このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
天ぷらよりも『フリット』の方がお手軽な理由。春の山菜を満喫しよう

天ぷらよりも『フリット』の方がお手軽な理由。春の山菜を満喫しよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2020年3月10日

フキノトウにタラの芽、コゴミ、ウド…ほろ苦くて美味しい山菜は自然からの贈り物。自宅で天ぷらにしたいところだが、料理ビギナーにはちと難しい。そこで、手軽にできるイタリア版天ぷらに挑戦してみるのはいかがだろうか。カラッ、サクサクと揚がる豪快フリットにいざ挑戦!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 【フリットの調理法】粉をはたいて、卵液に入れて、油でカラリ

粉の加減や素材別の揚げ温度など、日本の天ぷらを家庭で上手に揚げるのは、やはり慣れが必要だ。でもイタリアの揚げ物「フリットなら」話は別。手軽にチャレンジできるから、料理初心者のお父さんにぜひトライしてほしい。

揚げる前に、まずは素材の下ごしらえから。フキノトウは外側のガクを取り、タラの芽は枝元のハカマを取って十字の切り目を入れ、コゴミも固い部分は取り除いておこう。また、ウドなど大きなものは小さめに切っておくことで、短時間で揚げることができる。

揚げ物用に使う粉は、カラリと揚がる強力粉がイチオシ。素材に粉をはたいたら、3個分位の卵液(サラッとした状態まで溶いたもの)にくぐらせて、サクッと混ぜよう。

揚げ油はケチケチしないで、大きめの中華鍋などにたっぷりと。火にかけ180度になったら、どんどん揚げていこう。泡が小さくなって山菜が浮いてきたらもう出来上がりだ。

2. アツアツの揚げたてフリットに塩×レモン!

揚がったフリットをバットに取り出したら、速効で塩をふりかけておこう。妻や子供たちが待つテーブルにレモンを用意して、アツアツを食べてもらうという流れだ。
美味しくてアッという間に平らげてしまうから、山菜のほか子供の好きなエビやソーセージなどの具材にも、どんどん衣をつけて油に投入しよう。
デザートには、飲みかけのビールと粉をさくっと混ぜ、塩をひとつまみ加えた衣で、リンゴやバナナを揚げればみんな大喜び。軽くてサクサクの衣からジューシーな果汁が溢れて、「お父さん最高!」と、称賛の嵐が巻き起こるに違いない。

結論

揚げ物は難しいと思いがちだが、粉をはたいて、卵液をつけて揚げるだけのフリットなら驚くほど簡単で美味に。お父さん自慢のレパートリーに加えておいて、家族みんなでワイワイ盛り上がろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >