このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
豚キムチ炒めの作り方を基本からアレンジまで紹介!卵入りも美味しい!

豚キムチ炒めの作り方を基本からアレンジまで紹介!卵入りも美味しい!

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年5月21日

豚キムチ炒めといえば、ごはんのすすむおかずとして大人気のメニューだ。実は豚キムチ炒めは各家庭で秘密の隠し味を持っていることも多い。今回は、豚キムチ炒めを作る際にプラスしたいおすすめの隠し味について紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 基本の豚キムチ炒めを見てみよう

ただ豚肉とキムチを合わせただけなのに、こんなに美味しくなるのかとファンも多い、豚キムチ炒め。最強のコンビでもある豚キムチ炒めは、忙しいときでも簡単に作れるのも魅力のひとつだ。ごはんのおかずに、つまみにといろいろ使えるのもうれしい。基本の豚キムチ炒めの作り方は、ごま油をひいたフライパンに、ニンニクのスライスを入れ香りが出たら、薄切りの豚肉を加えて炒め、玉ねぎ、ニラなどの材料を加える。さらにキムチを加えて炒めるのだ。最後にしょう油を少量入れて味を調えよう。最後の隠し味は、各家庭によってさまざまだ。

■豚キムチ炒めを美味しく作るポイント

さらに豚キムチ炒めを美味しく作るポイントは、火加減だ。キムチを加えることで、どうしてもキムチから水分が出てきてしまうため、水分をしっかり飛ばすように炒めると、美味しい豚キムチ炒めが完成する。さらに使うキムチの酸味が強い場合は、少し砂糖を加えて調整するのがいいだろう。使うキムチによって、火加減や酸味を調整することが豚キムチ炒めを美味しく作るポイントになる。

2. 豚キムチに足したい秘密の隠し味

■めんつゆ

豚キムチを作る際に、しょう油を加えるほかにいろいろな隠し味がある。その中でも注目なのが、めんつゆだ。めんつゆにはさまざまな出汁や旨みがプラスされているので、基本の豚キムチ炒めの最後にめんつゆを加えることで、より奥深い味わいになるのだ。

■マヨネーズ

意外に思う人も多いだろうが、豚キムチ炒めにマヨネーズを加えるのもおすすめだ。マヨネーズを使う際は、最初に豚肉を炒める際の油代わりにマヨネーズを使用するのがいいだろう。マヨネーズのまろやかさやコクが加わって、食べやすくなる。

■豆板醤

より本格的な豚キムチ炒めを作るなら、豆板醤を隠し味として使うのがおすすめだ。旨辛でビールもすすむ最高の味わいになる。豆板醤を入れるタイミングは、最初に豚肉を炒める際にフライパンに入れるのがいいだろう。ごま油やにんにくのみじん切りと一緒に炒めるのがおすすめだ。本格的な味わいで思わず箸が止まらない美味しさだ。

■鶏ガラスープの素

豚キムチ炒めの隠し味として、市販の鶏ガラスープの素を使うのもいいだろう。鶏ガラスープの素をひとふり加えることで、味にまとまりが出るうえに旨みがプラスされる。加える隠し味によって味わいに違いが生まれるので、自分好みの隠し味を探してみるのもおすすめだ。

3. 卵入り豚キムチ炒めの作り方

豚キムチ炒めに卵を加えて作る人もいる。ふわふわの卵がプラスされた豚キムチ炒めは辛みが抑えられるので、辛いものが苦手な人や子どもでも食べやすくなる。豚キムチ炒めに卵を加える場合は、事前に卵を炒めておくのがいい。フライパンにサラダ油を入れ、溶き卵を一気に入れて大きく菜箸で混ぜ合わせ、皿にとっておく。あとは、通常の豚キムチ炒めを作り、最後に炒めた卵をざっくり合わせて完成だ。

4. アレンジ豚キムチ炒め

■チーズ豚キムチ

豚キムチ炒めのアレンジとしてチーズをかけてみるのもいいだろう。チーズをトッピングしてトースターなどで温めるだけで、濃厚なチーズの味わいとまろやかさがクセになる一品になる。つまみにもピッタリで、手軽に作れるので酒と一緒に味わってみてはいかがだろうか。

■豚キムチ大根

作り置きにも最適なのが、大根を使った豚キムチ炒めだ。短冊切りにした大根を豚肉と一緒に炒めてキムチを加える。さらに焼肉のタレを加えて濃いめの味で仕上げるのがポイントだ。

結論

豚キムチ炒めは、隠し味を変えることでより味に深みと旨みを加えてくれる。さらに卵を加えることで、まろやかな味わいになり子どもでも食べやすい豚キムチ炒めになる。ごはんやつまみにもピッタリな豚キムチ炒めに、隠し味を加えていつもとは違った味わいを楽しんでみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >