このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
進化したタコスの味わいとその魅力とは?トレンド真っ只中!

進化したタコスの味わいとその魅力とは?トレンド真っ只中!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年5月 6日

タコスは2020年のフードトレンドの筆頭株。専門店もどんどんオープンしている情勢だ。メキシコ発祥のタコスは、現地でいうところのファストフード的な存在。今日本ではそのタコスがよりおしゃれに、より美味しく進化を遂げている。今回はそんなタコスの進化の真相を追っていく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. タコスが進化する真相

タコスとは

タコスはそもそもメキシコ発祥の食べ物。現地の主食であるとうもろこし粉で作った平べったいパンのような生地=コーントルティーヤで具材を巻いて食べるものだ。パリパリとした生地に野菜やひき肉を挟んで食べるタイプは、メキシコからアメリカにタコスが渡り進化したテックスメックス料理のひとつ。今、話題を集めているのはこちらではなく、メキシコの本場タコスである。

タコス進化の真相

東京都内にはタコスの専門店がオープンするほど、人気を集めている。その背景にあるのは、タコスのアレンジ力の高さにあるのではないか。タコスのベースになるコーントルティーヤはほのかな甘みがあり、優しい味わい。個性があるのにも関わらず、どんな素材ともしっくりと馴染んでくれる懐の深さがある。本場のようにグリルした肉や揚げた魚だけでなく、醤油やナンプラーなどのアジア食材とも不思議とマッチするのだ。店によってさまざまなアレンジができるところもタコスの進化を後押しした理由であろう。

2. 進化したタコスの味

進化したタコスのもうひとつのポイントは、トルティーヤの大きさにある。市販品のフラワートルティーヤと比べてみるとトレンド店のコーントルティーヤは、ひとまわり小さめのものがほとんど。メキシコの在来種と言われるブルーコーンで作られたトルティーヤが使われていることもある。食事なら数枚、間食なら1枚と量のアレンジができるので、幅広いシーンで食べることができるのだ。

味わい

進化したタコスのキーワードのひとつになるのが、味わい。本場のタコスさながらの味はもちろん、とにかく各店、さまざまなバリエーションを有している。ラム肉や魚のフリット、フォアグラなど、トッピングのバリエーションはいわば無限大。本場では味わいのキモとなるサルサはもちろん、ナンプラーやクミン、はたまた醤油など、調味料の使い方も実に多彩だ。

3. 進化したタコスにチャレンジ!

必須食材

まずはトルティーヤをゲットすることから始めよう。おすすめはオンライン通販。冷凍商品が手軽に購入できる。食べたい量だけ解凍すればよいので多めに購入してもよいかもしれない。そのほかにおすすめの食材はライム。意外性ある素材をまとめあげてくれる。

まずは基本を食す

まずは、コーントルティーヤを使用した非常にポピュラーなタコスからチャレンジしてもらいたい。
おすすめはカルネアサーダ。グリルした牛肉とパクチーなどのハーブを巻いて食べるもので、ライムをキュッと絞るととびきりフレッシュで旨い。フレッシュトマトを使ったサルサ・メヒカーナを合わせるとこれからの季節にぴったりの爽やかな味わいに。肉は霜降りより、脂の少ない赤身をセレクトするとよいだろう。塩胡椒して簡単にグリルすればOK。

進化したタコスにおすすめのフィリング

肉系でおすすめなのは、ラム肉。クミンシードと合わせてグリルするとぐっとプロっぽい味わいに進化する。魚系でおすすめなのはセビーチェ。これはメキシコの生魚のマリネである。ライムの酸味が効いた味わいはコーントルティーヤと相性バツグン。
肉や魚以外にも野菜だけのタコスもオツなもの。おすすめは季節の野菜を使うこと。これからの季節なら、おかひじきやミョウガ、しそなどがおすすめ。おかひじきはさっと茹でてごま油と塩胡椒で味付け。たくさんの香味野菜をトッピングするとぐっと美味しさが増すのでおすすめだ。そのほか、きんぴらごぼうや切り干し大根の煮物のような和風お惣菜のタコスも意外とイケる。

結論

タコスの進化は今後もまだまだ続くはず。まずはトレンド店のタコスをSNSなどでリサーチしてみるとよい。ユニークな組み合わせとおしゃれなルックスに驚くだろう。あとはコーントルティーヤをゲットして、自分好みのタコスに仕上げるだけ。ぜひチャレンジしてみてほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >