このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ピザの作り方を紹介!冷凍や冷めたピザの上手な温め方も解説!

ピザの作り方を紹介!冷凍や冷めたピザの上手な温め方も解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年5月16日

ピザは、デリバリーやイタリアンレストランで楽しめることはもちろん、家庭で手作りすることもできる身近なメニューだ。ソースや具材を工夫することで、バリエーション豊かな味わいが楽しめるのもピザの魅力のひとつといえるだろう。そこで今回は、さまざまなピザの作り方をご紹介する。冷めたピザや冷凍のピザを美味しく食べるための、上手な温め方も一緒にお届けしよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 冷凍ピザを美味しく温め直す方法

手軽な冷凍ピザは、さまざまな方法で温め直すことができるが、より美味しく食べるためには、高温調理ができるオーブンやトースターなどを活用するのがおすすめだ。庫内にピザを入れる前に、余熱をしておくことで冷凍特有の水分を飛ばすことができる。焼きあがったら、仕上げにオリーブオイルを回しかけると、より美味しさがアップするので試してみてほしい。
この記事もCheck!

2. 冷めたピザを美味しく温め直す方法

冷めたピザの上手な温め方は、フライパンを使うのがおすすめだ。まずは弱めの中火にかけ、様子を見ながらピザの底がカリカリになるまで、2分ほど加熱する。次に弱火にして、ピザにかからないように水を加え、ふたをして1分程度温めよう。水を加えることで、ふわふわの食感がプラスされ、まるでできたての味わいが楽しめる。
この記事もCheck!

3. ピザ生地の正しい保存方法

冷蔵する場合は、成形する前の丸い状態で保存するのが好ましい。乾燥を防ぐため、硬く絞った布をかぶせ、気密性の高い容器に入れよう。天然酵母を使用した場合は4~8℃、市販の酵母なら2℃くらいの環境で保存するのがおすすめだ。保存期間は3日ほどで、それ以上保存する場合は冷凍するといいだろう。冷凍の場合は成形しても丸めたままでもどちらでもよい。冷蔵保存同様、乾燥に注意して保存するのがコツだ。
この記事もCheck!

4. ピザ生地を美味しく作るコツ

自家製のピザ生地を美味しく作るには、しっかりこねることが重要だ。ボールの中でひとまとめにした生地を、台のうえなどを使ってよくこねる。生地の表面がツルッとするまでこねるのが目安だ。また、30~40℃の環境で適度に発酵させるのも覚えておきたいポイント。冬場などの気温が低い日には、暖房を活用したりお湯を入れたボールを重ねたりして工夫しよう。
この記事もCheck!

5. ピザの基本!マルゲリータの作り方のコツ

トマトソースとチーズ、バジルを使ったマルゲリータは、シンプルなピザのレシピだ。歴史も深く、古くからイタリアで親しまれてきた。そんなマルゲリータを美味しく作るには、チーズの切り方が重要である。形状に決まりはないが、マルゲリータに使われるモッツアレラチーズは、柔らかく崩れやすい特徴がある。そのため、ナイフや包丁ではなく、エッグスライサーを使って切るのがおすすめだ。
この記事もCheck!

6. ビアンカピザを美味しく作るコツ

マルゲリータ・ビアンカは、フレッシュなトマトを使ったマルゲリータピザのことを指す。トマトのほかに、モッツアレラチーズとバジルをトッピングするのが一般的だ。マルゲリータ・ビアンカにぴったりな材料を選ぶコツは、加熱に適しているトマトを選ぶこと。熱を加えることで甘みが増す品種を選ぶことを覚えておこう。ミニトマトをプラスすることで、より華やかさが増すので試してみてほしい。
この記事もCheck!

7. パルマピザの美味しい作り方やコツ

パルマピザは、生ハムやモッツアレラチーズ、ルッコラなどを使ったピザである。美味しさの決め手は、具材の主役ともいえる生ハム選びが重要なポイントといえるだろう。高級食材ともいわれる、パルマ産の豚の尻部分の肉を使った生ハムがおすすめだ。クリーミーな味わいをプラスするため、モッツアレラチーズはできるだけ水牛のミルクを使って製造されたものを選ぼう。
この記事もCheck!

8. ペスカトーレピザの作り方やコツ

ペスカトーレはトマトソースのうえに、さまざまな魚介類をのせた旨みたっぷりのピザだ。どの魚介類を使うかはとくに決まりはないので、お好みの具材をチョイスしよう。貝類をのせる場合は、殻付きのまま使うと華やかな見た目に仕上がる。家庭で作る場合、手間を省くため、冷凍の魚介類を使うのもいいだろう。生のまま冷凍されているものを選ぶと、より旨みを感じることができる。
この記事もCheck!

結論

丁寧に生地を作れば、あとはお好みの具材をのせて気軽に楽しめるピザ。定番のマルゲリータだけでなく、さまざまな具材でオリジナルのピザを楽しんでみてほしい。普段の食卓にはもちろん、ちょっとしたお祝いごとにもおすすめだ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >