このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【いわて牛】は理想的な環境で育つブランド牛!受賞経験も豊富だった!

【いわて牛】は理想的な環境で育つブランド牛!受賞経験も豊富だった!

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年7月 6日

美味しい牛肉と聞くと、どうしても特定のブランドを思い出してしまう。実はあまり知られていない「いわて牛」は、日本の中で頂点に立った牛肉なのだ。徹底して管理されているからこその旨みがある「いわて牛」について、こちらでポイントや美味しい食べ方などをまとめていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 理想的な条件で育ったいわて牛

いわて牛は名前の通り、岩手県で育てられた牛だ。綺麗な水や広大で自然豊かな大地など、理想的な環境で育てられているのが特徴。子牛の状態から一貫して生産をしていくので、一頭ずつの成長をしっかり管理できるのだ。
ここでは、いわて牛の人気の秘訣を紹介しよう。

自然環境へのこだわり

いわて牛は自然環境にこだわり、環境にやさしい生産が行われている。「いわて純情米」のわらを食べて育ち、さらに、そのたい肥は田んぼの土づくりに利用され、岩手の農作物を育む土壌を豊かにしているのだ。

良質なたんぱく質

いわて牛には、人間の健康に必要な「タンパク質」が含まれている。しかも良質なものであるのが嬉しい。また、肉質のよさと、食欲をそそる風味が魅力だ。見るだけでわかる肉の鮮やかな色は、火を通しても損なわれないのが特徴である。

厳格な品質基準

いわて牛と呼ぶのに、実は品質基準が設けられている。それは黒毛和種であり、肉質ランクが3以上、歩留等級と呼ばれているランクがB以上であること。また、大事なのは岩手県で飼育され、最後の飼育も県内であることが挙げられる。
なんと、いわて牛は全国肉用牛枝肉成長会において、1位を11回も受賞しているほどの良質肉なのだ。

2. いわて牛の美味しい食べ方

それでは、いわて牛の美味しい食べ方について説明しよう。いわて牛は火を通しても風味が損なわれないのが特徴。口に入れると旨みが溢れ出す霜降りが魅力で、どんな料理にも使いやすいのが嬉しい。ここでは、いわて牛の美味しい食べ方を紹介しよう。

焼肉

いわて牛はただ焼いて食べるのが美味しい。霜降りの肉を網で焼き、好みの調味料でいただく。肉の風味を感じたいのなら「塩」で食べるのもおすすめだ。

ステーキ

豪快にいわて牛を食べたい人にはステーキだ。脂の質がよいのがポイントで、焼くと焦げ目が綺麗につき、口の中でとろける感覚を味わえるだろう。

すき焼き

牛肉の調理法の鉄板でもあるすき焼き。肉質が柔らかいので、喉を通りやすく癖になる味わいだ。

3. いわて牛のアレンジ

王道の調理法でいわて牛を食べるのもよいが、少しアレンジして自分の味を出したい。そんなときにおすすめのアレンジをまとめて紹介する。

ビーフシチュー

肉質が柔らかいため、長時間煮込まなくても食べやすいのがビーフシチューだ。ゴロゴロと大きめのサイズにカットして、ボリュームたっぷりでいただきたい。好きな野菜と一緒に煮れば旨みも楽しみも倍増だ。

ハンバーグ

いわて牛はハンバーグにしても美味しい。肉自体に風味があるため、ひき肉を固形にしても柔らかくジューシーなのだ。好きな付け合わせを探して、合わせて食べたい。

せいろしゃぶしゃぶ

そのままの味を存分に堪能したい場合は、せいろしゃぶしゃぶもよい。好きなタレで合わせれば白飯もすすむ。

4. いわて短角種もおすすめ!

実は岩手県は短角種も生産しており、その数は日本一。「いわて短角牛」は自然交配で生まれるのが特徴だ。暑さや寒さに強いので、どんな気候でもしっかり育つのが嬉しい。「南部牛」という牛と「ショートホーン種」を掛け合わせたのがいわて短角牛だ。いわて牛は毛並みが黒いのだが、いわて短角種は赤茶色ながポイントである。「赤べこ」で知られるのが、いわて短角種である。
いわて短角種は、霜降りのいわて牛とは違い、赤身が多くヘルシーなので、たくさん食べたい人には最適だろう。高たんぱく質で肉質の良いいわて短角種は噛めば噛むほど旨みがでてくる。

結論

こちらではいわて牛の特徴や美味しい食べ方、アレンジ方法、そしていわて短角種についてまでを解説してきた。自然環境にこだわって成長しているいわて牛は、柔らかく風味もよい。ぜひ一度日本一に輝いたいわて牛を、堪能してほしい。
※ 画像はイメージです。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >