このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
メロンの保存方法を解説!冷凍保存で美味しさを長持ちさせよう!

メロンの保存方法を解説!冷凍保存で美味しさを長持ちさせよう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

鉛筆アイコン 2021年4月16日

甘くて濃厚な味わいが特徴のメロン。しかし、スーパーや八百屋などに並んでいるメロンは未熟なものが多いので、購入後には常温で置いておき追熟する必要がある。また、完熟すると2~3日で味が悪くなってしまうので、冷蔵保存や冷凍保存で美味しさをキープする必要がある。今回は常温保存・冷蔵保存・冷凍保存など、メロンの保存方法について詳しく解説する。

  

1. メロンの保存方法の前知識

メロンは、完熟度合いに合わせて保存方法を変えるのが重要だ。一般的に未熟なメロンは甘みが弱く青臭さもあるため、常温保存しておき追熟させる必要がある。また、完熟したメロンは劣化が早くなるため、冷蔵庫や冷凍庫で保存して熟すのを遅らせる必要がある。完熟度合いはメロンのお尻部分を押すことで確認できるので「まだ硬いか」「弾力があり柔らかいか」で判断するといいだろう。

2. メロンの保存方法の早わかり

未熟なメロンは常温保存が必要になるが、熟したメロンは冷蔵保存か冷蔵保存をするほうがよい。冷蔵保存と冷凍保存では、以下のようにそれぞれ特徴や保存期間などが異なる。
  • 冷蔵保存:基本の保存方法で、丸のままでも保存できる。2~3日程度保存が可能
  • 冷凍保存:食べかけのメロンや加工したメロンを保存できる。1か月程度保存が可能
このようにメロンの基本的な保存方法は「冷蔵保存」となっているが、長期保存したい場合には「冷凍保存」がおすすめとなっている。ただし、冷凍保存する際には丸のままだと保存できないので、切ったり、潰したりして加工しておく必要がある。上手にメロンの保存方法を使い分けるようにしよう。

3. メロンの常温保存のやり方と注意点

購入したばかりのメロンは未熟なことが多く、そのようなものを食べても本来の美味しさを感じられない可能性が高い。そのため、常温保存で適切に追熟させる必要がある。ただし、常温保存にも正しいやり方があるので、以下で紹介している方法を参考にしながら常温保存しておこう。

メロンの常温保存のやり方

  • 冷暗所などに布巾を置いておく
  • 布巾の上にメロンを乗せておく
  • そのまま完熟するまで置いておく

メロンを常温保存する際の注意点

メロンを常温保存する際は、冷暗所のような風通しがよくて涼しい場所で保管しよう。また、日光やクーラーなどが直接当たる場所はメロンの劣化してしまう可能性があるので注意が必要だ。なお、メロンは収穫後1週間以内には完熟するので、それ以降は追熟させないために冷蔵庫で保管しよう。

4. メロンの冷蔵保存のやり方と注意点

完熟したメロンは、追熟を防ぐために冷蔵庫で保存する必要がある。また、食べかけのメロンも基本的には冷蔵庫で保存するのが重要だ。ただし、冷蔵庫で保存していても時間の経過とともに味などが悪くなってしまう。完熟したメロンは2~3日以内には食べ切るようにしよう。

メロンの冷蔵保存のやり方(丸のまま)

  • メロンを丸のままペーパータオルに包む
  • ペーパータオルに包んだメロンをポリ袋に入れる
  • 冷蔵庫の野菜室に入れて保存する

メロンの冷蔵保存のやり方(カットしたもの)

  • メロンを半分にカットして種とワタを取り除く
  • カットしたメロンの断面に丁寧にラップをする
  • ラップしたメロンをポリ袋に入れる
  • 冷蔵庫の野菜室に入れて保存する

メロンを冷蔵保存する際の注意点

メロンを冷蔵保存する際には、必ずポリ袋に入れるようにしよう。これをしないとメロンから出るエチレンガスによって周りの食品が早く熟してしまう。また、カットしてメロンはラップで丁寧に包むようにしよう。密閉していないと水分が失われて、メロンのジューシーさも損なわれてしまう。

5. メロンの冷凍保存のやり方と解凍方法

メロンは冷蔵保存では2~3日程度しか持たないが、冷凍保存を行えば1か月程度は美味しく食べられるようになる。しかも食べかけのメロンも長期保存が可能だ。丸のままでは保存できないため一手間必要になるが、メロンを美味しく保存しておくためにも冷凍保存のやり方も覚えておこう。

メロンの冷凍保存のやり方

  • 完熟したメロンをひと口大にカットする
  • カットした断面にラップを密着させて包む
  • 冷蔵用保存袋に入れてから冷凍庫で保管する
    ※アルミトレイに乗せて急速冷凍するとよい

冷凍したメロンの解凍方法

冷凍したメロンは冷凍庫から取り出し、10分程度常温に置いておけばそのまま美味しく食べられる。また、冷凍したメロンと牛乳をミキサーに入れて攪拌することで、美味しいメロンジュースを作ることも可能だ。なお、常温に置いておくと劣化する可能性があるので早めに食べ切るようにしよう。

結論

メロンの保存方法は完熟度合いによって異なり、未熟なときには常温保存、完熟したら冷蔵保存か冷凍保存で保管するとよい。このような完熟度合いにあった保存方法を行わないと、せっかくのメロンが美味しくなくなることもある。メロンは正しい保存方法で美味しく保管するようにしよう。

この記事もCheck!

  • 公開日:

    2020年2月20日

  • 更新日:

    2021年4月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ