このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
冷やし中華の作り方やアレンジ方法を紹介!おすすめトッピングも!

冷やし中華の作り方やアレンジ方法を紹介!おすすめトッピングも!

投稿者:ライター 増田綾乃(ますだあやの)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年6月25日

冷たい麺と新鮮な夏野菜を同時に食べることのできる「冷やし中華」。具材やタレをアレンジして簡単に楽しむことができる夏の定番料理だ。暑さで食欲が低下しがちな夏でも、手軽に栄養をチャージして夏バテ対策をしてみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 夏の風物詩!冷やし中華の発祥は?

長年日本人に親しまれている冷やし中華。そんな冷やし中華の発祥地がどこだか知っているだろうか。名前に「中華」が使われていることから中華料理だと認識している人も少なくないようだが、じつは日本発祥の料理である。日本の夏の風物詩として愛され続けている冷やし中華は、現在に至るまでにトッピングの切り方などさまざまな試行錯誤が繰り返されてきたのだ。
この記事もCheck!

2. 冷やし中華と冷やしラーメンは同じ食べ物?

夏になると全国に出回り、よく耳にするのが冷やし中華。一方で似た名前で冷やしラーメンがあるのだが、同じ食べ物だと勘違いしている人も多いようだ。どちらも夏になると食べたくなる食べ物だが、冷やしラーメンと冷やし中華は食べ方に大きな違いがある。タレをまわしかけて食べるのが冷やし中華で、冷たいスープに麺が入っているのが冷やしラーメンだ。
この記事もCheck!
麺類といえばラーメンやパスタなど、高カロリーなものも多くあり、カロリー制限中には不向きな食べ物という認識をしている人も少なくない。しかし冷やし中華はほかの麺類と比べると低カロリーだとされており、摂取カロリーを意識する人からも注目を集めているようだ。食べ方やアレンジの仕方によって大幅にカロリーカットのできる冷やし中華は夏の体重制限中のメニューに取り入れたい一品だ。
この記事もCheck!

4. ポイントをおさえて簡単美味しい!冷やし中華の作り方!

必要な材料も少なく、家にある調理器具で簡単に誰でも挑戦することのできる冷やし中華作り。美味しく食べるためにも野菜の切り方や茹で方などのちょっとしたポイントをしっかりおさえておくことが重要!作ってすぐに食べられないときは、麺の水気をしっかりきっておくことで麺が伸びにくく美味しく食べることができるのだ。また、ごま油をからめておくことで、麺をくっつきにくくすることもできる。
この記事もCheck!

5. タレは冷やし中華の醍醐味!自家製ダレでオリジナルを味わおう

子どもから大人まで幅広い世代からの人気を集めている冷やし中華。その味わいを大きく左右するポイントはタレである。ごま風味やしょうゆなどのバリエーション豊富なタレは市販でも多く出回ってきている。市販のタレも手軽で便利だが、手作りのタレもおすすめだ。暑い夏に何度でも食べたくなる冷やし中華を飽きずに楽しむためにも、自家製ダレ作りに挑戦してオリジナリティーあふれるタレを味わってみよう。
この記事もCheck!

6. アレンジ自在!冷やし中華におすすめの具材トッピング

冷やし中華の麺にのっているさまざまなトッピング。何をのせてもよく合う冷やし中華は、アイデア次第で無限に楽しむことができるのだ。子どもの好きなものをトッピングし、一緒に盛り付けを楽しむのもいいだろう。定番のたまご、きゅうり、トマト、ハム、チャーシューのほかに、子どもの喜ぶツナやコーン、カニかまぼこもおすすめなのでぜひ試してほしい。
この記事もCheck!

7. あなたはあり派?なし派?冷やし中華はあるものでさらに美味しく!

さまざまな食べ方があるとされている冷やし中華。中でもあり派、なし派と大きく意見の分かれるのがマヨネーズをかける食べ方だ。地域性もあるようで、東海・東北地方ではあり派が多数のようだ。さて、あなたの地域はどうだろう。なし派だった人もこの機会に騙されたと思ってマヨがけ冷やし中華を試してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

結論

簡単に作れてアレンジ自在の冷やし中華は、家族全員で楽しむことのできる料理だ。1杯の冷やし中華で野菜もたんぱく質もしっかり摂れるので、夏の食卓には欠かせない。時間があるときには自家製のタレを作ってオリジナル冷やし中華を楽しみながら、暑い夏を乗りきろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ