このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【シチューオンライス】とは?ご飯と相性バツグンな新感覚シチュー!

【シチューオンライス】とは?ご飯と相性バツグンな新感覚シチュー!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

2020年5月 8日

カレーライスやハヤシライスなど、ごはんと食べるソース系の料理はいろいろある。しかし、なぜかクリームシチューはごはんとは別の皿にのせるのが常である。シチューもライスとワンプレートで食べるというコンセプトを生み出したのは、ハウス食品株式会社である。その「シチューオンライス」についてみていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. シチューオンライスのコンセプトとは?

商品開発にあたり、ハウス食品株式会社ではクリームシチューとライスをひとつの皿にのせることのメリットをサイト上で発表している。シチューオンライスの意味するところをみてみよう。

パンではなくごはんと食べるシチュー

シチューオンライスが登場した理由は、家族でほっこりと心身ともに温まる料理を開発することにあったという。クリームシチューといえば、いくつかのおかずのひとつであり、ごはんやそのほかのおかずも作らなくてはいけない。また、クリームシチューと相性がよいのはパンというのが定説であり、夕飯に食べるにはもの足りないという意見も考慮してのことだという。つまり、クリームシチューにまつわる数々のモヤモヤを解決すべく、登場させたというわけである。開発にあたっては、徹底的にごはんに合うシチューを追求したとある。

シチューオンライスの種類

現在、シチューオンライスは2種販売されている。クリームシチューの王道である鶏肉を使用する「チキンフリカッセ風」、シチューの常識を裏切って豚肉を美味しく食べるために開発された「カレークリームソース」である。いずれも、スパイスやハーブの成分をごはんと相性がいいように作られているところに特徴がある。また、洋風一辺倒にならぬように酒かす粉末を使用している。これは、現在特許申請中である。

シチューオンライスのカロリー

ハウス食品株式会社によれば、シチューオンライスを1皿食べた場合のカロリーは109kcalとなる。これは、チキンフリカッセ風を使用し、鶏肉とシメジ、玉ねぎを具とした場合である。

2. シチューオンライスのさまざまな食べ方

クリームシチューらしいコクと濃厚さは、男性や育ち盛りの子どもたちにも満足度が高いシチューオンライス。白いごはんとレシピ通りの材料で作ったシチューを食べても十分に美味しいが、ワンプレートであるだけにアレンジをすると登場頻度をあげることができる。シチューオンライスのアレンジ方法にはどんなものがあるのだろうか。

ごはんにひと工夫する場合

クリームシチューは洋食であるだけに、バターライスやサフランライスと美味しく食べることができる。育ち盛りがいてさらにパンチが必要なときは、ガーリックライスにしてもよいだろう。

肉の代わりにシーフードで

シチューオンライスは、通常肉をメインにする料理である。しかし、エビやイカを使用してシーフード風味にしても美味しい。もちろん、ごはんと食べても問題ないのだが、この時はパンとワインで雰囲気を変えれば週末の食事向きとなる。

さらにボリューミーに、ドリア風に食べる

真冬のメニューとしてもってこいのシチューオンライス、さらにアツアツで食べる方法がある。それは、ドリア風にすることである。バターライスやトマト風味のライスの上にシチューオンライスをのせ、さらにとろけるチーズとともにオーブンへ。香ばしい香りは、さらに食欲を刺激してくれる。

3. シチューオンライス、前日の残りを活用する

ところで、残ってしまったシチューオンライスもさまざまに活用可能である。
ごはんと合うように開発されたシチューオンライスであるが、もちろんパンとも美味しく食べることができる。前日に残ってしまったシチューオンライスを、厚めの食パンに塗って粉チーズをかけ、トースターで焼けばこれまた美味しい昼食となる。
また、クリーミー感を活かしてパスタにもできる。茹でたパスタに、シチューオンライスを絡めるだけである。生卵や温泉卵をトッピングすれば、カルボナーラ風に変身してくれる。

結論

ごはんとはイマイチの相性といわれていたクリームシチュー。スパイスや香味をきかせて、とことんごはんとの相性にこだわったシチューオンライスは、ワンプレートで夕飯となるありがたいメニューである。また、さまざまなアレンジも可能なことから、常備しておけば便利であることはまちがいない。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >