このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【仙台牛】のウマさの秘訣は米にあり!仙台は牛タンだけじゃない!

【仙台牛】のウマさの秘訣は米にあり!仙台は牛タンだけじゃない!

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年7月 6日

宮城県といえば、仙台牛は外せない。仙台というと、牛タンを思い浮かべる人も多いかと思うが、仙台牛の豊かな肉汁とまろやかな風味も絶品だ。今回は米どころでもある宮城県の誇る仙台牛の美味しい食べ方について見ていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 仙台牛とは

仙台牛とは、宮城県のブランド牛で、口あたりがよく、まろやかな風味と豊かな肉汁が魅力だ。脂肪と赤身のバランスもよいとされており、宮城県のみならず、県外にもたくさんの仙台牛ファンがいる。そんな仙台牛の美味しさの秘訣は、良質な水と稲わらにある。宮城県はもともと全国有数の米どころとして有名だ。そんな宮城県で育つ仙台牛は、ササニシキやひとめぼれなどの稲わらを食べることで、その肉質をよくしている。また、宮城県はもともと仔牛の産地でもあるので、生まれたときから宮城の豊かな自然や澄んだ空気の中で成長することで、肉質も安定し、一定の品質を保った最高級のブランド牛を出荷できるのだ。

2. 仙台牛の歴史と定義

仙台牛は1931年に宮城県の畜産試験場が、肉質を向上させるために改良を手がけたことから始まった。その際、1974年に導入した兵庫県の優れた種牛である茂重波号という種牛によって、最高品質の仙台牛が誕生したといわれている。仙台牛な長年の改良と茂重波号のおかげで誕生したといっても過言ではないのだ。

■仙台牛の定義

仙台牛という称号が与えられるのは、仙台牛生産登録農家で飼育された黒毛和種に限り、肉質の等級が日本肉食格付け規格の5等級に格付けされなければならないと定められている。それをクリアした牛のみが仙台牛と呼ばれるのだ。それよりも下のランクの牛は仙台黒毛和牛と呼ばれている。

3. 仙台牛の美味しい食べ方

■ステーキ

仙台牛のおすすめの食べ方は、まずステーキだ。仙台牛はサーロインやヒレの部分に多くの脂がのっているので、レアで焼いて食べるのがいいだろう。レアで焼いた仙台牛にわさびをつけて食べるのがおすすめの食べ方だ。わさびのピリッとした辛みがアクセントとなり仙台牛の旨みを存分に感じられるのだ。ほかにも塩をつけるなどいろいろな調味料で仙台牛のステーキを味わってみるのがおすすめだ。

■すき焼き

やはり美味しい肉はすき焼きにして食べるのも捨てがたい。仙台牛のまろやかな風味と脂身と赤身のバランスのよさはすき焼きにも最適だ。甘辛い割り下に、仙台牛の脂の旨みが溶けだし、より深い味わいにしてくれることだろう。仙台牛の薄切りを購入した場合は、すき焼きにするのがおすすめだ。

4. 仙台牛のアレンジを楽しもう

■仙台牛のグラーシュ

グラーシュとは、牛肉の煮込み料理のことだ。仙台牛を洋風におしゃれに味わうならこの仙台牛のグラーシュがおすすめだ。仙台牛を2cm角に切っておく。鍋にオリーブオイルを熱し、薄切りにした玉ねぎを炒め、小麦粉をまぶした仙台牛を加えて軽く混ぜ、赤ワイン、デミグラスソース、トマトピューレ、水で煮込む。最後に塩こしょうで味を調えたら完成だ。濃厚なデミグラソースの味わいに濃厚な仙台牛の旨みが溶けだして柔らかく最高の味わいになるのだ。

■牛カツサンド

仙台牛を使って、話題の牛カツサンドを作ってみるのもおすすめだ。室温に戻した仙台牛に塩こしょうをし、カツを作る要領でパン粉をつけておく。サラダ油で衣をつけた仙台牛を揚げたら、トーストしたパンの片面にバターとトマトケチャップとウスターソース、粒マスタードを合わせたタレを塗り、牛カツをサンドしたら完成だ。牛カツはレアに揚げるのがおすすめだ。仙台牛の肉汁溢れる最高級の牛カツサンドが楽しめる。

結論

宮城県の仙台牛は、多くの自然と米どころ宮城ならではの稲わらを餌に与えられているので、肉質がよいのが魅力だ。仙台牛の美味しさをしっかり感じるためにはステーキなどはレアで焼きあげるのがおすすめだ。仙台牛は牛タンだけではなくほかの部位もとても美味しいので、いろいろな料理で楽しんでみてほしい。
※ 画像はイメージです。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ