このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【泡酒】はスパークリング日本酒!世界中で人気の優しい味わいとは

【泡酒】はスパークリング日本酒!世界中で人気の優しい味わいとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月15日

優しい米の甘さと泡の爽快感が楽しめる泡酒は、スパークリング日本酒として国内のみならず海外でも人気を集めている。近年は種類も増え、好みの1本を選ぶ楽しみもUP。ビール、スパークリングワイン、そして泡酒。今宵呑む最初の一杯の選択肢に日本酒が仲間入りだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 三ツ星レストランに採用されるスパークリング日本酒「泡酒」

世界的な広がりをみせる和食と日本酒ブーム。そこに新たなトレンドとして登場したのが、スパークリング日本酒「泡酒」である。すでにフランスなどヨーロッパの三ツ星レストランをはじめ、世界各国のレストランに採用され、コース料理のスタートを彩っているという。一定の基準を設けて「awa酒」としてブランド化する動きもあり、これからますます目が離せない。

2. スパークリング日本酒「泡酒」の種類

シャンパーニュの製法と同様に瓶内二次発酵の手法を取り入れたものや、「純米大吟醸スパーリング」、「発泡にごり酒」、「微発泡酒」など、蔵元の心意気が感じられる品揃えが目を引く。300mlの飲み切りサイズやアルコール度数が低めのライトなタイプも豊富で、日本酒好きならずとも試したくなる多彩な顔ぶれだ。米ならではの上品な甘味と繊細な泡が持ち味の泡酒。シャンパン用のフルートグラスで、ちょっと優雅に楽しむのもオツである。

結論

泡酒の優しい味わいは、どんな料理をも引き立てると世界で評判を呼んでいる。もちろん和食にも、今までにない華やかさと新たな楽しみ方をもたらしてくれるだろう。寿司や鰻、すき焼きに泡酒を合わせてみる。お父さんとしては、このあたりは今すぐ試してみたいものである。餃子や唐揚げにもいけるかもしれない。枝豆にもよいだろう。いかなるマリアージュが生まれるか、夢と期待は膨らむばかりだ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ