このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【前沢牛】は努力の末に生まれた逸品!歴史や美味しい食べ方を紹介!

【前沢牛】は努力の末に生まれた逸品!歴史や美味しい食べ方を紹介!

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年7月 6日

岩手県の前沢牛は、恵まれた環境の中で品質改良を重ねることで生まれた、絶品ブランド牛だ。とにかくとろけるような口どけと豊潤な香りを感じられるのが特徴だ。今回は、岩手県が努力を積み重ねて作りあげた前沢牛の魅力に迫ってみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 前沢牛とは

前沢牛とは岩手県の誇るブランド牛だ。前沢牛の特徴は、上質できめ細やかな霜降りがあるうえに、肉質がしっとりしているのが特徴だ。さらに前沢牛の魅力は、すばらしい香りと脂にもある。前沢牛は焼くことで濃厚な香りが楽しめ、脂の質のよさは、前沢牛のロースの上に指をのせると沈んでいくことで実感することができる。

前沢牛の味

前沢牛はストレスのない環境で育てられていることで、上質な脂をもっている。霜降りが細かいので、口に入れるととても滑らかで噛む力がいらないほど、柔らかくくちどけがよいのが特徴なのだ。そのため、肉汁やジューシーで甘くまろやかな味わいが楽しめるブランド牛といえるだろう。

2. 前沢牛の歴史と定義

前沢牛はもともと岩手県の前沢地域で盛んだった稲作作りの際の、運搬や農耕用に飼育されていた牛が始まりだ。その後、1969年に市場に出荷したところ、評価が悪く、そこから一気に品質環境や生産管理の確立が行われたことで、現在では前沢牛の評価は高くなり、ブランド牛へと成長したのだ。

前沢牛の定義

前沢牛は、岩手県の奥州市前沢で肥育された牛であることや、黒毛和種であること、肥育期間が1年以上であることなどが決められている。さらに格付け基準も設けられていることから、前沢牛は限られた牛のみに与えられるブランドなのだ。

3. 前沢牛の美味しい食べ方

しゃぶしゃぶ

口どけのよい肉質をもつ前沢牛は、しゃぶしゃぶにして味わうのがおすすめだ。前沢牛のもつ鮮やかな霜降りを感じられるうえに、軽くしゃぶしゃぶするだけで、とろけるようなくちどけを存分に楽しめる。しゃぶしゃぶを楽しむ際は、さっぱりとしたポン酢などで味わうことで、脂の旨みもしっかり感じることができる。

ステーキ

前沢牛の味をしっかり感じるためには、やはり定番のステーキもいいだろう。前沢牛の部位によっても味わいに違いがある。サーロインはとにかく柔らかく甘みがあるのが特徴だ。ステーキにする場合は、シンプルに塩こしょうのみで味付けをするのがおすすめだ。とろけるような舌ざわりと風味を楽しんでみてほしい。

4. 前沢牛のアレンジ料理にチャレンジ

前沢牛の寿司

岩手県は米が美味しいことでも知られている。同じ気候で育った前沢牛と米は最高に相性がいいので、肉寿司にするのがおすすめだ。とろけるような食感の前沢牛は寿司にすることで、とろける食感を楽しめる。地元では前沢牛を使った寿司の専門店もあるほどの人気だ。

ロールキャベツ

前沢牛のネックの部分はロールキャベツにするのがおすすめだ。ネックは淡泊で調理しにくいといわれる部位だが、しっかりと煮込み料理にすることで、より旨みを感じられるのだ。ロールキャベツの場合は、前沢牛のエキスがスープにも溶けだすので、余すことなく前沢牛の旨みを楽しめる食べ方だ。

ローストビーフ

前沢牛の美味しさはシンプルな料理だからこそ引き立つ。そのため、シンプルにローストビーフにするのもおすすめだ。柔らかい肉質はローストビーフにすることで、よりくちどけがよくなる。事前に調理しておくことができるので、おもてなし料理としても喜ばれる前沢牛の食べ方だ。

結論

前沢牛は岩手県の努力が生み出した最高級のブランド牛だ。とにかく肉質が柔らかく、口どけのよさが魅力だ。前沢牛は脂の旨みを存分に味わうために、しゃぶしゃぶなどにするのもおすすめだ。ほかにも米どころ岩手県の米との相性もバツグンなので、米と一緒に味わうのもいいだろう。岩手県の風土が生み出した絶品の味わいが楽しめる。ぜひ前沢牛の驚くほどのくちどけを体感してみてほしい。
※ 画像は全てイメージです。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >