このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【そぼろ納豆】は簡単に作れる郷土料理!納豆の美味しい食べ方を紹介

【そぼろ納豆】は簡単に作れる郷土料理!納豆の美味しい食べ方を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年7月13日

茨城県で有名な食品といえば納豆を思い浮かべる人が多いだろう。納豆はそのままでも十分に美味しいのだが、納豆を使って作られる郷土料理がある。それが「そぼろ納豆」で、納豆好きにはぜひ試してほしい料理だ。ここではそぼろ納豆の魅力から作り方まで詳しく紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. そぼろ納豆とは?

納豆さえあればごはんが食べられるという人も多いのではないだろうか。最近では納豆を使ったアレンジレシピも特集されるようになっている。じつは納豆を使った郷土料理がある。その名はそぼろ納豆。納豆が有名な茨城県で生み出され、茨城県民に愛されている料理だ。そぼろと聞くと卵やひき肉を炒めたものをイメージするが、そぼろ納豆ではこれらの食材は使われておらず、納豆に細かく刻んだ割り干し大根(切り干し大根)を加えて醤油などで味付けしている。またそぼろ納豆は、農林水産省によって選定された「農山漁村の郷土料理百選」にも掲載されており、未来に残したい郷土料理となっている。

2. そぼろ納豆の材料と栄養

そぼろ納豆で必要となる食材が納豆と割り干し大根の2つだ。どちらも一般的なスーパーで購入できるため家でも作りやすい。あとは醤油などの調味料があれば簡単に作ることができる。

納豆は栄養価が高い食品として知られている。もともと納豆の原料となる大豆の栄養価が高いことも関係しているが、たんぱく質やビタミン、ミネラルなど現代人が不足しがちな栄養素が多く含まれている。また第6の栄養素とも呼ばれる食物繊維も含まれており、整腸作用なども期待できる。納豆だけでも十分にすごいのだが、鉄やカルシウムが多く含まれる割り干し大根を加えることでさらに栄養価がアップする。そのため、そぼろ納豆は非常に栄養価の高い料理なのだ。

3. そぼろ納豆を食べる機会

納豆と割り干し大根は各家庭でも作られて食べられていた食品だったため、そぼろ納豆は昔から家庭料理として定着していた。味付けは各家庭で少しずつ異なり、まさにお袋の味だったのだ。現在は家庭で納豆や割り干し大根を作る習慣はなくなってしまったが、スーパーで気軽に購入できるため、そぼろ納豆はいまも家庭で変わらずに作り続けられている。またそぼろ納豆自体がスーパーで売られている地域もある。ちなみに、そぼろ納豆はお土産品としても売られており、ちょっと珍しいお土産を贈りたい場合には最適だ。旅行や出張で茨城県を訪れた際にはぜひそぼろ納豆をチェックしよう。

4. そぼろ納豆の作り方

長らく惣菜として親しまれてきたそぼろ納豆。作るうえで最大の魅力となるのが、加熱が不要であるという点だ。ただ、割り干し大根を戻しておかなければいけないため、あらかじめ戻しておくなどの工夫は必要となる。まずは水で戻しておいた割り干し大根の水気をしっかりときる。塩をかけてなじませたあと、包丁またはキッチンバサミで細かく切る。納豆に切った割り干し大根を加え、よくかき混ぜて味付けする。付属の納豆のタレを使うと簡単に味付けできる。味気ないと感じる場合は、さらに醤油やみりんを加えて好みの味に調整しよう。納豆と割り干し大根だけでも十分に美味しいが、たくあんやネギなどの食材を加えるとまた違った食感と味わいが楽しめる。アレンジしてみるのもおすすめだ。

5. そぼろ納豆の食べ方

そぼろ納豆の代表的な食べ方といえばごはんと一緒に食べることだろう。納豆とごはんの相性を考えれば間違いなく美味しいことは目に見えている。お茶漬けの具とするのもおすすめだ。そぼろ納豆は濃いめの味付けにすることが多いのでサラッとしたお茶漬けと組み合わせるとほどよいアクセントになる。また、意外にも酒との相性もよい。納豆の旨みと割り干し大根のシャキシャキした食感がつまみに向いているのだ。同じそぼろ納豆でもネギやたくあんを加えてみたり、ゴマをかけてみたりすることで味わいが大きく変わる。食べ方に合わせてアレンジを変えてみるのも面白い。ちなみに市販のそぼろ納豆は味付けがしっかりとされているため購入したらそのまま食べることができるのだが、濃く感じた場合は納豆や割り干し大根を足して調整しよう。

結論

そぼろ納豆は納豆に細かく切った割り干し大根を入れて味付けした料理だ。そぼろ納豆にすることで納豆がより立派なおかずになる。納豆の旨みとシャキシャキした割り干し大根の組み合わせはおつまみにも最適だ。納豆の産地である茨城県ではポピュラーな料理であるが、まだ作ったことがない人はぜひこの機会に挑戦してみてはどうだろうか。
(写真出展)
農林水産省 うちの郷土料理 そぼろ納豆/しょぼろ納豆
https://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/k_ryouri/search_menu/menu/soboronatto_ibaraki.html
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ