このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
無限キャベツのもとは無限キャベツと似て非なるもの?詳しく解説!

無限キャベツのもとは無限キャベツと似て非なるもの?詳しく解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年5月16日

そのあまりの美味しさに、はまる人が続出しているという、無限キャベツと無限キャベツのもと。どちらも似たようなネーミングだが、無限キャベツと無限キャベツのもとは、厳密には全くの別ものである。その最大の違いは、商品であるか否かの違いともいえそうだ。この件についてこれから詳しくお伝えしよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. そもそも無限キャベツとは?

無限キャベツとは、キャベツがメインのレシピの名前だ。その名が示す通り、あまりの美味しさに、箸が止まらなくなって、それこそ無限に食べることができてしまうキャベツという意味が込められたネーミングのようだ。無限キャベツのレシピの考案者は、料理研究家のリュウジ氏だ。リュウジ氏が考案した無限キャベツは、厳密には、無限湯通しキャベツということになるようだが、現在は、無限キャベツとして幅広く浸透することになっている。

ただし、「無限キャベツ」のように、そもそも無限がつくレシピのネーミングの元祖は、「無限ピーマン」であったようだ。無限ピーマンは、2015年の冬頃に、とある人の「ピーマンが無限に食べられるレシピ」といった主旨のSNSの投稿を機に、爆発的なブームになった、ピーマンを使って簡単にできるレシピのことだ。「ピーマンが無限に食べられる」という投稿が、その名の由来となっているようだ。

それを機に、以降、無限に食べられるほど美味しくできる野菜のレシピは、頭に「無限」がつくようになっている。無限キャベツもしかりである。

さてその無限キャベツは、千切りして湯通ししたキャベツに、しらすを和え、ごま油、塩こしょう、旨み調味料などで、味を調えるだけと、作り方はいたって簡単だ。簡単ながら実際作った人の多くは、その半端ない美味しさに感嘆したようだ。口コミなどで話題となり、そのブームに火がついた。

2. 無限キャベツのもととは?

無限キャベツのもとは、東洋水産から発売されている商品だ。商品は、油で揚げた麺と、特製の香味油と粉末のスープの3点で構成されている。この3点を千切りしたキャベツに和えるだけで食べられる。

この商品は、発売当初、予想をはるかに上回るほどの盛況ぶりで、「ネーミングに偽りなし」の美味しさに、買い求める人が続出したようだ。さらに、口コミなどでも話題になったこともあいまって、またたくまに売り切れてしまい、一時販売休止にまで追い込まれてしまうほどだった。

ちなみに、この商品の開発者は、自身が野菜嫌いで、なんとか野菜を美味しく食べられないかということが発案のきっかけとなったとのこと。

お手頃価格で、簡単に作ることができ、しかも野菜不足を手軽に解消できるということで、野菜嫌いのお子さんにお悩みのママや忙しいワーキングミセスなどの心をわしずかみにしたようだ。

無限キャベツのもとは、ごはんのおかずだけでなく、受験生の夜食やお酒のつまみとしても重宝する点も見逃せない魅力となっている。

現在、東洋水産では、「パリパリ無限シリーズ」として、無限キャベツのもとのほかに、無限レタスのもと、無限もやしのもと、無限だいこんのもと、無限きのこのもとの5種類の商品を販売している。それぞれの野菜の美味しさを最大限に引き出せるように、作り方や味は、それぞれに異なっているようだ。

3. 無限キャベツVS無限キャベツのもと

無限キャベツと無限キャベツのもとは、どちらも主役がキャベツで、箸がとまらなくなるくらい美味であるという点は、共通しているといえるだろう。

そもそも両者を比較すること自体、ナンセンスといえるかもしれないが、味付けする手間のことを考えると。無限キャベツのもとを使ったほうが、より簡単にしかも美味しく食べることができるだろう。そういった点においては、両者を比較した場合、無限キャベツのもとのほうに軍配が上がる。

ただし、無限キャベツのもとは、揚げた麺がついているので、麺を加えない通常の無限キャベツに比べるとカロリーが高くなり、糖質量も気になるところだ。カロリー制限や糖質制限をしている場合は、その点に気を付ける必要があるだろう。

結論

無限キャベツと無限キャベツのもとの違いについては、わかっていただけただろうか。
その美味しさについては、どちらも甲乙つけがたいといえそうだが、やはり最終的には好みの問題になるかもしれない。興味をもった人は、実際に両方を作ってみて、食べ比べてみてはいかがだろう。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ