このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
半熟たまごを上手に作る方法は?IHや炊飯器での作り方や栄養も紹介!

半熟たまごを上手に作る方法は?IHや炊飯器での作り方や栄養も紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年4月13日

加熱するだけで簡単に作れる茹でたまごだが、とりわけ半熟たまごは人気の高い一品だ。ラーメンや丼もののトッピングとしても彩り鮮やかで、とろりとした黄身の食感はそれだけでも美味しく感じる。そんな半熟たまごはまさに万能メニューであり、主役にも脇役にもなる調理法といえるだろう。今回はそんな半熟たまごにまつわるあれこれをピックアップ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 半熟たまごの上手な作り方

年間通して市場に並んでいるたまご。実は2~4月に旬を迎え、その時期には比較的濃厚なたまごが味わえる。そんな濃厚さを活かした美味しい半熟たまごを自宅で作るなら、この記事に書かれたいくつかのコツを押さえるとよい。基本的なことばかりではあるが、一つ一つの工程は案外飛ばしてしまいがちだ。また、半熟たまごのシンプルな味わい方についてもあわせて要チェック。
この記事もCheck!

2. 半熟たまごの栄養素

小さいながらも栄養価が高いことで知られているたまご。ダイエットにも重要な食材であることも有名だが、中でも半熟たまごはお酒にも合ううえに食感にアクセントがつくため、食べ飽きることがない。少量で満腹感が得られ、低糖質というまさに健康管理にうってつけの食材である。そんな半熟たまごの詳しい栄養素をこの記事でチェックしよう。
この記事もCheck!

3. 半熟たまごの保存方法

半熟たまごを一度にたくさん作ってしまった場合、どの程度保存がきくのか悩んでしまうことはないだろうか。生たまごの場合は「リゾチーム」という酵素の働きで長期冷蔵が可能だが、加熱することによってこの酵素は破壊されてしまう。したがって半熟たまごは殻付きで冷蔵3日、殻なしで半日と早めに消費する必要がある。適切な保存方法を知って安全にたまご料理を楽しもう。
この記事もCheck!

4. 半熟たまごはお湯から茹でよう

茹でたまごは誰でも作れる究極に簡単な一品料理といえるだろう。しかし、案外好みの茹で加減にすることは難しく、つるんとキレイに仕上げるにはコツが必要だ。この記事では基本のきれいな茹でたまごの作り方、半熟に仕上げやすくするポイントについて詳しく解説。子どもと3時のおやつに作ってみても楽しいので、普段料理をしないお父さんにも実験感覚で挑戦してほしい。
この記事もCheck!

5. IHで作る半熟たまご

家庭の調理機器がガスではなくIHである場合、茹で時間に多少の注意が必要だ。IHはガスよりも効率よく熱を通すため、鍋によってはあっという間に茹であがってしまう。この記事ではIH機器で半熟から固茹でまで上手に茹でたまごを作る方法をご紹介。また、真ん中に黄身を留まらせるコツや、たまごのヒビから白身がはみ出さないためのコツも必見。
この記事もCheck!

6. 炊飯器で作る半熟たまご

上記では鍋を使った茹でたまごの作り方をご紹介したが、この記事ではもっと楽に作る方法を解説する。炊飯器を使用することで、洗い物も発生せずごはんを炊くついでに茹でたまごができてしまうというのだからお手軽だ。保温機能を利用することで、ほったらかしで半熟たまごを作ることも可能。固茹でにならないよう時間を計ってとろり食感を楽しもう。
この記事もCheck!

7. 半熟たまごと凝固温度

茹でたまご以外にも、溶き卵を半熟に仕上げてふんわり食感にするコツも知っておきたい。たまごの加熱は「凝固温度」に注目することが大切だが、溶き卵を半熟にしたい場合は73℃が目安となる。水や牛乳をほんの少し加えることで凝固を遅らせることができ、優しい味わいのふわふわたまごが作りやすくなるという。事前にしっかりとフライパンを温めてスピード感を意識しよう。
この記事もCheck!

8. 半熟たまごの親子丼

半熟たまごのとろとろふわふわ感を存分に味わいたいのなら、親子丼がおすすめだ。鶏もも肉、玉ねぎ、たまご、ごはんとシンプルな具材で作れるので冷蔵庫がさみしいときでも比較的作りやすい。また、鶏もものかわりにツナを入れたり豆腐を入れたりとメインを変えてアレンジしても美味しく作れてしまう。たまごは2回に分けて投入することで、半熟感強めで仕上がる。
この記事もCheck!

結論

半熟たまごの上手な作り方から栄養素まで、お役立ちの豆知識をご紹介した。濃厚な味わいと、とろっとした黄身の食感はまさにご馳走。お手軽に作れるうえに、単体でも添え物としても食卓をランクアップさせてくれる半熟たまごは、毎日でも作りたい万能メニューだ。自分の好みの加熱具合を模索して、ベストな半熟具合を目指してみてはいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ