このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
チヂミの栄養や作り方を紹介!美味しく食べるポイントとは。

チヂミの栄養や作り方を紹介!美味しく食べるポイントとは。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年4月30日

チヂミは家庭でも作りやすい韓国料理として人気がある。生地を用意し好きな具材を入れたら、混ぜて焼くだけの簡単な作り方なので、気軽に作れる料理だ。そこで今回は、チヂミの作り方のポイントや美味しく食べる方法をまとめてみた。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. チヂミ作りのポイントは下ごしらえ

きれいなチヂミを作るポイントは下ごしらえにある。ポイントは、薄力粉、卵、片栗粉、水をダマにならないように均等に混ぜることだ。さらに生地を冷蔵庫で寝かせると食感がよくなる。また、チヂミは薄く焼き上げるため、加熱時間をあまりとれないことから具材は細かく刻むほうがよい。ニラや葉物野菜は多少大きくてもよいが、肉や魚介類などは小さく刻むほう火が通りやすいのだ。
この記事もCheck!

2. チヂミの生地にはどんな粉が最適?

チヂミの生地作りに最適な粉は、チヂミ用の粉である。市販のチヂミ用の粉は、各社それぞれ美味しいチヂミが作れるように、独自の配合がされている。市販のチヂミ用の粉を使えば、初心者でも美味しいチヂミを作れるだろう。また、チヂミは薄力粉を使って作ることも可能だ。薄力粉、片栗粉、卵と水があればチヂミは作れる。市販のチヂミ用の粉で作ったものと薄力粉などを使って作ったものを食べ比べてみてもよいだろう。
この記事もCheck!

3. チヂミの栄養やカロリーは?

チヂミの栄養やカロリーは具材によって決まるといってもよいだろう。野菜や肉、魚などのたんぱく質をバランスよく加えると、栄養バランスがよいチヂミに仕上がる。また、野菜を多く取り入れることでカロリーオフにもつながるだろう。また、チヂミを主菜としてごはんなどの主食と一緒に食べるのではなく、チヂミ自体を主食として食べれば糖質の量を減らせる。
この記事もCheck!

4. チヂミの基本の具材とおすすめの具材

チヂミの基本的な具材はニラと豚肉。どちらの具材も細かく刻んで生地に混ぜることで食べやすくなり、生地のカリッとした食感ともよく合う。ほかにも刻んだにんじんを加えることもよくある。透けて見える緑やオレンジがチヂミの見た目を華やかにし、食欲も増進させてくれるだろう。また、栄養をしっかり摂ることもポイントだ。そのほかにもチヂミの具材として、すりおろしたじゃがいもや刻んだキムチ、残り物の麺などを入れてもよいだろう。
この記事もCheck!

5. チヂミの美味しい食べ方

チヂミを食べる際には、タレをつけて食べるのが一般的だ。タレをつけて食べるほかにもさまざまな楽しみ方がある。たとえば、タレの代わりにわさびなどの和食の薬味や糸唐辛子などの韓国料理らしい薬味を乗せて食べるのもよいだろう。タレなしで素材の味をそのまま楽しむのもおすすめだ。チヂミの食べ方はひとつではないので、好みの食べ方を見つけてみるのもよいだろう。
この記事もCheck!

6. チヂミの栄養を補う方法

チヂミに合う副菜は、栄養を補える韓国風の料理がよいだろう。たとえば、食物繊維やビタミンを補える野菜のナムルやたんぱく質などを補える肉野菜のキムチ炒めなどがある。また、スープを添える場合は塩分を摂りすぎないように薄味を心がけるとよいだろう。スープに溶き卵を加えるとたんぱく質などの栄養を補うことも可能だ。
この記事もCheck!

7. チヂミを美味しく食べるポイントはタレ!

チヂミをより美味しく食べるためのポイントは、タレにある。チヂミの一般的なタレは甘辛い味だが自分の好きな味のタレをつけるのもおすすめ。甘辛いタレは、砂糖や醤油、ごま油、酢を使い、青唐辛子系のスパイスを使ってないことから日本人の口に合う味付けだ。ほかにも韓国料理らしい豆板醤やコチュジャン、韓国唐辛子など辛さを取り入れたタレもよいだろう。しっかりとした辛さがでるので、まずは少量ずつ入れて味見をすることをおすすめする。ノンオイルのタレや塩だけで食べるとカロリーを抑えられるだろう。
この記事もCheck!

8. チヂミとお好み焼きの違いは?

チヂミとお好み焼きの違いは、生地に卵が溶いてあるかないかである。チヂミの生地には卵を溶いて入れる。また、チヂミは生地にさまざまな具材を入れて、それを多めの油で揚げるように焼く。タレの有無も異なるポイントだ。ただ、チヂミもお好み焼きも世界中にある粉物文化のひとつであることにかわりない。粉物を使った料理は、普段の食事に変化を与えるものとして親しまれているのだろう。
この記事もCheck!

結論

チヂミは生地の中に入れる具材にこだわることで、カロリーや栄養を補える。食べ方もひとつではないので、具材やタレなどにアレンジを加えてみてもいいだろう。ぜひ、自分オリジナルのチヂミを作って食事を楽しんでもらいたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >