このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【鶏肉と大根】に合う簡単な献立は?おすすめの主菜や汁物を紹介!

【鶏肉と大根】に合う簡単な献立は?おすすめの主菜や汁物を紹介!

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

鉛筆アイコン 2020年4月 9日

煮物などでよく使われる鶏肉と大根。とても相性のよい食材で、さまざまな料理に一緒に使われているだろう。今回は、鶏肉と大根の煮物に合うおすすめ献立を紹介しよう。作るときに気を付けたいポイントや、美味しく仕上げるコツも紹介するのでぜひチェックしてみてほしい。

  

1. 鶏肉と大根料理の簡単な下処理方法

鶏肉と大根を使った料理なら、やはり煮物が定番。普段から料理をしている人なら、一度は作ったことがあるだろう。しかし、なんとなく物足りない、上手くいかないと感じたことはないだろうか。美味しい料理を作るためには、しっかりとした下処理が必要なのだ。
鶏肉と大根を使った煮物を作るなら、両方に下処理をするのがおすすめ。鶏肉は余分な脂肪やスジなどを取り除き、軽く塩をもみ込んでおこう。太いスジが残っていると食べた時に口に残り、美味しさが半減してしまう。肉に塩をふりかけると臭みが取れ、余分な水分が抜けて美味しく仕上げられる。また、熱湯をかけるとより臭みが取れるので、気になる人は試してみてほしい。大根は面取りをし、輪切りの場合は十字などに切り込みを入れておくと味がしみやすくなる。下茹でをするか、一度冷凍した大根を使うとより味がしっかりしみるだろう。

2. 鶏肉と大根の煮物に合わせた簡単な献立1「焼き魚」

鶏肉と大根の煮物に合わせた献立なら、焼き魚がおすすめ。魚を主菜、煮物を副菜にしてサラダや冷奴と味噌汁、ごはんをプラスすれば一汁三菜の献立が作れる。どれもさほど手間のかからない料理だが、品数が多いので豪華な食卓になるだろう。味噌汁はにんじんやほうれん草などの緑黄色野菜を使うとよりバランスも見ためもよくなる。焼き魚には鮭やサバなどいろいろな種類があるので、毎回種類を変えるだけでも献立のバリエーションが豊かになるだろう。

3. 鶏肉と大根の煮物に合わせた簡単な献立2「刺身」

焼き魚ではなく、刺身を合わせるのもおすすめ。煮物も刺身も和食の定番なので、相性がよい組み合わせなのだ。刺身は種類が多いので、好みのものを数種類盛り合わせると豪華に見える。大根のツマや大葉を上手く使って盛り付ければ、簡単に店のような豪華な見ためにすることができるので、ぜひチャレンジしてみてほしい。刺身には醤油をかけて食べるのが定番だが、醤油をかけすぎると塩分を摂りすぎてしまう可能性がある。小皿などに醤油を適量出し、少量ずつ付けながら食べるとよいだろう。味噌汁やお吸い物、ほうれん草のおひたしなどを合わせれば、バランスもよくなる。

4. 鶏肉と大根の煮物に合わせた簡単な献立3「キノコ料理」

鶏肉と大根で肉と野菜は摂取できるので、キノコ料理をプラスするのもよいだろう。大根だけでは野菜が不足してしまうので、パプリカやにんじん、玉ねぎなどをキノコと一緒にソテーすると見栄えもバランスもよくなる。煮物はどうしても茶色くなってしまいがちなので、ほかの料理で色合いをよくしてあげると食卓がより華やかに見える。
キノコは長時間ソテーしてしまうと水分が抜けすぎてしまうので、強めの火で短時間で仕上げるのがコツ。味は塩と胡椒でもよいし、バターポン酢などもおすすめ。れんこんなどの食感のある野菜を加えると、よいアクセントになってくれる。野菜は固いものから炒め、ある程度火が通ったところでキノコを加えて仕上げよう。スープや生野菜のサラダをプラスすれば豪華な献立のできあがりだ。

結論

鶏肉と大根の煮物はホッとする味わいで、とくに寒い時期には食べたくなる味だろう。コツやポイントさえおさえておけば簡単に美味しく作れるので、作ったことがない人もぜひチャレンジしてみてほしい。また、毎日の献立を作るのは大変だが、魚の種類を変えるなど少しの変化でも気分が変わるものだ。いろいろな食材を活かしながら、上手にバランスのよい献立を立ててみよう。

この記事もCheck!

  • 更新日:

    2020年4月 9日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ