このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スイス料理の定番デザートを紹介!スイスロールの名前の由来は?

スイス料理の定番デザートを紹介!スイスロールの名前の由来は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年6月 1日

スイス料理というと、チーズフォンデュやラクレットなどのチーズを使った料理が有名である。甘いスイーツのなかでは、チョコレートブランドの「リンツ」が世界的に知られているが、家庭で食べられる食後のデザートのような定番スイーツも知っておきたいところだ。ここでは、スイス料理ではどのようなデザートが食べられるのかを詳しく見ていきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スイス料理のデザートメニューの紹介

スイスは隣接する国々から食文化の影響を受けている。それぞれ地域によって特色が異なるのもスイス料理の面白いところだ。

・エンガディーナー・ヌッストルテ

エンガディーン地方のお菓子で、くるみにたっぷりのヌガーを絡ませたフィリングをタルト生地に包み込んだもの。「ヌッス」とはドイツ語でナッツを表す。

・ツーガー・キルシュトルテ

さくらんぼのリキュールをしみ込ませたスポンジ生地を、ナッツ入りのメレンゲ生地で挟んだケーキ。スイスだけにとどまらず、ヨーロッパ中で親しまれている。

・アップルケーキ

スイス中央部の家庭で食べられる田舎風のリンゴケーキ。卵白を泡立てて、生地にシナモンや牛乳を混ぜ込み、リンゴを敷いたケーキ型に流し込んで焼く。

・キャロットケーキ

スイス中央部東に位置するアールガウ州のケーキ。ニンジンとヘーゼルナッツを多く使い、小麦粉はあまり使用しない。ヘーゼルナッツは粗挽きで、独特の舌触りが子どもにも人気のポイントだ。

・ヘーゼルナッツケーキ

ジュラ山脈の麓に位置するソロトゥルン州で作られはじめたケーキ。バタークリームにヘーゼルナッツを混ぜ込み、メレンゲ生地で挟んでいる。側面はスライスしたアーモンドで囲っており、味もカロリーもリッチな仕上がりだ。
スイス料理のデザートは、日本ではあまり食べる機会がないかもしれない。スイスのケーキは素朴なものからリッチなものまでさまざまである。日本の和菓子に比べるとバターや砂糖をたっぷり使ったものが多いので、カロリーは高めになりそうだ。

2. スイスの定番お土産を知っておこう

日本にいると、どのお菓子がどの国のものなのかを意識する機会は少ない。スイスに行っても行かなくても、「スイスといえばこのお菓子」というものを覚えておくといざというときに役立つかもしれない。ここでは、定番のお土産として知られる代表的な菓子メーカーのお菓子を見てみよう。

・カンブリーのビスケット

カンブリーの本社は、トルプシャッヘンという小さな村にある。創業者の祖母の手作りビスケットが村で評判を得たことから製造販売したのがきっかけだ。カンブリーは世界的に有名な菓子メーカーであり、シンプルながらもどこかクセになるような優しい味が特徴。プレーン味だけではなく、ココナッツ、チョコレート、レモン、アーモンドなど味の展開も多い。

・リンツ

いわずと知れたチョコレートブランドのリンツ。スイスチョコレートの歴史は深く、いまや世界中で愛されている。リンツの商品のなかでも最も代表的なのが、キャンディー型に包まれた「リンドール」という商品だ。リンドールはトリュフであり、さまざまなフレーバーが楽しめる。季節に合わせたパッケージやフレーバーの展開もあるので、プレゼントにもおすすめだ。

3. 日本でもおなじみ!スイスロールの由来とは?

スポンジケーキに生クリームやフルーツをサンドしているスイスロール。ロールケーキと同義ではあるが、どこからこの名前が付けられたかご存知だろうか。

スイスロールと付けられた由来には諸説あるが、そのなかのひとつとしてスイスのお菓子である「ルーラート」に由来しているのではないかといわれている。スイスロールはアメリカではジェリーロールとして人気を集め、改めてヨーロッパで注目された。

日本にロールケーキが誕生したのは1950年頃のことで、スイスロールとして販売されていた。スイスロールという名前が何から由来しているのかははっきりとしていないが、日本では定番のおやつとして知られている。スイスロールの由来やルーツを知ることで、さらに洋菓子に興味をもつことができるのではないだろうか。

結論

スイスの定番デザートは、まだ日本ではそれほど知られていない。ヘーゼルナッツやさくらんぼの香りがするケーキなど、洋菓子のなかでも個性的な味わいを楽しめるのがスイスのデザートである。なかなかスイスのデザートと出会う機会は少ないが、日本でも手に入りやすいビスケットやチョコレートを買って、スイス気分を味わってみるのもおすすめだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >