このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
きな粉クッキーは栄養満点!食感を良くするコツも紹介!

きな粉クッキーは栄養満点!食感を良くするコツも紹介!

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年7月 3日

餅にかけたりお菓子作りに活用したりと、いろいろなシーンで活躍してくれるきな粉。栄養も豊富で低カロリーなため、健康志向や美容目的で取り入れている人も多いだろう。今回は、きな粉を使ったサクホロ食感のクッキーを紹介したい。きな粉を使うからこそ生まれる食感の秘密や、美味しい作り方を見ていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. きな粉クッキーの魅力は食感と優しい味わい

きな粉を使ったクッキーは、サクサク感に加えて口の中で崩れるようなホロホロ食感が楽しめるのが魅力。きな粉の細かい粒子が、ホロっとした優しい口どけを感じさせてくれるのだ。きな粉特有の香ばしさや優しい甘みも魅力で、バタークッキーなどよりも食べやすい人も多いだろう。コーヒーや紅茶と相性がよいのはもちろん、緑茶やほうじ茶に合わせて楽しむのもおすすめ。また、きな粉は牛乳との相性もよいため、ホットミルクなどと一緒にきな粉クッキーを食べても美味しい。きな粉クッキーはいろいろな飲み物と合わせやすく、手軽に作れてアレンジもしやすいので便利だ。

2. きな粉クッキーは栄養満点!

きな粉クッキーの主原料となるきな粉には、さまざまな栄養素が含まれている。便秘へのよい効果が期待できる食物繊維や豊富なたんぱく質に加え、丈夫な骨を作るために活躍してくれるイソフラボンなどが含まれていて栄養たっぷりの食材なのだ。クッキーにきな粉を入れるだけでさまざまな栄養を摂取でき、作り方によってはカロリーや糖質も抑えられる。小麦粉の一部をきな粉に置き換えたり、きな粉の香ばしさを活かして砂糖を少なめにしたりするのもおすすめ。ただし、小麦粉をきな粉に置き換える場合は少量から試す必要がある。小麦粉ときな粉では性質が異なるため、様子を見ながら作ってみよう。

3. きな粉クッキーをサクホロ食感に仕上げるコツ

きな粉クッキーをサクホロの美味しい食感に仕上げるコツは、小麦粉やきな粉などの粉類を一度ふるうこと。ふるうことでより生地が滑らかに仕上がり、焼きあがりの食感がホロっとしやすくなる。また、生地に入れる砂糖を上白糖やグラニュー糖ではなく粉砂糖にするのもおすすめ。粉砂糖は砂糖を細かく粉砕したもので、口どけのよさが魅力。粉砂糖を使えば、よりホロホロとした食感のきな粉クッキーが作れるはずだ。バターなどの油脂に砂糖を加えてしっかり混ぜ、粉類をふるい入れて1つにまとめれば生地は完成。型抜きをする場合は崩れやすいので注意しよう。型抜きしにくいときは薄く伸ばしたあとに、包丁で適当なサイズにカットして焼くとよい。

4. 手軽なアレンジできな粉クッキーをもっと楽しもう

・黒糖を使う

粉砂糖の代わりに黒糖を使うと、ホロホロ食感は薄れるもののコク深い味わいのクッキーが作れる。黒糖には白い砂糖には含まれないミネラルやビタミンなども含まれているため、栄養の面でもおすすめ。

・グルテンフリークッキー

小麦粉の代わりにきな粉を使用したクッキーは、グルテンフリークッキーと呼ばれる。グルテンフリーは小麦粉などのグルテンを含む食品を使っていないことを指し、最近注目を集めているものの1つだ。きな粉だけでなく片栗粉や米粉を使うと、サックリとした美味しいクッキーに仕上がる。きな粉は糖質も低いので、糖質制限をしている人にもおすすめだ。

結論

きな粉クッキーは栄養価が高く、とても美味しい魅力的なおやつ。食感が楽しいクッキーだが、喉が渇きやすいため飲み物を一緒に用意するのがおすすめ。栄養も豊富で子どものおやつにもピッタリなメニューなので、ぜひ一緒に作りながら楽しんでみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >