このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【神戸ビーフ】の定義と魅力に迫る!世界に誇る日本のブランド牛!

【神戸ビーフ】の定義と魅力に迫る!世界に誇る日本のブランド牛!

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年7月 6日

神戸ビーフといえば、ブランド牛の中でもとても有名で、日本のみならず世界にも名が知られている牛肉だ。しかし実際に意外と知られていないのが、神戸ビーフと呼ばれる定義だ。今回はそんな神戸ビーフになるまでの定義やより美味しく味わうポイントなどを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 神戸ビーフとは

神戸ビーフといえば、兵庫県を代表するブランド牛として日本のみならず、世界でも知られている有名な牛肉だ。しかし意外に知られていないのが、生きた神戸ビーフがいないということだ。ほかのブランド牛は、生きている牛のときからブランド牛の名前が付けられている。しかし神戸ビーフの場合は、但馬牛が基本となっているのだ。市場でセリにかけられる際の審査で、但馬牛の中でもとくに厳しい基準を満たしたものが神戸ビーフと呼ばれるのだ。つまり、神戸ビーフとは、もとは但馬牛でさらに肉質や脂質が優れたものを神戸ビーフと認定されている。

■神戸ビーフの味わい

神戸ビーフは、肉質が柔らかく、脂肪が筋肉に細かく入っているのが特徴だ。そのため、神戸ビーフが美しい鮮やかな紅色と白色が交雑しているのだ。それこそ、世界が認める神戸ビーフの霜降り肉なのだ。神戸ビーフの霜降りは、熱が加えられることで脂肪の周りの筋肉をときほぐしてくれるので、柔らかい舌ざわりを感じることができるのだ。

2. 神戸ビーフの歴史と定義

神戸ビーフの歴史は但馬牛の歴史と重なる。もともと兵庫県の但馬地方では、経験豊富な飼育農家が多く、さまざまな改良が加えられて優れた肉質を持つ但馬牛を生み出してきた。そんな但馬牛が素になり、神戸ビーフの定義が定められたのだ。そんな神戸ビーフの定義は、先祖代々兵庫県で生まれて兵庫県で育った純血をもった但馬牛であることや、県内の指定農家で飼育され、県内の指定された食肉センターで出荷されたものであること。さらには但馬牛の中でもより霜降り度合いや肉質等級、重量制限など厳しい条件をクリアしたものだけが、神戸ビーフと呼ぶことを許されるのだ。

3. 神戸ビーフの美味しい食べ方

■ステーキ

最上級の神戸ビーフはやはりシンプルにステーキにしたい人も多いだろう。神戸ビーフをステーキにする際のポイントは、焼く前に神戸ビーフを常温に戻しておくこと。さらに何回もひっくり返すのではなく、一度だけひっくり返すこと。焼き加減はうっすらピンク色になるレアがよいとされている。

■すき焼き

神戸ビーフは甘辛いすき焼きにするのも絶品だ。神戸ビーフの場合は、脂が通常の牛肉よりも多いので、すき焼きにする前に神戸ビーフを焼いておくのがおすすめだ。鍋に神戸ビーフを入れて軽く色付いてから砂糖やしょう油で味付けをして作るのだ。神戸牛の脂の甘さや肉質の柔らかさを存分に感じられる食べ方だ。

4. 神戸ビーフをアレンジして楽しもう

■肉じゃが

家庭料理の定番である肉じゃがに神戸ビーフを使えば、普段の肉じゃがよりもワンランクアップした美味しさが味わえる。肉じゃがを作る際は、昆布やかつおで出汁をとってから作るが、神戸ビーフを使うことで肉の旨み成分も加わるので、より深い味わいの肉じゃがになるのだ。神戸ビーフの美味しさを逃がさないために肉を最初に炒めてから調理するといいだろう。

■ローストビーフ

ローストビーフに神戸ビーフを使えば、より豪華で神戸ビーフの弾力のある赤身をしっかり感じることができるだろう。使う神戸ビーフはもも肉の塊を用意し、焼く前に常温に戻しておくのがポイントだ。さらにオーブンで焼く前にフライパンで神戸ビーフに焼き目をつけておくことで、しっかり神戸ビーフの旨みを閉じ込められる。

結論

神戸ビーフといえば、ブランド牛の中でもとくに有名で高級なイメージがある。実際の神戸ビーフは但馬牛がベースとなっており、より厳しい基準をクリアしたものだけがはじめて神戸ビーフと呼ぶことができるのだ。美しい霜降りと柔らかくとろけるような味わいを味わってみてほしい。
※ 画像はイメージです。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ