このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カロリーや糖質を気にせずカツ丼を食べたい!とっておきの方法を伝授

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年4月 4日

どんぶり物の中でも特に高カロリーなのがカツ丼。食べたいけれど、太りたくないために、食べるのを我慢している方もいるのではないだろか?ただ、食べたいのを我慢するのはストレスがたまりやすい。むしろ我慢するよりは、思い切って食べた方が精神衛生上好ましい場合もあるだろう。そこで今回は、カロリーや糖質を気にせずカツ丼を食べる方法をご紹介しよう。

1. カツ丼は栄養満点のスタミナ食

勝負めしのイメージの強いカツ丼。その名により「勝つ」を連想できることから、ゲン担ぎで食べる人も多いだろう。ここ一番のときに最高のパフォーマンスを発揮するためには、スタミナが必要だが、カツ丼はスタミナ食としても、大変に優秀といえる。

なんといってもカツ丼には、スタミナ源として欠かせない三大栄養素(たんぱく質、脂質、炭水化物)が豊富に、しかもバランスよく含まれている。

カツ丼の材料である豚肉に豊富なビタミンB1は、糖質をエネルギーに変換する働きを助ける栄養素でもあり、この働きにより、疲労を速やかに回復させる効果が期待できる。

同じくカツ丼の材料である卵は、完全栄養食品といわれるほど栄養価が高く、たんぱく質、脂質、各種ビタミンとミネラルがバランスよく含まれている。

2. やはりカツ丼は高カロリーで高糖質?

栄養満点でスタミナ食として優秀なカツ丼だが、やはり、カロリーや糖質については気になるところだろう。まして、ダイエット中や糖質制限をしている場合は、なおさら気になるに違いない。

カツ丼のカロリーは、盛られているご飯の量や、肉の量によってバラツキがあるものの、一応の目安としては、1杯当たり、およそ800~1000kcalとなっている。成人男性が1日に必要なカロリーの目安は、およそ2500kcalで、女性の場合はおよそ2200kcalになる。このことから、カツ丼1杯のカロリーは、1日の摂取カロリーの半分に迫る勢いで、やはり相当に高カロリーと言わざるを得ない。

また、糖質については、こちらもご飯の量や、トンカツの衣の量、味付けによってバラツキがあるものの、カツ丼1杯あたり、およそ116gある。これは角砂糖に換算するとおよそ38個分で、相当に高糖質だ。

相当に高いカツ丼のカロリーや糖質のことを考えれば、ダイエット中や糖質制限をしている場合は、控えた方が賢明かもしれない。ただ、どうしても食べたいという場合は、食べ方を工夫することで、カロリーや糖質に対する罪悪感が軽減される。これからその方法についてご紹介しよう。

3. カロリーや糖質を気にせずカツ丼を食べるには?

方法その1 食べる時間帯を工夫

やはりカツ丼を食べるのなら、活動量が少なくなる夜よりも、昼に食べるのがベストだ。朝は、食べたものが最もエネルギーとして消費されやすいが、朝にカツ丼を食べると胃がもたれる怖れがあるので、あまりおすすめはできない。

方法その2 ロース肉よりもヒレ肉を選ぶ

カツ丼専門店などで食する場合は、肉の種類を選べる場合が多い。その場合は、ロース肉よりも脂質の少ないヒレ肉を選べば、その分カロリーを抑えることができる。ロースよりもヒレ肉の方が、カルニチンと呼ばれる脂肪燃焼効果のある物質が豊富に含まれているので、その点もダイエットには効果的に働いてくれそうだ。

方法その3 食物繊維を多めに摂る

食物繊維には、血糖値の急上昇を抑える働きが期待できる。この働きにより血液中に糖が余りにくくなるため、余った糖が脂肪として蓄積されるのを抑えることが可能だ。ただ、カツ丼は栄養満点ではあるが、食物繊維が不足している。それを補うべく、付け合わせには野菜やキノコなど食物繊維の豊富な食品を多めに摂ることが望ましい。

方法その4  サイズダウンする

外食する場合は、ごはんを小盛りにしてもらうなどしてサイズダウンを図る方法もおすすめできる。ただ、減らすのは、あくまでもごはんであって、トンカツはサイズダウンしない方が好ましい。たんぱく源となる豚肉には、脂肪燃焼効果のあるカルニチンも含まれているからだ。

結論

カロリーや糖質を気にせずにカツ丼を食べる方法についてご紹介した。ご理解いただけただろうか?カツ丼を食べた日は、意識して運動量を増やす、夕飯をいつもより控え目にする、などの方法を併せて試してみるようにすると、さらに大きな効果が期待できそうだ。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ