このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
アカマンボウとは?マグロの赤身に似た深海魚について詳しく解説!

アカマンボウとは?マグロの赤身に似た深海魚について詳しく解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

2021年4月23日

マンボウのような見た目と赤いヒレが特徴の「アカマンボウ」。マグロのような味と食感が楽しめて美味しいが、漁獲量と流通量はそれほど多くはない。しかし、一般的に関東地方のスーパーでは「マンダイ」という名前で売られていることが多い。今回はそんなアカマンボウの基本や特徴、美味しい食べ方などを詳しく解説する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. アカマンボウとは?

アカマンボウとは、アカマンボウ目アカマンボウ科の大型の深海魚である。大きいものでは全長2m程度、重量270~300kg程度になることもある。また、マンボウのように左右からつぶしたような平たい形(側扁)であり大型魚なので、そのまま流通させるのが難しい。そのため、一般的には切り身にしたり加工したりしてから流通される。脂が程よく乗っており、味と食感は優れていて美味しい。

アカマンボウの生産地

アカマンボウは世界中の温帯・熱帯の海に生息しており、日本では主に沖縄県で水揚げされている。ただし、一般的に日本ではマグロ漁の際に一緒に水揚げされることが多く、アカマンボウを専門に漁獲することはほとんどない。地域によって呼び方が異なり、沖縄県では「マンタイ」などと呼ばれており、東京都や高知県などでは「マンダイ」、和歌山県では「ヒャクマンダイ」と呼ばれている。

2. アカマンボウの特徴とは?

アカマンボウの漁獲量・流通量は少ないが、その味や食感は優れているといわれている。また、マンボウのような見た目である。そんなアカマンボウの特徴や魅力について確認しよう。

その1.マグロのような味と食感

アカマンボウの切り身は、一般的にマグロに似た味と食感といわれている。また、白身ではあるが、赤身がかっているため、本物のマグロのような見た目をしている。なお、腹側は脂がのっていて甘みが強く、背側は筋が多くてサッパリとした味わいとなっている。腹側も背側もクセが少なく、非常に食べやすくて美味しい。刺身のほか、フライやムニエルなどにしても美味しく食べられる。

その2.マンボウのような見た目

アカマンボウはアカマンボウ目アカマンボウ科の魚であるため、フグ目マンボウ科のマンボウとは関係がない。しかし「マンボウ」という名前が付くとおり、アカマンボウはマンボウのような側扁の見た目が特徴である。ただし、1トンになることもあるマンボウよりは小さいのが特徴。また、マンボウとは異なり、ヒレや体(特に腹部側)などは赤色となっている。

3. アカマンボウの捌き方・切り方

アカマンボウが水揚げされている地域の市場に行けば、丸のままアカマンボウを手に入れることが可能だ。しかし、一般的なスーパーでは「柵」の状態で売られていることが多い。柵の状態のアカマンボウを手に入れたら、以下のような手順でキレイなアカマンボウの刺身を作ってみよう。
  • 筋が横向きになるようまな板に置く
  • 筋に対して垂直になるよう包丁を入れる
    ※やや厚めに切るようにするとよい
  • 最後までに同じ厚みになるように切る

4. アカマンボウの食べ方3選

鮮度のいいアカマンボウは刺身にして食べるのが美味しいが、焼き物・フライ・ムニエル・煮付けなどにしても美味しい。そこでいくつかアカマンボウの食べ方を紹介しておこう。

食べ方1.アカマンボウの塩焼き

アカマンボウは塩焼きにするのもおすすめ。特に腹側は脂がのっていて、自然な甘みを楽しむことができる。適当な大きさに羽切りにしてから、塩を振り1時間程度寝かしておく。それを魚焼きグリルでじっくりと焼き上げれば完成だ。魚焼きグリルがない場合は、フライパンで焼くようにしよう。

食べ方2.アカマンボウのフライ

アカマンボウはフライや唐揚げにしても美味しい。適当な大きさに切り分けたアカマンボウに、塩コショウを振りかけて下味を付ける。それから小麦粉・溶き卵・パン粉の順番につけて、170℃程度の油でカラっときつね色に揚げよう。外はサクサクで中はしっとりした上質なフライが出来上がる。

食べ方3.アカマンボウのカルパッチョ

新鮮なアカマンボウの背側は、刺身ではなくカルパッチョにするのもおすすめだ。背部分はできる限り薄切りにしておき、ベビーリーフを敷いたお皿にキレイに並べる。さらにオリーブオイル・レモン汁・すりおろしニンニクなどで作ったドレッシングをかければ完成。サッパリと美味しく食べられる。

5. アカマンボウの主な入手方法

前述のとおりアカマンボウは漁獲量が多くないため、普通のスーパーなどで見かけることはあまりない。しかし、関東地方などでは「マンダイ」という名称で並んでいることもあるので、お店に行った際に探してみるのもいいだろう。また、アカマンボウは沖縄県などでは比較的売られていることが多い。もし沖縄県などに行く機会があったら、魚市場に足を運んでみるといいかもしれない。

結論

アカマンボウは「マンボウ」という名前が付いているが、マンボウとは全く異なる魚である。その味はむしろマグロに近くて、クセがなく美味しいのが特徴だ。刺身をはじめ、焼き魚・ムニエル・揚げ物・煮付けなどで美味しく食べられるので、ぜひ色々な調理法を試してみるとよいだろう。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2020年1月30日

  • 更新日:

    2021年4月23日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ