このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
お弁当にも使える【たらこ】の美味しい調理法3選!

お弁当にも使える【たらこ】の美味しい調理法3選!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 出口美輪子(でぐちみわこ)

2020年2月21日

白いごはんにたらこをのせると、それだけで何杯も食べてしまう。たらこはごはんの真の友。そのままでも十分旨いが、炒めたり焼いたりなど、ちょっとの工夫で、ワンランク上の酒の肴や主食にもなる。いろいろな調理法を覚えて、たらこ料理を楽しんでみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 調理法1:和える

たらこ料理の定番は、なんといってもたらこスパゲティ。最近は混ぜるだけのレトルトパックも多く、手軽に作ることができるが、たまには生のたらこを使って、本格的なスパゲティを作ってみよう。

【たらこスパゲティ】

1.スパゲティを熱湯で茹でる。
2.たらこの皮に切れ目を入れ、身をほぐす。
3.ボウルに、ほぐしたたらこ、バター、あれば昆布茶、レモン汁、塩・こしょうを入れ、なめらかになるまで混ぜる。スプーンの背を使うと混ぜやすい。
4.スパゲティが茹で上がったら水気をよく切り、ボウルで3と和える。
5.器に盛り、大葉の千切りやあさつきの小口切り、水菜などをかけて完成。熱々を食べよう。

夕食のおかずに困ったら、簡単に作ることができるのがポテトサラダ。いつものポテトサラダも旨いが、新鮮なたらこが手に入ったら、目先を変えて、たらことジャガイモを和えたタラモサラダを作ってみよう。

【タラモサラダ】

1.男爵イモを塩茹でにする。
2.茹で上がったら、たらこ、マヨネーズ、黒こしょうで和えれば完成。

※ そのまま食べてもいいが、パンに挟んでサンドイッチにしたり、パンに塗ってチーズをのせたりしてトーストしても旨い。

2. 調理法2:炒める

ジャガイモを茹でる時間がない、という時は、拍子木切りにして、たらこと一緒に炒めてはどうだろう。朝の忙しい時でも簡単に調理できるので、お弁当のおかずにもおすすめだ。

【たらことジャガイモの炒め物】

1.ジャガイモは5mmの拍子木切りにする。
2.たらこは荒くほぐしておく。
3.バターでジャガイモを炒める。
4.火が通ったらたらこを加えて手早く混ぜる。
5.酒とこしょうで味を調えたらできあがり。たらこの塩気があるので、基本的に塩を振る必要はない。少し塩味が足りないと感じるようであれば調節する。

※ ジャガイモの歯ごたえがシャキシャキ残る程度にする。メークインを使うと崩れにくいので作りやすい。

3. 調理法3:焼く

地方によっては、たらこを焼く習慣がないところもあるかもしれないが、最近は焼きたらこがコンビニのおにぎりでも定番になっている。生のたらこに飽きたら、焼きたらこにして、ごはんに混ぜて食べてみてはどうだろう。酒の席のシメにもおすすめだ。

【焼きたらこご飯】

1.たらこを焼き、みりん少々をかけて、手でほぐしておく。
2.かいわれ大根を長さ2cmほどに切る。
3.青ジソを細い千切りにする。
4.生姜をすりおろす。
5.炊きたてのごはんに1~4を混ぜてできあがり。たらこが香ばしいので、ごはんが何杯でも進んでしまう。好みで白胡麻やあさつきの小口切りを混ぜてもよい。

結論

白いごはんとたらこ。この黄金コンビを味わう時、思わず日本人の心を感じる。だが、我がソウルフードであるたらこが、マヨネーズやパスタなど、西洋のものと組み合わせてもかなり旨いことに、我々は気づいてしまった。その筆頭が、今では定番のたらこスパゲティ。枠に捉われず、炒めたり和えたりなどさまざまな調理法にチャレンジして、たらこを味わって欲しい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >