このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
チョコパフェの魅力とは?手軽できて映える作り方も解説!

チョコパフェの魅力とは?手軽できて映える作り方も解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年7月13日

甘いものが大好きな人の心を鷲掴みにしてくれるチョコパフェ。濃厚なチョコレートの甘さとバニラや生クリームとのハーモニーを楽しめる魅力なパフェのひとつといえる。本記事では、そんなチョコパフェの魅力について迫っていこう。簡単にできるチョコパフェの作り方も紹介していくので、ぜひ参考にしてみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. チョコパフェの魅力とは?

チョコレートアイスやチョコソース、ココアパウダー、チョコチップなど、チョコを使用したさまざまなスイーツが層になっているチョコパフェ。チョコの食材オンリーではなく、生クリームやバニラアイス、コーンフレークなど、パフェに欠かせない食材も使っていることが多いため、甘いものが集結した魅力的なスイーツといえる。チョコ好きはもちろん、甘いものが好きな多くの人はきっと夢中になれるスイーツだろう。
また、バナナやいちご、みかん、オレンジ、マンゴー、ブルーベリー、桃など、さまざまなフルーツとも相性がよいため、好きなフルーツとチョコを組み合わせて食べたい人にもおすすめといえる。フルーツのさっぱりとした風味と濃厚なチョコの甘みは、非常に相性バツグンである。

2. 自宅でできる!チョコパフェの作り方

チョコパフェは、じつは誰でも簡単に作ることができる。本記事では、スーパーなどですぐに手が入る材料で作れるチョコパフェの作り方を紹介していこう。

フルーツの下準備をしておく

フルーツ入りのチョコパフェを作る場合は、まずフルーツの下準備から進めよう。バナナやキウイやいちごはスライス状態、みかんは薄皮をむいた状態にしておくのが好ましい。また、マンゴーや桃などは小さめの角切りするのがおすすめだ。

皿に材料を盛り付ける

フルーツの下準備が完了したら、パフェ用のグラスに盛り付けていく。パフェ用のグラスがない場合は1人前用のサラダボウルや、大きめのカップなどを使ってもよい。
まずは、皿の底にコーンフレークを入れて、バニラアイス、チョコアイス、チョコソース、チョコチップなどが綺麗な層になるように盛り付けていこう。
最後にパフェのトップに生クリームを絞り、スペースがある場合はチョコアイスをのせ、フルーツなどでトッピングをすれば完成である。

3. チョコパフェを作る時の注意点

チョコパフェは、チョコレートやアイスなど熱によって溶けやすい材料を多々使うといった特徴が挙げられる。
そのため、チョコパフェを作る場合はできるだけ涼しい部屋で行い、冷蔵庫や冷凍庫から材料を取り出したら素早くトッピングするのがポイントである。
とくに夏場などは長時間チョコやアイスを常温に晒してしまうと、あっという間に溶けてしまうおそれがあるため、室温や材料の取り扱いには注意しよう。
また、チョコづくしがいいからといって、チョコ系の材料(茶色の材料)だけで構成してしまうと、見栄えが地味になってしまう可能性もある。なので、見栄えを気にする場合はバニラアイスや生クリーム、フルーツなど、茶系以外の食材も取り入れるようにするのがおすすめである。

4. さらに豪華なチョコパフェを作りたい時におすすめの材料

ジャンボパフェやボリューミーなパフェなど、もうワンランク上の豪華なチョコパフェを作りたい場合は、以下のような材料もおすすめである。
  • スクエア型のミニチョコケーキ
  • 3~4本程度のポッキー
  • ウエハース
  • ミニモンブラン
  • ミニプリン
上記のような材料をチョコパフェのトッピングとしてトップに飾れば、ゴージャスな見ためのチョコパフェへと早変わりする。1人用の小さなパフェではなく、2~3人でシェアしながら食べるパフェが作りたい場合などは、ぜひ活用してみてはいかがだろうか。

結論

さまざまな材料を取り入れることができるチョコパフェ。簡単に作ることができるので、ぜひ好みの具材でチョコパフェを作ってみてはいかがだろうか。美味しいだけでなく、見栄えも美しいチョコパフェを作れば、きっと心も身体も癒されること間違いなしである。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >