このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
メロンの保存方法とは?下処理から冷凍保存、美味しい食べ方まで!

メロンの保存方法とは?下処理から冷凍保存、美味しい食べ方まで!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月20日

高貴な香りとジューシーで滑らかな口当たりが魅力のメロン。露地物の旬は、初夏から夏の間だけだ。熟し具合が美味しさを左右するからこそ、食べごろの見極め方と保存方法を知って、メロンならではのみずみずしい食感と芳醇な味わいを存分に堪能しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 保存方法:常温で追熟してから冷蔵庫へ

メロン特有の甘美な味わいを楽しむには、熟し加減を見極めるのがポイント。完熟時期は、収穫後1週間前後といわれている。メロンは完熟すると2~3日で味が落ちるため、やや早めに収穫している。そのため、店頭ではまだ未熟なものが並んでいることが多いので注意したい。

食べたい気持ちが先走って購入後すぐにカットしてしまうと、甘味も弱い、青臭い、食感も硬いとがっかりする結果に。まずはそっとメロンの底の部分を押して硬さを確かめよう。ほどよく柔らかな弾力を感じ、さらに甘い香りが漂っていたら、すぐに食べてもOKだが、まだ硬い場合は、しばし我慢し完熟するまで常温保存を。冷蔵庫での保存は厳禁。メロンに適した保存温度は10~20度前後なので、冷蔵庫の3~6度という低温の中では追熟が進まず、傷みが早まるだけなのだ。うっかり冷蔵庫にしばらく入れてしまうと、後で常温保存に戻しても追熟しなくなるので気をつけよう。

さて、食べごろの見極め方だが、メロンは熟れてくると、硬さや香りのほかにも変化が現れてくる。そっと叩くと未熟な時は「コンコン」と澄んだ音だが、熟れると次第に「ドンドン」と低く鈍い音になってくる。また、メロンにつるが付いている場合は、つるが枯れてくるのも熟したサイン。しばしば様子をチェックしながら3日前後でいただこう。また、食べる直前に冷蔵庫で2時間ほど冷やすと、美味しく味わえる。

1度カットしてしまったメロンは、空気に触れた面からどんどん傷みが進む。食べ切れなかった場合は、特に傷みやすい種とわたの部分を取り除いて、ラップでぴっちりと覆い、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。完熟後は発酵が進み、次第にえぐみが出て味も劣化してしまう。果肉がどろっと溶けてきたり、変色も進んだり、においが気になりだしたら、食べるのは控えたい。もったいないことになる前に、完熟したらくれぐれも即座に食すべきと覚えておこう。

2. 冷凍保存のコツ:金属トレイにメロン載せて急速冷凍を

メロンを美味しく味わえる期間は完熟してから2~3日とかなり短いので、食べきれない場合は、カットしたらすぐに冷凍保存を。解凍後は、切りたての豊かでみずみずしい食感は損なわれてしまうが、
1~2カ月は保存可能。

まずは果肉から種とわたを取り除き、果肉をナイフで1口大にカット。その後は、なるべく水分が流れ出ないように急速冷凍しよう。ラップを敷いた金属製のトレイに並べ、さらに上からラップで覆い冷凍庫へ入れ、完全に凍ったらジッパー付き保存袋に移して冷凍する。そのままシャーベット感覚で、あるいはさまざまなドリンクやデザートに活用できる。

また、一手間かけてミキサーにかけてからジッパー付き保存袋に入れて冷凍しておくと、スムージーやシェイク、ジェラートなどにも展開できるので便利。ミキサーにかけるときに、メロンの甘味をさらに高める裏技を伝授しよう。それは、種の周りのわたを活かすこと。わたの部分を捨てずに、ザルに入れてスプーンやフォークで潰すように押して、甘いエキスを絞り出すのだ。これをメロンの果肉とともにミキサーにかければ、蜜のような甘味と香りが加わるので、ぜひ1度試してみてほしい。

3. 解凍方法:冷凍保存したメロンは半解凍で一口シャーベットに

1口大に冷凍したメロンは半解凍して食べると、ひんやり感が口の中に広がり、暑い夏に嬉しいデザートに。冷凍庫から器に並べるだけで天然の甘味を存分に味わえるので、大人にも子どもにも喜ばれる。冷凍メロンと好きな食材をミキサーにかければとスムージーにもなる。また、牛乳と蜂蜜かシロップを加えて混ぜればメロンシェイクに、アイスクリームと混ぜれば即席ジェラートにと、デザートに大活躍する。

2で紹介したメロンのわたのエキスを別途冷凍しておくのもおすすめだ。果肉がなくても十分にメロンの風味と甘味を楽しむことができる。ジェラートやシェイクはもちろん、ソーダ割にした「即席メロンソーダ」、カレーの隠し味や手作りドレッシングにレモン汁とともに少し加えるなど、料理のワンポイントにもなるので覚えておこう。

結論

完熟後に発酵が進んでしまったメロンほど、残念なものはない。残ったら早めに冷凍して、自然の甘味そのものを味わう夏のおやつにしよう。お得で美味しいメロンを見つけたら、ぜひ多めに入手して冷凍してみては。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >