このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
注目の【藻塩】とは?塩との違いやおすすめの使い方を解説

注目の【藻塩】とは?塩との違いやおすすめの使い方を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年1月29日

栄養成分の豊富さから注目を集めている「藻塩」をご存知だろうか。この記事では藻塩に注目し、一般的な塩とは一線を画する藻塩の栄養素や、おすすめの使い方について紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 藻塩とは?

藻塩とは、その名が示す通り、海藻から作られる塩のことだ。海藻の中でも、主に玉藻と呼ばれているホンダワラから作られている。藻塩には、海藻のさまざまなエキスが凝縮されたものが含まれている。それにより、藻塩は、特有の旨みや甘み、口当たりのよいまろやかさが魅力となっている。

さらに藻塩には、海藻本来が持つ旨み成分に加え、海藻に含まれるヨードやカルシウム、マグネシウムなどの各種ミネラルが豊富に含まれている点も見逃せない。

2. 藻塩の作り方

藻塩の作り方の詳細については、地域によって多少の違いはあるものの、海藻と海水を用いて作るという点は同じだ。海藻をどのように使うかによって、海藻灰浸漬法、海藻浸漬法という2種類の作り方に分けられる。

海藻灰浸漬法は、海藻を焼いてその灰を海水に浸ける方法で、海藻浸漬法は、海藻を焼かずそのまま海水に浸ける点が違っている。それらの海水を用いて作られた塩が、藻塩になる。どちらの方法で作られても、できあがった藻塩には、海藻の旨みや栄養成分などが凝縮されている点は、ほぼ同じである。ただ、見た目は異なり、「海藻灰浸漬法」で作られた藻塩は、濾過されるため白色であるが、「海藻浸漬法」で作られた藻塩は薄茶色である。

3. 海水から採る塩との違い

藻塩と海水から採る一般的な塩との違いは、端的に言えば、塩を作る際に海藻を使用するか否かの違いになる。海藻を使用している藻塩には、海水と海藻の両方の旨みや各種ミネラルなどの栄養素が含まれている。これに対して一般的な塩は、海水のみの旨みや栄養素が含まれていることになる。すなわち、藻塩のほうが、一般的な塩に比べると、旨みや栄養素が多く含まれているということになるだろう。

さらに、各種ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれる分、同量の一般的な塩に比べて、塩分濃度が低い点も異なる。そのため、同じ量の塩を摂取するなら藻塩の方が減塩できるのだ。

4. おすすめの使い方

藻塩は、普通の塩と同じように、さまざまな料理の味付けに使うことができる。とくに、おにぎりや天ぷら、サラダ、漬け物などに使うと藻塩特有の旨みや甘み、磯の香りなどにより、より美味しく仕上げることが可能だ。

また、藻塩は、料理に彩りを加えるのにも役立つ。たとえば、天ぷらや焼き鳥などに藻塩をまぶすと、ほのかに淡いベージュ色と香りをプラスすることができるのだ。

結論

藻塩は海水と海藻双方から得られる旨みやミネラル成分が含まれている。また、同じ量であれば、海水から採れる一般的な塩よりも塩分が低い。さらに藻塩は特有の甘みや香りもあることから、料理のアクセントとしてもおすすめだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >