ベーコンやソーセージ、チキンなどの肉類の燻製の場合は、細かくスライスしてお好みの野菜と一緒にドレッシングで和えてサラダにしても美味しくいただける。チキンの燻製は、パプリカと合わせて中華風のマリネにするという食べ方も、かなりいけるのでおすすめだ。
そのほか、チャーハンや炊き込みごはんの具材にしてもいいし、スープや味噌汁などの具材にしても、いつもの味を間違いなくワンランクアップできるだろう。

どのような食べ方をするにしても、燻製の持ち味を残せるようにすることが最大のポイントといえそうだ。

結論

燻製のおすすめの美味しい食べ方については、納得いただけただろうか?フェイントと思われたかもしれないが、燻製にあまりに手を加えすぎると、せっかくの燻製の持ち味が台無しになってしまうので、やはりそのまま食べるのが、ベストといえそうだ。その点を考慮しつつ、あとは、それぞれの食材に合わせた最適な食べ方を各自自由に見つけ出していただきたい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ