このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【管理栄養士監修】パリジャンの栄養やバゲットとの違い|栄養図鑑

【管理栄養士監修】パリジャンの栄養やバゲットとの違い|栄養図鑑

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年5月25日

パリジャンとは、フランスパンのようなパンでコンビニやカフェなどでもパリジャンサンドというのを見たことがあるだろう。実際にバゲットとパリジャンは何が違うのかを知らない人も多いかもしれない。今回はパリジャンとバゲットの違いやパリジャンの魅力について見ていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. パリジャンとは

パリジャンとはフランス語で「パリの」という意味をもっており、パリを代表するパンの一種だ。見ためはフランスパンのように長く、バゲットとの違いがわからない人も多いだろう。パリジャンは太く短いのが特徴で食べごたえがあるパンだ。さらにパリジャンは切り込みを入れてハムやチーズなどを挟み、サンドイッチのように食べるのもフランスの定番スタイルだ。今回はそんなパリを代表するパリジャンについて詳しく見ていこう。

2. パリジャンとバゲットは何が違う?

パリジャンはフランスパンの一種で、一見するとバゲットと同じような形をしている。しかし細かく見ていくと、バゲットは長さが70cmほどなのに対して、パリジャンは50cmほどとやや短い。さらに太さもバゲットよりも太いのが特徴だ。また、フランスパンの特徴でもあるクープと呼ばれる切り込みもバゲットは7~9本なのに対して、パリジャンは5本ほどと少ない。そして最大の違いは食感にある。バゲットは表面の皮がパリパリとして香ばしいのに対して、パリジャンは中身のクラム部分が多く、バゲットよりもモチっとした食感になる。食べるとその食感の違いは一目瞭然だ。また、パリジャンの場合はサンドイッチに使われることも多く。具材をサンドしたパリジャンをパリジャンサンドと呼ぶ。

ホームパーティ―にも欠かせない

本場フランスでは、パリジャンを厚めにカットしてサンドイッチにしたりディップをのせたりして食べることができるため、ホームパーティ―には欠かせないパンとしても人気がある。パリの、という意味をもつパリジャンこそパリの人達の生活には欠かせないパンなのである。

3. パリジャンのカロリーと栄養

パリジャンのカロリーはフランスパンと同じで、100gあたりおよそ240~280kcalで1本あたりおよそ1,300kcalだ。そのままパリジャンを1本食べるというよりは食べやすい大きさにカットしてから食べるので、カロリーは食べる分量によって変わってくる。ちなみに幅2cmほどにカットすると1切(30g)あたり84kcalほどになる。主な栄養も通常のパンと同じく、炭水化物、たんぱく質、脂質となっている。しかしパリジャンの場合は、バターやマーガリンを使わないのでほかのパンに比べて、脂質が低いようだ。

4. パリジャンをアレンジして味わおう

定番のパリジャンサンド

パリジャンはやはりサンドイッチにするのがおすすめだ。パリジャンの端をカットし、食べきれる大きさにカットしたら、切り込みを入れパリジャンの内側にバターを塗る。そこにレタスやハム、チーズなど好みの具材をサンドしていく。よりボリュームを出したい場合は茹で卵などを挟むのもおすすめだ。これこそパリの人々に愛された定番のパリジャンサンドだ。パリジャンのもちもちした食感が、具材とよく合いボリューム満点のサンドイッチが楽しめる。

パーティーにおすすめロングパリジャンサンド

通常のパリジャンサンドは食べきれる分ずつパリジャンをカットしてから作るが、パーティーなどの場合は、パリジャン1本そのままでロングパリジャンサンドを作ってみるのもおすすめだ。見ためのインパクトもあり、食べる分ずつカットして食べていくのだ。その場合は、切り込みをいくつも入れ、切り込みごとに少しずつ具材を変えていくのもいいだろう。アレンジ次第でパーティーにもピッタリのパリジャンサンドが楽しめる。

結論

パリジャンは一見バゲットと見分けがつかないが、よく見ると違いがある。とくにパリジャンはバゲットよりも太くて短く、モチモチとした食感をしているのが特徴だ。そんなパリジャンはパリの人々に好まれている、サンドイッチにして食べるのがおすすめだ。好きな具材をサンドして食べてみてほしい。弁当に持っていったり、パーティーの際のメニューにしたりしてもいい。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >