このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カツ丼の作り方や時短方法を紹介!カロリーを気にせず食べる方法とは?

カツ丼の作り方や時短方法を紹介!カロリーを気にせず食べる方法とは?

投稿者:ライター 筒井千菜実(つついちなみ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

鉛筆アイコン 2021年5月17日

丼ぶり料理の中でも高い人気を誇るカツ丼。食べ盛りの子どもや男性にとっては食卓に並んだらうれしい料理のうちのひとつだろう。今回は、そんなカツ丼を美味しく作るコツや、カロリー、豚肉の使い方などのお役立ち情報をお伝えする。ソースカツ丼の魅力にも迫るので最後まで見てほしい。

  

1. カツ丼のカロリーを気にせず食べる方法?

カツ丼は食べごたえ満点なスタミナ食。しかし、たっぷりの油で揚げたカツ、こんもりと盛ったごはんだけあってカツ丼は高カロリーな食べ物だ。また、カツにつく衣やごはんの量にもよるが、糖質も多いのが特徴。そんな高カロリー、高糖質を気にせずカツ丼を食べるには、肉をロースでなくヒレにしたり、カツ丼と一緒に食物繊維を豊富に摂取したり、食べる時間帯を意識したりするとよいだろう。
この記事もCheck!

2. 絶品カツ丼の作り方を伝授

絶品カツ丼を作るポイントを紹介する。まずは、トンカツについて。カツ丼に使用するトンカツは、後々割り下で味が濃くなるので下味不要。さらに、中までしっかり火を通すのではなく衣が少し白っぽい状態でOK。割り下に使う砂糖は上白糖より三温糖が適している。煮込む際は、なるべく小さめの鍋を選ぼう。均一に火が通り、美しい仕上がりのカツ丼が完成する。
この記事もCheck!

3. カツ丼を含めた理想的な献立とは

カツ丼をメイン料理にした際、ほかの献立に悩んだことはないだろうか。カツ丼は炭水化物、脂質、たんぱく質をバランスよく摂取することのできる料理であるが、食物繊維が不足しがちになる。カツ丼の付け合わせには、海藻サラダやごぼうと人参のサラダ、小松菜のおひたしなどがおすすめだ。付け合わせ料理に悩んだら、野菜たっぷりの味噌汁に漬物、などでもよいだろう。
この記事もCheck!

4. フライパンだけで作る手抜きカツ丼の秘密

カツ丼を作るうえで一番億劫なのがカツを揚げるという工程だろう。なるべく簡単に済ませたいなら、フライパンで揚げ焼きにするのがおすすめ。より手軽にカツ丼を楽しむなら、市販のカツを買ってきてもよいだろう。また、割り下を作る手間を省く方法としてはめんつゆを使うこと。めんつゆはカツ丼を作るには若干甘みが足りないので、砂糖を少し加えるとよい。

5. カツ丼の豚肉はどの部位を使う?

カツ丼のカツはロース、ヒレどちらを使っているだろうか。そもそも違いがよくわからず適当に選んでいる人もいるだろう。ロース肉はほどよい脂身があるため、ジューシーなトンカツになる。一方でヒレ肉は淡白な味わいと柔らかさが特徴。両者ともカロリーに大した違いはないが、ヒレ肉には脂肪燃焼効果が期待できるカルニチンという物質が多く含まれているので、ダイエット中などに適している。
この記事もCheck!

6. ソースカツ丼について

ウスターソースが決め手になる福井県名物ソースカツ丼。調味料や香辛料が合わさった特製ソースに浸したカツはごはんとの相性バッチリだ。トンカツには薄くスライスしたロース肉やヒレ肉を使うのが特徴。ごはんとカツの間にひっそりといるキャベツも捨てがたい存在である。こってりとしたソースをうまく中和してくれ、食べ始めから食べ終わりまで飽きることなく一気にかき込むことができるだろう。
この記事もCheck!

7. 卵を使わないカツ丼の魅力とは

カツ丼といえば、トンカツを卵でとじたスタイルを思い浮かべるだろう。しかし、卵を使わないカツ丼も存在する。ひとつめは名古屋名物「味噌カツ丼」。八丁味噌をベースにした甘辛いタレといただく逸品である。ふたつめは新潟県名物「タレカツ丼」。タレカツ丼は醤油ベースのタレが特徴で、このタレカツ丼を目当てに他県からの訪問者が後を絶たないという。卵を使うカツ丼にマンネリ化を感じたらぜひ、卵でとじないスタイルのカツ丼を試してほしい。いつもと違ったカツ丼を堪能できるだろう。
この記事もCheck!

8. ゲン担ぎのためのカツ丼は実はNG?

受験日や、試合の前日など「勝つ」と「カツ」とかけてカツ丼を食べる風習がある。しかし、ゲン担ぎのためにカツ丼を食べるのは実はNGというのは驚きだ。理由としては、カツ丼に含まれる脂質は消化に時間がかかり、当日胃もたれしてしまうこともあるといわれているから。また、緊張が原因で消化力が低下することも考えられるため、揚げ物は控えたほうがよいといわれているのだ。ゲン担ぎとして縁起がよい料理ではありそうなものの、後々のことを考えたら控えたほうがよいのかもしれない。
この記事もCheck!

結論

カツ丼は家庭料理の定番メニューである。作り方を少し工夫すればグッと美味しいカツ丼ができあがるし、付け合わせにこだわればバランスのとれた食事をすることができる。カツ丼といっても種類はさまざまなのでたくさんのカツ丼を堪能してほしい。
  • 公開日:

    2020年4月 7日

  • 更新日:

    2021年5月17日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧