このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
生春巻きのタレはチリソースだけじゃない!豊富なバリエーションを一挙紹介!

生春巻きのタレはチリソースだけじゃない!豊富なバリエーションを一挙紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年3月18日

さまざまな具材を組み合わせて作ることができる生春巻き。見栄えが美しく、美味しそうな具材に注目が集まりがちだが、実は生春巻きにつけるタレも非常に重要なポイントといえる。本記事では、意外と知られていない生春巻きのタレのバリエーションや、簡単にできるタレの作り方を解説していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 生春巻きに合うタレの種類

生春巻きはさまざまなタレと相性がよい。そのため、生春巻きのタレと一口にいっても、種類がとても豊富なのだ。生春巻きに入れる具材によってタレをアレンジしているレシピも多いため、自分好みのタレを作るのが一番よいといえるだろう。今回はそのなかでも、さまざま具材と相性のよい代表的なタレを2つ紹介する。

スイートチリソース

ほんのりとした甘さとピリっとした辛さを楽しむことができるスイートチリソース。辛さだけでなく、甘さもしっかりと感じられるので、辛いタレが苦手な人でも比較的挑戦しやすいタレといえるだろう。

オーロラソース

和風の具材を入れた生春巻きから、洋風の具材を入れた生春巻きまで、さまざまな生春巻きに合わせられるタレとしておすすめできるのが、オーロラソースだ。

オーロラソースの詳しい作り方は後述するが、誰でも簡単にすぐ作ることができるタレなので、急きょ生春巻きを作ることになった場合や、時短して生春巻きを用意したい時にも使いやすいタレといえるだろう。

2. 生春巻きに合うタレの作り方

それでは、先ほど紹介した代表的なタレである、スイートチリソースとオーロラソースの作り方について紹介していこう。ピリ辛風味にしたい時はスイートチリソース、時短したい時はオーロラソースといったように、好みや状況に合わせてタレを作ってみてほしい。

スイートチリソースの作り方

塩、酢、ハチミツ、水、すりおろしたニンニク、茹でて輪切りにした赤唐辛子を用意し、材料をすべて鍋に入れよう。材料の準備ができたら灰汁を取り除きながら、加熱をしていく。全体的にとろみが出てくるまで煮込み続ける。これでスイートチリソースの完成である。できあがったスイートチリソースは、空いたジャムの瓶などに入れて保管しておくと使いやすい。

オーロラソースの作り方

オーロラソースの作り方は非常に簡単で、ケチャップとマヨネーズを好みの量を出して混ぜるだけで完成である。もし「辛い味が好みだけど、スイートチリソースを用意するのは面倒」と感じる時は、オーロラソースにラー油を混ぜるのもおすすめだ。

3. 意外だけど合う!ユニークな生春巻きのタレ

ここまで、代表的な生春巻きのタレについて詳しく解説してきたが、生春巻きに合うタレはほかにもたくさんある。ここからは、意外と知られていない生春巻きと相性バツグンのおすすめのタレをいくつか紹介していこう。

レモンや梅ベースのタレ

レモン汁や梅干しなどを使えば、さっぱりとしたさわやかなタレを作ることができる。このような酸味のあるタレは、豚しゃぶや鶏ささみ肉などの肉を使った生春巻きと非常に相性がよい。甘みもないため、スイートチリソースが苦手な人でも食べられるタレである。

オリーブオイル

オリーブオイルをベースにしたタレはアボカド、エビ、パクチーといった洋風の具材に合いやすい。オリーブオイルだけではもの足りないと感じる人は、オリーブオイルにレモン汁やすりおろしたニンニクなどを混ぜるのがおすすめだ。

ドレッシング

タレを毎度作るのが面倒な場合は、ドレッシングを生春巻きのタレとして活用するのもよい。ごまだれドレッシングや、青じそドレッシングなどをかけて生春巻きを食べれば、サラダ感覚を味わうことができる。

結論

生春巻きのタレの種類は非常に多い。スイートチリソースやオーロラソースに好みの食材や調味料を混ぜて、自分好みのタレにアレンジする人も多いので、今回紹介した作り方を参考にしながら、自分だけのタレを作ってみよう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >