このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ベトナムで味わえるバインミーの由来や特徴を紹介!人気店の味は?

ベトナムで味わえるバインミーの由来や特徴を紹介!人気店の味は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年7月 7日

バインミーとはフランス統治時代の食文化から誕生したベトナムの庶民の味だ。ハノイやホーチミンなど、ベトナムの街のいたるところでバインミーを提供する屋台やスタンドが点在している。しかもかなりの数だ。今回はベトナムで味わえるバインミーの特徴を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ベトナムで味わえるバインミーの由来

最初にベトナムで味わえるバインミーの由来を紹介しよう。バインミーとはベトナム語でパンのことをいう。ベトナムのいたる場所に屋台やスタンドがあり、手軽に購入できるのが魅力のひとつだ。まさにベトナムを代表するファストフードといっても過言ではないだろう。近年は海外旅行者向けにモダンで清潔感のあるチェーン店も見かけるようになった。路上グルメに抵抗がある人でも安心して味わえるだろう。

そもそもベトナムにパン文化が入ってきたのは19世紀末のことで、フランスによる植民地時代だ。フランスパンの製法にベトナム独自のレシピが加わり、米粉を入れることでカチカチのフランスパンがふわふわとした食感にアレンジされたという。ちなみにベトナム人の朝食はバインミーかヌードルに分かれるという話もあるが、少数派でおかゆ派とおこわ派が存在するらしい。現地のヌードルの価格は日本円で130~200円くらいだが、バインミーは50~100円とかなり安い。原則として作り置きはせず、注文を受けてから客の好みに合わせて作ってくれるので、できたてを味わえるのも魅力のひとつといえるだろう。

2. ベトナムで味わえるバインミーの特徴

次にベトナムで味わえるバインミーの特徴を紹介しよう。フォーやバインセオと並んでベトナム料理で人気のバインミー。ハノイやホーチミンをはじめ、ベトナムの街のいたるところで、かなりの数のバインミーを提供する屋台やスタンドが点在している。屋台やスタンドごとにアレンジは異なるが、少し小さめのフランスパンにレバーペーストを塗り、ハムやチャーシューのような肉とともに大根とにんじんの甘酢漬けをサンドし、そこにパクチーなどの香草を加えて作るのが基本だ。味付けはベトナムの魚醤とニョクマムをふりかければOK。

ベトナムのバインミー専門店の中でもとくに評判が高いのはベトナム中部の都市であるホイアンにある店だ。ホイアンはバインミーの本場で、激戦区の中でも1、2位を争うほど人気があるという。だがベトナムでナンバーワンと呼び声が高いバインミーの味だと評判の店があるのは、ホイアンの街から少し離れた場所だ。小さく目立たない店だが、地元の人をはじめ外国人観光客で賑わい、外にはテイクアウトをする人が並ぶこともある。

店頭ではスタッフ数人が手早くバインミーを作っており、テーブルに案内され注文をとるスタイルだ。できたてが提供されるバインミーはパン生地のパリッとした食感を楽しめ、中はやわらかで手作り感がある。店によりパン生地に米粉が入っているものといないものがあるが、米粉使用のバインミーはモッチリ食感を堪能できるのが魅力だ。

具はチャーシュー・たまねぎ・オムレツ・茹で豚・トマト・パクチー・ニョクマムなどが入り、かなりボリュームがある。ひと口かむと肉の旨みやオムレツのコク、さわやかな野菜の酸味、パクチーとニョクマムの香りがミックスした美味しさだ。ボリュームがありながらもあっという間に完食できるのは、ベトナムナンバーワンの実力のなせる味だからだろう。

3. ベトナムで味わえるバインミーのアレンジ

次にベトナムで味わえるバインミーのアレンジを紹介しよう。先述した基本的な具のほかにベトナムのスタンドでよく見かけるのが、ミートボールをトッピングしたバインミーだ。スタンドにミートボールの鍋が置かれトッピング可能なところもあれば、パン屋の店先で販売されるバインミーの具として置いてあるところもある。トマト味の出汁で煮込んであるミートボールは美味しいと評判だ。

ベトナムで味わえるバインミーのアレンジのひとつが、モツ煮込みだ。スタンドによってはモツと一緒に煮込んだ味付け煮卵をカットして挟んでくれるところもある。地元の人もひっきりなしに訪れるほど人気を集めているようだ。

結論

ベトナムで味わえるバインミーの特徴を紹介した。日本で味わえるバインミーは、メニューがありトッピングを選んで購入できるところが多いようだ。しかしベトナムでは好みでカスタマイズできるところもある。いつかベトナムに出かけるチャンスがあれば、立ち寄って本場の味を楽しんでみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ