このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【日高屋】でカロリーが高い&低いメニューは?アルコールもリーズナブル!

【日高屋】でカロリーが高い&低いメニューは?アルコールもリーズナブル!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年3月24日

安くて旨い中華料理チェーン店として知られる日高屋。こだわりの中華そばはワンコインでお釣りがくる390円と驚きの価格だ。今回はそんな日高屋でカロリーが高いメニューと低いメニューを徹底調査。実は中華そば以外にもさまざまなメニューがあることにもお気づきいただけるだろう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 日高屋とは

日高屋の前身は、埼玉県で1973年に誕生した来々軒。その後、さまざまな展開を繰り返しながら、事業を拡大。2002年、ついに日高屋が新宿に誕生する。以来、各地に店舗を出店し続け、現在は400店舗以上を誇る一大チェーン店だ。

駅前繁華街一等地立地戦略

日高屋といえば、駅前や繁華街、幹線道路沿いなど、人が多く行き交う場所に立地していることでも知られている。これは日高屋を運営するハイデイ日高のビジネスモデルによるものだ。しかも1階に店を構えるのが基本。集客力は言わずもがなだ。回転率が高いことでも知られている。

飽きのこない味

日高屋はオーソドックスな中華そばがもちろん有名だが、それだけではない。非常に幅広いメニューを展開している。どれもシンプルで、飽きのこない味わいが自慢。素材には徹底的にこだわり、製造にもこだわりを持っている。しかも、非常にリーズナブルな価格で販売されているところも嬉しい。

2. 日高屋のカロリーが高いメニュー

今回は公式ホームページ掲載の主要商品エネルギー表から、カロリーが高いものを調査。
◎汁なしラーメン大盛 1237kcal/塩分相当量5.9g
◎W餃子定食(唐揚げ) 1125kcal/4.3g
◎五目あんかけラーメン大盛 1115kcal/6.9g

大盛商品はどうしてもカロリーが高めになる印象だ。ちなみにそれぞれ普通盛りは以下の通りである。
◎汁なしラーメン 1049kcal/5.7g
◎五目あんかけラーメン 927kcal/6.6g

3. 日高屋のカロリーが低いメニュー

こちらも定番メニューのなかから選び、さらにトッピングや持ち帰り餃子を除いて調査した。
◎銀杏のオリーブオイル漬け 72kcal/0.8g
◎マカロニサラダ 193kcal/1.1g
◎おつまみ唐揚げ 202kcal/1.2g

カロリーが低いメニューは単品のおつまみに集中。唐揚げはマヨネーズなしのカロリーである。ちなみにカロリー表記の掲載はないもののメニューに掲載のあるそら豆や枝豆、中華風味付けメンマ、白菜キムチなどもカロリーが低めであると予想できる。

4. 日高屋で上手にメニューを選ぶ方法

ラーメンはどうしても野菜不足になりがち。日高屋で中華そばだけを食べるときは、別の食事で野菜を意識して食べるとバランスがよい。また、野菜が比較的多い、五目あんかけラーメンやカタヤキソバ、野菜たっぷりタンメン、中華丼、ニラレバ炒めや野菜炒めの定食などをチョイスする方法もある。

昼と夜でアレンジ

日高屋はアルコールもリーズナブル。夜、食事をするのなら、おつまみや定食を単品で頼むなどの使い方もできる。あれもこれもと頼んでも単品の価格が安いので、給料日前でも嬉しい価格。
逆に昼は中華そばと半チャーハンで640円など、セットものを選ぶとボリュームも満点。+80円で麺類は大盛にもできる。ちなみにセットは昼だけではなく、オールタイム食すことができる。

結論

日高屋でカロリーの高いメニューは、大盛やWサイズメニューに集中している。逆に低いメニューはおつまみ類であることがわかった。ぜひこれらを参考にしながら、リーズナブルで美味しい日高屋を楽しんでみてほしい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >