このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ペッパーライスの味を再現!ホットプレートでの作り方を紹介!

ペッパーライスの味を再現!ホットプレートでの作り方を紹介!

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年5月23日

家に1人でいるときも人が来るときにも、ランチで肉をガッツリ食べたいものである。若者をはじめ、男性が1人で気軽に入れるステーキ屋が人気であるが、なんとか「ペッパーライス」の味を再現したいと思う人も多い。実はペッパーライスを作るのは意外にも簡単である。こちらで紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ペッパーライスとは?必要な食材を研究

ペッパーライスとは、名前の通り胡椒がきいているライスのことだ。好きな食材と組み合わせて食べるのがおすすめだが、とくにマッチするのが牛肉だ。一人用の鉄板などがあれば、ジュージューと肉を焼き、ペッパーライスと混ぜながら食べられる。胡椒のヒリヒリする辛さが牛肉とあい、絶妙な味を実現できる。まずは、どんな食材がペッパーライスにぴったりなのかを見ていこう。

肉は好みで牛肉か豚肉を選びたいところだが、おすすめは牛肉。豚肉よりも火が通りやすいことと、何より胡椒にあうのだ。肉汁がよい味をかもしだし、コクが出る。

コーン

ごはんと一緒に混ぜたいのがコーンだ。胡椒で辛くなったペッパーライスを、マイルドにしてくれる効果がある。缶詰が便利でおすすめだ。使うときに水をきっておくと、ごはん全体が水っぽくなることを防ぐことができる。

ネギ

できれば細かく切ったネギを使いたい。緑色のネギをまぶすだけで、色みもカラフルになるので食欲が増す。

2. ペッパーライスの作り方

ペッパーライスを作るのは難しそうだが、実はホットプレートで簡単にできる。フライパン調理だと完成するまでゆっくりできないが、ホットプレートなら酒を飲みながらゆっくりと作ることも可能だ。
まずは肉を好きな味付けの調味料で漬け込んでおく。バターをプレートにひき、溶けたらある程度火が通るまで肉を炒めよう。タレは醤油や砂糖、おろしにんにくなどを使うと味わい深くなる。にんにくをおろすのが面倒であれば、市販のものを使うのも方法のひとつである。肉に火が通ったら、肉で円を描くように土手を作る。ごはんを入れて混ぜ合わせていこう。炒め終えたら皿にペッパーライスを盛りつけ、周囲に肉をのせる。さらに適度な胡椒とコーンをトッピングすれば完成だ。
パーティーでゲストが来たときにも手軽に楽しめ、しかも目の前で作るから迫力もある。なにより、作っている間に席を外さなくてもよいのもポイントが高い。

3. ペッパーライスを簡単アレンジでもっと美味しく!

ペッパーライスは手順さえ知れば簡単に作れるが、さらに手軽に美味しくする方法もある。こちらで紹介していこう。

タレはステーキソースで!

ペッパーライスを作ったら、タレも自分でしっかり作りたい人もいるだろう。ただ手間がかかるぶん、市販のもので仕上げたい人も。そんなときにおすすめのが、ステーキソースや焼肉のタレだ。たまねぎのみじん切りや大根おろしが入っているものもあるので、自分で用意をしなくてもよいのだ。市販のタレを混ぜるだけで、プロの味が実現する。

大根でヘルシーに

ごはんをふっくら柔らかい食感を出すために、大根の角切りを入れるのもおすすめ。大根を小さく角切りにしておき、ごはんを入れる前に炒めておいて一緒に合わせるとごはんがふんわりふくらむ。しかも大根は低カロリーなため、ヘルシーなペッパーランチを作ることが可能なのだ。

キムチをトッピング

できあがったごはんにキムチをトッピングすると、胡椒とはまた違う辛さを楽しめる。混ぜるだけでキムチ炒飯のような味わいになるので、辛いものが好きな人におすすめだ。

結論

こちらではペッパーライスで使っている食材や簡単な作り方、そしてさらに手軽でヘルシーに美味しくなる方法などをまとめてきました。ペッパーライスは胡椒が強めであり、ヒリリと辛いごはんが美味しい。好みの辛さと食材を選び、ホットプレートを囲み、皆で楽しんでみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >