このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

和食の王道と野菜がコラボ!親子丼に合わせたい野菜と作り方を紹介

投稿者:ライター 安土慶彦(あづちよしひこ)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年10月23日

玉ねぎ・卵・鶏肉がメインの食材となる親子丼。昔から家庭料理として愛されている料理の一つだ。しかし、使用する野菜は玉ねぎだけと少し栄養が偏っている。「親子丼で野菜も摂取したい」という人も多いと思う。今回は、野菜をふんだんに使用した親子丼の作り方について紹介していく。野菜を多めに使用することで、ビタミンやミネラル、食物繊維をたくさん摂取できるので、健康面を気にしている人もぜひ参考にしてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 親子丼に合わせたい!相性バツグンの野菜3選

基本的に玉ねぎしか使用しない親子丼だが、にんじん・ごぼう・ねぎを入れることで一度に豊富な栄養を摂取することができる。ここではそれぞれの野菜について紹介していく。

・にんじん

野菜の中でもとくに甘みを感じる、にんじん。にんじんには、カロテンという栄養素がとくに豊富に含まれている。色も鮮やかなため、親子丼の見栄えもよくなる。

・ごぼう

ごぼうは野菜の中でもトップクラスの食物繊維の含有量を誇る。食物繊維には腸の働きを活性化させる効果が期待できる。風味が独特なごぼうはどんなレシピでも存在感を感じさせる食材だ。

・ねぎ

ねぎは、ビタミンやアリシン、カルシウムなどの多くの栄養素を有する。アリシンはねぎの独特なにおいの元であり、ビタミンB1の吸収を助ける働きをする。ねぎの白い部分に多く含まれているので、意識して使ってみるといいだろう。

2. 野菜たっぷり親子丼の作り方

親子丼は比較的時短で作ることができる料理だ。コツを掴むと10分以内で完成する。ここでは手軽に作ることができる野菜親子丼の作り方について紹介していく。

・食材をカットする

必要であれば、ごぼう・にんじん・玉ねぎの皮をむく。鶏肉と野菜をすべて一口サイズにカットする。ごぼうは少しの間、水に浸すことでアクと臭みを取り除くことができる。
少しクセを感じてしまうが、野菜の皮には豊富な栄養素が含まれている。皮はむかずに親子丼に使用するのもおすすめ。

・食材を煮込む

油を引いたフライパンに食材を入れ、中火で加熱していく。ある程度火が通ったところで、出汁・酒・みりん・砂糖・醤油を入れさらにもう3分程度加熱していく。

・仕上げ

食材全体に火が通り、調味料も混ざり合ったところで、溶き卵を入れる。好みの固さに火が通ったところで完成だ。最後に風味をプラスするために、のりや山椒をトッピングするのもおすすめ。

3. 親子丼と一緒に食べたい献立3選

「絶品の親子丼は作れたが、献立に迷ってしまう」という人も多いと思う。ここでは親子丼と相性バツグンな献立レシピを3選紹介していく。

・大根ときゅうりの中華サラダ

大根ときゅうりを一口サイズにカットし、ビニール袋に入れ、中華ドレッシング・ごま油・白ごまなどを入れ、袋越しにもみ込んだ一品。
時短で完成するほか、洗い物も少なくて済むので忙しい人にはとくにおすすめだ。

・けんちん汁

里芋や大根・にんじん・豆腐など具沢山な汁物。多くの野菜を摂取できるほか、ボリューミーなため満腹感も得ることができる。食材をカットし炒め、出汁で煮たのち、醤油・酒・塩で簡単に味付けを行い完成だ。

・大葉のお吸い物

大葉とにんじんを使用したシンプルな味付けのお吸い物。にんじんを出汁で煮込み、塩で味を付け、最後に大葉を合わせれば完成。シンプルかつ、親子丼の味も引き立ててくれるおすすめの汁物だ。

結論

親子丼は食欲がないときでもペロリと食べることができるのが特徴的。日本のみならず海外観光客からも最近注目されている料理の一つだ。野菜を取り入れることで満腹感も栄養も得ることができる。基本的には鶏肉・玉ねぎ・卵などで作られている親子丼だが、たまには好みの野菜も取り入れて作ってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ