このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【米沢牛】を味わおう!山形県の自然が生み出した最高のブランド牛

【米沢牛】を味わおう!山形県の自然が生み出した最高のブランド牛

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年7月 6日

米沢牛は山形県の誇るブランド牛だ。とろけるようなジューシーな味わいとサシの美しさが見事だ。そんな米沢牛は自然豊かな限られた地域のみでの飼育がおこなわれている。そんな自然豊かな山形県の誇る、最上級の美味しさの理由を探っていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 米沢牛とは

米沢牛とは、山形県を代表するブランド牛だ。山形県の中でも、飼育者が置賜三市五町に居住していることが条件にもなっている。山形県の気候風土に恵まれた自然豊かな環境で育った米沢牛は上質で、サシがしっかり入っているのが特徴だ。さらにたっぷりと脂がのっているので、口に入れた瞬間とろけるような味わいを楽しむことができるのだ。

2. 米沢牛の歴史と定義

米沢牛の歴史は明治時代にさかのぼり、イギリス人の英語教師が米沢の地に赴任した際に、米沢で食べた牛肉に感動し、任期が終わる際に横浜に一頭の米沢の牛を持ち帰ったことで全国に名が知れ渡ったといわれている。山形県、米沢の地は米沢盆地特有の豊かな自然と技術によって美味しい米沢牛が育つ環境に適していたといえる。

米沢牛の定義

米沢牛と名乗るには決められた定義がある。まずは、置賜三市五町に居住する認定された生産者によって飼育され、黒毛和種の未経産の雌牛である必要がある。さらに生後32ヶ月以上で、肉質の格付けが3等級以上であることなどが挙げられる。このような定義をクリアすることで、品質を保った米沢牛を市場に送り出すことができるのだ。

3. 米沢牛の美味しい食べ方

炭火焼き

米沢牛の美味しい食べ方は、まずシンプルに焼肉にするのがいいだろう。米沢牛のさまざまな部位を食べ比べてみるのもおすすめの楽しみ方だ。サシの入ったきれいな米沢牛を炭火でサッと炙ったらまずはシンプルに塩をつけて味わってみてほしい。米沢牛の旨みと脂の甘みを存分に感じることができるだろう。

すき焼き

美味しい肉の食べ方として欠かせないのが、すき焼きだ。米沢牛を使ったすき焼きの場合は、店によっては味噌風味の割り下で提供される場合もある。濃厚なすき焼きの味わいと米沢牛の脂の旨みが合わさって最高の贅沢だ。

しゃぶしゃぶ

米沢牛はサッとしゃぶしゃぶにして食べるのも絶品だ。余分な脂がほどよく落とされ、さっぱりと味わうことができるのだ。ほんのり色が入るぐらい湯にくぐらせて味わってみてほしい。

4. 米沢牛をアレンジして楽しもう

米沢牛のビーフシチュー

最高級のブランド牛である米沢牛を贅沢にビーフシチューにしてみるのもいいだろう。米沢牛のすね肉にすりおろした玉ねぎを塗り、赤ワインに浸して一晩寝かせる。フライパンでスライスした玉ねぎをあめ色になるまで炒め、米沢牛を加えて赤ワイン、デミグラスソース、トマトペースト、ローリエなどと一緒にじっくり煮込む。時間をかけることで、味がじっくりすね肉にしみ込んだ柔らかい米沢牛の贅沢なビーフシチューができあがるのだ。

ステーキ丼

米沢牛を贅沢にごはんにのせたステーキ丼もおすすめだ。好みの焼き加減で焼いた米沢牛を丼ぶりのごはんの上にのせ、好みのタレやソースをかけて食べる。ステーキを焼く際は塩こしょうをふり、ワインを少しかけて焼くのがおすすめの焼き方だ。ごはんと別々に米沢牛のステーキを楽しむのもいいが、豪快に丼ぶりにしてみるのもいいだろう。

芋煮

山形県を代表する郷土料理である芋煮に、米沢牛を使うのもいいだろう。芋煮とは、里芋やごぼう、ネギなどを出汁、砂糖、しょう油で煮込んだ料理だ。甘辛い味付けで、ごはんがすすむ郷土料理として有名だ。そこに米沢牛を加えることで、コクが加わって最高の味わいになる。残った芋煮には、うどんなどを加えて味わうのも美味しい。

結論

山形県の誇るブランド牛である米沢牛は、きれいなサシとジューシーな味わいが魅力だ。自然豊かな山形県の風土と、こだわった生産者の努力が生み出した最高の美味しさが楽しめる。焼くだけではなく、煮込んだりすることで、より柔らかくジューシーな味わいを楽しむことができるだろう。
※ 画像は全てイメージです
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >