このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
松阪牛の魅力に迫る!徹底した管理体制で育てられた絶品和牛!

松阪牛の魅力に迫る!徹底した管理体制で育てられた絶品和牛!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年7月 6日

三重県を誇るブランド牛が松阪牛だ。日本三大和牛にも名を連ねる有名ブランド牛で、その味わいはとろけるような脂身と口いっぱいに広がる旨みが魅力となっている。今回は、そんな松阪牛のこだわりの品質と魅力に迫ってみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 松阪牛とは

松阪牛とは三重県を誇るブランド牛で、日本三大和牛の1つとして有名だ。松阪牛の正式名称は「まつさかうし」と読む。松阪牛の特徴は何といってもきれいな霜降りのある肉質で、脂分が豊富なので、食べた際にとろけるような口どけと、まろやかな味わいが口いっぱいに広がることだ。また、松阪牛の定義は三重県の松阪地域で生まれた牛だけではなく、全国の和牛を3年間松阪の地域で肥育した牛のことをいう。その際も牛舎で穀物などの餌を与えて牛を肥やす際にビールを飲ませて肉質をよくしたり、マッサージを行ったりと徹底した管理が行われていることも松阪牛の特徴なのだ。

2. 松阪牛の歴史

松阪牛の歴史のルーツは、但馬地方の雌牛を江戸時代に農耕用の牛として飼っていたことから始まる。そこに西洋の肉食文化が普及したことにより、松阪牛として食べられるようになったのだ。もともと三重県の松阪地方は鈴鹿山麓で環境がいいので、牛舎や牧場をするのにとても適しており、そこで但馬地方から連れてきた雌牛を飼い始めたのがきっかけなのだ。また、松阪牛が全国で有名になったのは、戦後に行われた品評会がきっかけで厳格な品質管理や美味しさへの追及からいまでは日本を誇る和牛ブランドへと成長したのだ。

3. 松阪牛のおすすめの食べ方

ステーキにして食べる

松阪牛の脂や旨みをそのまま感じたいのなら、やはりステーキにして食べるのがおすすめだ。おすすめのステーキの焼き方は焼く際に鉄のフライパンを使うことだ。さらに好みでミディアムやレア、ウェルダンなどと焼き加減を調整するのもいいだろう。焼き加減によっても味わいが違ってくるので、自分好みの焼き加減を探してみるのもおすすめの食べ方だ。さらにステーキに少量の塩をふりかけ、ワインなどでフランベするとより松阪牛の美味しさが凝縮するだろう。

すき焼きにして食べる

美味しい肉はすき焼きで食べたいという人も多い。割り下で味をつけ、卵をくぐらせて食べる松阪牛のすき焼きも絶品だ。松阪牛の持つ脂の旨みが溶けだして至福の味わいを堪能できるだろう。

焼肉で食べる

フライパンではなく、網焼きにすることで余分な脂が落ち、また違った松阪牛の美味しさを感じられる。焼き加減は松阪牛の表面に焼き目が付き、中はほんのりピンク色になっている状態がおすすめだ。この焼肉の食べ方をする場合は、まずはシンプルに塩こしょうで味わってみてほしい。松阪牛の脂の甘みと旨みを存分に楽しめる。

4. 松阪牛をアレンジして味わおう

松阪牛の握り寿司

美味しい肉は握り寿司にしても絶品だ。松阪牛のしゃぶしゃぶ用の肉をサッとフライパンで焼いたら、酢飯の上にのせて軽く握る。松阪牛の上から好みでおろし生姜やわさびをのせて味わうのだ。松阪牛と酢飯が口の中で合わさって最高の味わいだ。高級寿司に劣らない味わいを表現できるのも松阪牛ならではだ。

松阪牛のローストビーフ

パーティ―などのおもてなし料理に作れば、盛りあがること間違いなしなのが、松阪牛のローストビーフだ。松阪牛のもも肉ブロックに塩こしょうで下味をもみ込み、フライパンで表面を軽く焼く。それをアルミホイルで二重に包み、150℃に熱したオーブンで途中上下を返しながら20~30分ほど焼く。そのまま常温におき、余熱で火を通し冷めたらうす切りにスライスすれば完成だ。美味しく作るポイントは焼き過ぎないことだ。松阪牛の旨みが凝縮された最高の味わいを楽しめるだろう。

結論

松阪牛は三重県を代表するブランド牛で、美しい霜降りととろけるようなくちどけが魅力だ。そんな松阪牛の美味しさの秘密には、徹底した管理状態と恵まれた環境がある。松阪牛はステーキやすき焼き、ローストビーフなどさまざまな味わい方があるので、その美味しさを味わってみてほしい。
※ 写真は全てイメージです。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ