このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ふわトロ親子丼に相性バツグン献立!健康によい栄養が摂取できる品々

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年10月23日

食べ応えはあるがヘルシーな鶏肉と、さっぱりとした玉ねぎをたまごでとじた親子丼。ふわトロな口当たりと、食欲をそそる風味が特徴的な一品だ。自宅で簡単に作ることができるため、人気のある料理だが、いざ親子丼をメインにした献立を考えると少し悩んでしまう人もいると思う。そこで今回は、親子丼の旨みを引き立たせる、最適な副菜とスープの献立について紹介していく。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 食べ応え重視!親子丼に最適な副菜の献立

親子丼は使用する食材からして、さっぱりとした味わいが特徴的だ。そのため親子丼に合わせる副菜は、副菜でありながらも食べ応えがある一品がおすすめ。ここでは、自宅で簡単に作ることができる副菜の献立について紹介していく。

・春雨サラダ

ツルっとした喉越しが特徴的な春雨ときゅうり・ハム・ごまなどを使用して作るサラダ。茹でた春雨に、カットした食材を入れ、醤油・酢・ごま油・砂糖を混ぜ合わせるだけで簡単に作ることができる。春雨は腹持ちがよいため、ダイエット中にもおすすめだ。

・シーチキンとキャベツのサラダ

たんぱく質豊富なシーチキンとビタミン豊富なキャベツを混ぜ合わせたサラダ。油をきったシーチキンと一口サイズにカットしたキャベツに、醤油・すりごま・砂糖・酢・ごま油で作ったオリジナルドレッシングをかけて食べるのが絶品。キャベツに含まれているビタミンUは胃の修復のサポートなどの働きをするため、胃腸が弱い人におすすめだ。

・アボカドとレタスの豆腐サラダ

アボカドとレタスと豆腐を使用したヘルシーサラダ。アボカドとレタスを適当なサイズにし、水きりした豆腐と混ぜ合わせ、オリーブオイル・醤油・砂糖・酢を入れたオリジナルドレッシングをかけることで、簡単に作ることができる。
アボカドはビタミンや食物繊維が豊富に含まれており、「森のバター」ともいわれている。

2. 身体にしみる!親子丼を引き立たせるスープの献立

和食ということもあり、味噌汁との相性がよい親子丼だが、そのほかのスープ類とも全体的に相性がよいといわれている。ここでは親子丼の旨みを引き立ててくれる3つのスープの献立について紹介していく。

・けんちん汁

野菜の旨みを出汁で閉じ込め、シンプルな醤油味に仕上げた一品。大根・さつまいも・にんじん・里芋などさまざまな食材を使用することが可能だ。野菜を煮込み、出汁や醤油と煮込むことで作ることができる。一度に多くの栄養が摂取できるため、栄養不足を感じている人におすすめの献立だ。

・にんじんと菜の花のお吸い物

にんじんと菜の花を具に使用した、シンプルなお吸い物。にんじんと菜の花を下茹でし、出汁と塩で味付けを行った汁物だ。使用食材の味と、主食の親子丼の味を引き立たせる、脇役的存在だ。

・きのことわかめの中華スープ

しめじとわかめ、たまごを使用した中華スープ。鶏がらスープで食材を煮込むことで簡単に作ることができる。ごま油を使用するため、味の主張が強めなのが特徴的だ。わかめにはミネラルが豊富に含まれているため、献立の中でミネラルを多く摂取できる食材を使用していなかった場合、汁物は中華スープを選定するとよいだろう。

3. 何度もアレンジ!親子丼の簡単変わり種レシピ

親子丼は一品料理として完成された味であるため、アレンジレシピとしての印象は薄い。しかし、いつもの親子丼に少し手間を加えるだけで、絶品かつやみつきの一品を作ることができる。ここでは、すぐに実践できる3つの親子丼のアレンジレシピについて紹介していく。

・洋風親子丼

和食の親子丼を洋風料理のようにした一品。普段食べている親子丼に、チーズ・バジルソース・こしょうをのせるだけで簡単に作ることができる。チーズと親子丼はあまり見かけないコンビだが、チーズの濃厚な風味と親子丼のふわトロ具合が最高にマッチする。試したことがない人はぜひ実践してみてほしい。

・親子うどん

熱々のごはんに具をのせて食べる親子丼だが、ごはんをうどんに変更することで、味のテイストを変えることができる。たまごをいつもより半熟にすることで、たまごが麺によく絡み、箸が止まらなくなる。絶品なため、食べ過ぎ注意なアレンジレシピだ。

・野菜親子丼

親子丼は基本的に鶏肉と玉ねぎを使用するが、ほかにも野菜を中心に食材をプラスした一品。にんじんやパセリ・しいたけ・ねぎなどがおすすめだ。食材ごとの食感と味を楽しむことができるのが特徴だ。

結論

親子丼は丼物のレシピの中でも比較的さっぱりとした味わいであるため、食欲がない場合でも、ペロリと食べられてしまう。作りすぎで余ってしまった場合も、チャーハンやスープとしてアレンジすることが可能だ。調理時間が短いため、忙しいときでもすぐに料理でき、食べることができる。自宅で親子丼を作り、献立に困った際はぜひこの記事を参考にしてみてほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ