このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
オレガノの代用になる食材はある?代わりに買いたいハーブ3選!

オレガノの代用になる食材はある?代わりに買いたいハーブ3選!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年7月30日

オレガノはトマトやチーズを使った料理に使われることの多いハーブだが、いざ使おうと思ったときになくて困ってしまうこともあるだろう。そんなときに知っておくと便利なのがオレガノの代用品だ。オレガノに変わって、料理のアクセントとして使えるので役立つ。今回は知っておくと便利なオレガノの代用品について紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. オレガノの特徴をチェック

オレガノはトマトやチーズなどと相性がよいといわれているハーブの一種で、さわやかな香りが特徴だ。ピザやパスタ、煮込み料理などに使われることが多い。肉や魚のくさみを消してくれる効果もあることから、料理レシピを見るとたびたび登場するスパイスでもある。しかし実際にオレガノを使おうと思ったのに、自宅になかったり、買いに行ったのに見つからなかったりというときもあるだろう。そんなときにおすすめのオレガノの代用品について紹介していく。いざというときに代用品を知っておけば、オレガノがなくても焦らず料理を完成させることができるのだ。使い方によっては、より自分好みの味わいになったり、食べやすくなったりするので、上手に代用品も活用していこう。

2. オレガノの代用品の定番バジル

オレガノの代用品として定番なのがバジルだ。比較的香りもオレガノに似ているといわれているうえ、バジルはスーパーなどでも手に入れやすい。オレガノは爽快感のある独特の香りがあるのが特徴だが、バジルにも特有の香りがある。オレガノに比べるとバジルの香りは若干弱いため、オレガノの代用として使う場合は、少し多めにバジルを入れるといいだろう。とくにバジルの場合は、オレガノの得意とするトマト系の料理などとの相性もいいので、料理の味を損なわずに使える代用品といえるだろう。オレガノが苦手な人は、逆にバジルを使うことで食べやすい味わいになることもある。

3. 日本でおなじみのパセリもオレガノの代用に使える

パセリといえば、日本でもなじみの深い香辛料の1つだ。料理の色合いに使ったり、付け合わせとして使われたりすることも多い。そんなパセリもオレガノの代用として活用できるのだ。パセリはオレガノに比べると香りは強くないが、料理の見ためなどを重視した代用としては最適だろう。パセリをオレガノの代用として使用する場合は、完成した料理にふりかけるような使い方をするのがおすすめだ。パセリはオレガノに限らず飾り付けのアクセントとしての代用にはバツグンの名脇役なのだ。

4. オレガノの代用に使えるマジョラムとは

マジョラムとは

オレガノの代用として挙げられることも多いマジョラムだが、実際にマジョラムがどのようなものなのかわからない人も多いだろう。マジョラムとは、オレガノと同じくハーブの一種で、スイートマジョラムとして販売されていることも多い。マジョラムは繊細で甘い香りがするハーブで、オレガノのように肉や魚のくさみ消しとしても使われることも多い。使い方もオレガノとよく似ていることから代用品として使われる機会も多い。

マジョラムを代用する際の注意点

マジョラムはハーブの中でもオレガノよりも難易度が高いハーブといわれている。そんなマジョラムをオレガノの代用として使用すれば、料理をより本格的にしてくれることだろう。マジョラムをオレガノの代用として使用する際の注意点は、マジョラムのほうがオレガノよりも香りが強いので、オレガノを使うときよりも量を少なめに使うのがおすすめだ。人によってはマジョラムの香りを強く感じる人もいるので注意して代用しよう。

結論

オレガノの代用に使えるものは意外にもたくさんあり、バジルやパセリなどは比較的手に入りやすいので、手軽に用意できる代用品だろう。さらにマジョラムは、使い方が難しいようなイメージがあるが、オレガノと同じような使い方ができるハーブなのでオレガノの代用としては最適だ。オレガノがない場合は、このような代用品を使って料理に活用してみてほしい。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >