このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【管理栄養士監修】シャンピニオンとは?きのこ型のパンを紹介!

【管理栄養士監修】シャンピニオンとは?きのこ型のパンを紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年5月25日

シャンピニオンとはフランスパンの種類の中でも、きのこの形をしたかわいいパンだ。見ためのかわいらしさに加え、上部のカサの部分と下部の異なる食感を一度に味わえると人気だ。大きさもほどよく、いろいろな料理に合わせて味わうことができる。今回はそんなシャンピニオンについて紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. シャンピニオンとは

シャンピニオンとは、きのこの形によく似たフランスパンだ。丸い形のバケットの上にきのこのカサがくっついたような形をしている。このシャンピニオンは小さいので、通常切り分けて食べるバケットと違って1人1つずつ食べられるサイズ感も魅力だ。シャンピニオンはカサの部分と下の部分の食感が違うのも特徴で、上のカサの部分はカリッと香ばしい食感が魅力で、下の部分は厚みがありモチっとした食感で食べごたえがある。1つのパンで2つの食感を楽しめるのもシャンピニオンの魅力なのだ。

2. シャンピニオンの名前の由来

シャンピニオンとはフランス語できのこを意味している。その名はシャンピニオンの見ために由来している。フランスパンはさまざまな種類があるが、どれも見ための印象をモチーフにした名前が付けられることが多い。シャンピニオンは本場フランスでは定番のパンの一種で、バケットと同じようにフランス料理のおともとして料理店で使われることも多い。

シャンピニオンの食べ方

シャンピニオンはカサの部分と下の部分で食感が違うのが特徴だ。そのため、カリッとした食感の上部を取って、器のように使って食べる人もいる。カサの部分と下の部分の食感の違いを味わえるのも、シャンピニオンの特徴であるといえる。

3. シャンピニオンのカロリーを見てみよう

シャンピニオンのカロリーはほかのフランスパンと同じく100gあたり、241kcalだ。1個あたりだいたい43gほどなので、およそ104kcalになるだろう。シャンピニオンに使われている材料はバケットの材料と同じだ。フランスパンは同じ材料でも形や材料の配分や焼き方を変えることで、食感や味わいに変化をつけているものが多い。フランスパンはそれぞれ食感や味わいに違いがあるので、自分好みのパンの種類を選んでみるのがおすすめだ。

4. シャンピニオンの美味しい食べ方

料理のおともとして

シャンピニオンはほどよい大きさなので、1つずつ料理のおともとして食べることも多い。カサの部分のカリッとした食感と下の部分の食感を分けて味わってみるのもいいだろう。朝食にもピッタリで、シャンピニオンと卵やソーセージなどを焼いたものを合わせれば、ちょっとおしゃれな朝食になるだろう。ほかにも食べやすい大きさにちぎってバターやジャムなどをつけて食べるのもおすすめだ。

ミニポットシチューパン

シャンピニオンの形の特徴を活かして、ミニポットシチューパンにするのもおすすめの食べ方だ。カサの部分を取り、下の部分の真ん中部分をくり抜いて、器として中にシチューを入れる食べ方だ。カサの部分をシチューに付けて食べるのも美味しい。最後は全部食べられるのがこのミニポットシチューパンの魅力だ。華やかでおしゃれな仕上がりになるので、パーティーやクリスマスにもピッタリのメニューになるだろう。中身はシチュー以外にグラタンやビーフシチューなどを入れてもいいだろう。食べられる器として使えるのもシャンピニオンの魅力だ。

結論

シャンピニオンは見ためがきのこのような形をしており、とてもかわいらしいフランスパンだ。カサの部分と下の部分では食感に違いがあり、1つで違う食感を楽しめるのもシャンピニオンの魅力だ。シャンピニオンはバケットと同じように料理のおともとして食べられることも多く、さらにそのきのこのような形を活かして、パーティーの前菜などに使うことができるのも人気の秘訣だろう。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >