このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
親子丼をフワとろにするコツを紹介!カロリーオフする方法は?

親子丼をフワとろにするコツを紹介!カロリーオフする方法は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年5月 3日

親子丼は使う材料も少なく、とてもシンプルな料理。そのため自宅で作る機会も多いだろう。しかし、シンプルな料理だけに奥が深く、鶏肉や卵の火の通し方など意外に難しい。そこで今回は、お店のようなふわトロ親子丼に仕上げるコツやポイント、保存方法などを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 親子丼とは?簡単に作れる秘策も紹介

親子丼の誕生は明治初期といわれており、その歴史は長い。さらに、基本的な具材は同じだが、鰹出汁の関東と昆布出汁の関西では味わいに違いがあるようだ。また、親子丼を作る工程で難しいといわれている卵とじを、簡単に作る秘策がいくつかあるのをご存知だろうか。そのひとつが、白身と黄身を別々に入れるということだ。白身には、いろいろな種類のタンパク質が含まれているため、完全に固まるのに時間がかかる。対して黄身は、一定の温度になると一気に固まってしまう性質があるため、凝固スピードの遅い白身を先に入れることで、とろとろ卵の親子丼ができあがるのだ。
この記事もCheck!

2. ワンランク上の親子丼を作るコツとは?

親子丼は、家庭によくある材料で作れるシンプルな料理。しかし、シンプルな料理だからこその難しさもある。お店で食べるような、ふわトロ食感の親子丼を自宅で作るにはちょっとしたコツが必要だ。まず主役となる食材選びだが、鶏肉は透明感とハリのある新鮮なものを選ぶとよい。卵は、一定の水準を超えているものにだけ付いている公正マークを、ひとつの目安に選ぶとよいだろう。そして一番重要な作り方のポイントは、卵を一度に入れず数回に分けて流し入れるということ。これさえおさえておけば、誰でもふわトロ食感の親子丼が楽しめるだろう。
この記事もCheck!

3. 絶品親子丼を作るには火加減も重要なポイント

美味しい親子丼を作るには、いくつかコツがあるのだが火加減や手際も需要なポイントである。まず鶏肉だが「味をしみ込ませるために火を通しすぎて、肉が固くなる」ということをよく耳にする。これは、事前に醤油や酒で下味をつけておくことで、火の通りすぎを防ぐことができる。次に一番重要な卵とじだが、まず卵を混ぜるときは白身と黄身が混ざりきらないよう注意が必要だ。そして、数回に分けて入れるのも重要なポイントとなる。最初は中火で、最後は余熱で火を通すといった具合に、途中で火加減の調整をすることで、ふわふわの親子丼に仕上がる。
この記事もCheck!

4. 親子丼の保存方法を紹介

手軽に作れる親子丼は、一度の食事で食べきる方がほとんどだろう。しかし、どうしてもその時に食べきれない場合、保存はできるのだろうか?結論を言えば、冷蔵での長期保存は難しいが当日中であれば冷蔵保存が可能だ。また、卵が半熟状態のものはサルモレラ菌が生きている可能があるため、レンジで完全に熱を通し、冷ましたうえで保存するのが好ましい。ただし、美味しく食べるために、半日以内には食べるようにしてほしい。また卵を合わせる前、鶏肉や玉ねぎを出汁で煮た状態の物であれば冷凍保存も可能である。
この記事もCheck!

5. 親子丼に合わせたい野菜とは

親子丼の材料といえば、鶏肉・卵・玉ねぎ。使用する野菜は玉ねぎだけと栄養面が少し偏ってしまう。栄養面のことを考えると、野菜をふんだんに使った親子丼が理想である。親子丼に相性のよい野菜はいくつかあるが、中でもにんじん・ごぼう・ねぎといった野菜は多くの栄養素が含まれており、親子丼の具材に合わせることで味も見栄えもよくなる。作り方は、鶏肉と玉ねぎ、野菜を一緒に煮込むだけで、あとは通常の親子丼と同じ手順。また、親子丼と相性がよい献立としては、サラダや野菜のたくさん入ったけんちん汁、お吸い物などがおすすめだ。
この記事もCheck!

6. 親子丼は栄養満点!カロリーオフする方法を紹介

親子丼は、エネルギー源となる三大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)がとてもバランスよく含まれている。それは、目標とされる数値の範囲内にピタリと収まる構成比となっているため。しかし、カロリーはどうだろう?親子丼は、成人男性の1食当たりの摂取カロリーの目安とほぼ同じである。そのため、親子丼のカロリーはダイエット中の方にとっては少し気になる所だろう。そんな時には脂質の多いもも肉は避け、胸肉やささみを使うと簡単にカロリーを抑えることができる。外食をする場合は注文の際、ごはんの量を少なくしてもらうとよいだろう。
この記事もCheck!

結論

簡単に作れる親子丼だが、コツをおさえれば本格的な、ふわトロ絶品親子丼を作ることができる。また、基本の材料にさまざまな野菜を加え、自分だけのオリジナル親子丼を作るのも楽しいだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >