このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
デミグラスソースの作り方を紹介!5分もあれば簡単にできる?

デミグラスソースの作り方を紹介!5分もあれば簡単にできる?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 池田絵美(いけだえみ)

2020年5月10日

デミグラスソースの作り方を覚えておくとハンバーグやオムライスなど、さまざまな料理に使用できて便利だ。本格的なデミグラスソースは、牛の肉や骨・玉ねぎ・にんじん・セロリといった食材を使用して1週間ほど煮込んで作るが、今回は5分程度で作れる超時短レシピをレクチャーしよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. デミグラスソースの作り方【食材の選び方】

最初に紹介するのは、デミグラスソース作りに必要な食材の選び方だ。有名レストランのシェフが作るデミグラスソースには、牛の肉や骨・玉ねぎ・にんじん・セロリをはじめ、香辛料としてローリエ・タイム・セージ・トマトピューレなどが使用されている。
玉ねぎ選びのポイントは、球がかたく締まり重みがあり、茶色の外皮が乾きツヤのあるものがよい。デミグラスソース作りに使用するにんじんは、真っ赤な金時にんじんを除くと流通しているほとんどがオレンジ色のヨーロッパ系のものだ。にんじん選びのポイントは、皮のツヤと色がよく、ズッシリと重いものがよい。スラリとしておらず、イボイボがあるにんじんは虫食い状態であることも。芯部はややかたいので、芯部の小さいものがよいとされている。
有名レストランのシェフが作るデミグラスソースは、紹介した食材を使用し1週間ほど煮込んで作るという。今回紹介する簡単なレシピに使うのは、バター・薄力粉・赤ワイン・トマトケチャップ・ウスターソース・とんかつソース・コンソメスープ・ローリエ・塩・こしょうでOK。ほとんどが自宅にストックしてある調味料で作れるのが嬉しいポイントといえるだろう。

2. デミグラスソースの作り方【簡単レシピ】

次にデミグラスソースの簡単な作り方を紹介しよう。デミグラスソース作りに使用する材料は先述したものでOK。具体的な作り方は、まずバターを粗く切り、フライパンに入れて火にかける。バターが溶け始めたら、ふるっておいた薄力粉を入れ、混ぜながら弱火で20~25分ほど丁寧に炒める。
コンソメスープは小鍋に入れ温めておく。フライパンから香ばしい香りがし、茶褐色に色づいたら、いったん火を止め、赤ワインを少しずつ加えて混ぜていく。再び火をつけコンソメスープを少しずつ入れて混ぜ、ローリエ・トマトケチャップを加え弱火でときどき混ぜながら10分ほど煮る。あとはウスターソース・とんかつソースを入れ、塩こしょうで味を調えればデミグラスソースの完成だ。

3. デミグラスソースの作り方【時短レシピ】

次に紹介するのは、デミグラスソースの時短な作り方だ。作り方は鍋に赤ワイン・トマトケチャップ・中濃ソース・しょうゆ・顆粒コンソメ・砂糖を入れ、よく混ぜてから火にかける。ひと煮立ちしたら弱火にして、3分ほどとろみがつくまで混ぜながら煮ていく。仕上げにバターを加え、さらに混ぜればデミグラスソースの完成だ。鍋で美味しく作るためのポイントは、ソースのとろみがつくまで煮詰めてコクを出すことだ。
同じ材料を使用し電子レンジでデミグラスソースを作ることもできる。赤ワイン・トマトケチャップ・中濃ソース・しょうゆ・顆粒コンソメ・砂糖を耐熱容器に入れ、ラップをかけず600Wで2分30秒ほど加熱する。いったんレンジから取り出しよく混ぜ合わせ、バターを加えて再び1分ほど加熱し混ぜればOK。材料を混ぜて温めるだけと、5分もあれば完成するので時間がないときにおすすめの方法だ。

結論

デミグラスソースの作り方を紹介したが、まとめて作り小分けして冷凍保存しておくと、ミートボールやビーフストロガノフ、ミートグラタン、ミートパイなどのソースとして手軽に活用できて便利だ。まずは紹介した簡単な作り方を参考に作ってもらいたい。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ