このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
炊飯器を使ったオムライスの作り方!メリットやデメリットは?

炊飯器を使ったオムライスの作り方!メリットやデメリットは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年3月24日

子どもから大人まで、幅広い世代から人気のあるメニュー「オムライス」。一般的にはフライパンを使って作るイメージが強いが、じつは卵で包むチキンライスは炊飯器で手軽に作ることが可能だ。今回は炊飯器を使ってオムライスを手軽に作る方法を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 炊飯器を使ってオムライスを作るメリットとは?

炊飯器を使ってオムライスを作るメリットはいくつかある。

メリット1:簡単に美味しく作れる

炊飯器を使うと、簡単に美味しいオムライスを作ることが可能だ。炊飯器の釜に白米とお好みの具材、調味料を入れてスイッチを押すだけで美味しいチキンライスが作れる。白米と具材を一緒に炊き込むことにより、鶏肉や野菜の旨みがごはんにしっかり吸収されるという点もポイント。フライパンで作ると味付けにムラができてしまう場合もあるが、炊飯器で一緒に炊き込んでしまえばその心配もない。料理の腕に自信がない人でも美味しいオムライスが作れるだろう。

メリット2:時短になる

炊飯器を使えばあっという間にオムライスを作れる。フライパンを使ってオムライスを作る場合、まずチキンライスを作り、完成したチキンライスをいったん皿などに移したあとに卵を調理する場合が多いだろう。しかし、炊飯器を使えばチキンライスを作っている間に卵を調理することができ、調理時間を短縮することができる。短い時間でささっとオムライスを作りたいときには、炊飯器を使う方法をおすすめしたい。

メリット3:フライパンで作るよりヘルシー

炊飯器でオムライスを作ると、フライパンでオムライスを作るよりもヘルシーに作ることができる。フライパンで作る場合は、チキンライスを作る過程や卵を調理する際に油やバターを使用するため、カロリーが気になる人もいるだろう。一方、炊飯器で作る場合は油やバターは少量、もしくは省いてしまってもOK。よりヘルシーなオムライスを作ることができるのだ。

2. 炊飯器を使ってオムライスを作るデメリットとは?

では、炊飯器を使ってオムライスを作るデメリットはあるのだろうか。デメリットというよりも、気をつけるべきポイントがいくつかある。

気をつけるべきポイント1:炊飯前の米の吸水時間をしっかりとる

炊飯器でチキンライスを作る際はケチャップなどの調味料と一緒に炊飯するため、通常よりも米が水を吸収しにくくなる。吸水時間が足りないと米の芯が残ったまま炊きあがってしまう原因になるため、通常よりも多めに吸水時間を設けるとよいだろう。

気をつけるべきポイント2:炊飯器のキャパシティーを越えないようにする

炊飯器を使ってオムライスを作るデメリットは、作れる量が炊飯器のキャパシティーに左右されるという点だろう。たとえば、炊飯器でチキンライスを作る際、3合炊きの炊飯器に3合の米と具材を入れて炊飯すると、炊飯器のキャパシティーを越えてしまい、失敗してしまう原因になる。炊飯器で美味しいオムライスを作るためには、やや少なめの分量で調理するように気をつけよう。

3. 炊飯器を使ったオムライスの作り方

最後に、炊飯器を使ったオムライスの作り方を紹介しよう。まず米をとぎ、米の量に合わせた水でしっかり浸水させておく。通常より長めの時間浸水させたら、炊飯器の釜に米・鶏肉や野菜などのお好みの具材・コンソメ・ケチャップを加えて炊飯する。炊きあがり後、バターと塩こしょうで味付けすればチキンライスの準備はOK。お好みの作り方で調理した卵をチキンライスにのせれば炊飯器で作るオムライスの完成だ。チキンライスはケチャップ味以外もおすすめ。和風味やガーリック味など、お好みの作り方でアレンジしてみよう。

結論

炊飯器を使えば、簡単に美味しいチキンライスを作ることができる。炊飯している間に卵を調理したり洗い物をしたりと別の作業ができるため、作業効率もアップするだろう。ぜひ、炊飯器を使って賢くオムライスを作ってみてほしい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >