このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
献立作りが楽になる!万人ウケ間違いなしの定番メニューとは?

献立作りが楽になる!万人ウケ間違いなしの定番メニューとは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年7月18日

子どもがいる家庭や、複数人が集まるホームパーティーなど、万人ウケする献立が必要になるシーンはたくさんあるだろう。本記事では、あらゆる場面で役に立つ定番メニューを使ったおすすめの献立を紹介していく。ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 手軽に作れて美味しい定番メニューは?

まず、定番メニューといわれて皆さんは何を想像するだろうか。カレーやシチュー、ハンバーグ、煮物、焼き魚料理など、定番と呼ばれるメニューは数多く存在する。そのなかでも今回とくにおすすめしたいのは「手軽に用意できる献立」である。万人ウケする料理は星の数ほどあるが、手間がかかる料理だと作るのが億劫になってしまう人もきっと多いはず。以上を踏まえたうえでおすすめしたい手軽な定番メニューは以下の料理などが挙げられる。
  • カレーやシチュー、煮物など鍋で煮込むだけで作れる料理
  • オムライスやチャーハンなどフライパンで炒めるだけで作れる料理
  • 温野菜のサラダやパスタなど耐熱容器や電子レンジ、炊飯器だけで作れる料理
上記の料理は工程が少なく、短時間で作れる定番メニューが多いため、これらの特徴をもっている定番メニューを中心に献立を考えるのがおすすめだ。

2. 万人ウケする!定番メニューを取り入れた献立を紹介

それでは、先述したおすすめの定番メニューの特徴を兼ね備えている献立をいくつか紹介しよう。短時間でさっと調理したい人にもおすすめの献立なので参考にしてみてほしい。

チーズタッカルビ

韓国料理ブームをきっかけに大注目されるようになったチーズタッカルビ。韓国料理の専門店に行かないと食べられないという印象が強いメニューだが、フライパンを使えば簡単に調理することができる。まず、下準備として鶏もも肉とタマネギと市販のタッカルビの素をビニール袋に入れて漬けておく。その間にキャベツ、ニンジン、ジャガイモを一口サイズに切っておこう。鶏もも肉とタマネギに味がしみ込んだら、ごま油をひいたフライパンで鶏肉と野菜を炒める。その後軽く蒸し焼きにして、最後にチーズを加えたら完成だ。

豚肉で作るチャーシュー

ごはんのおかずとして一品作りたい場合は、チャーシューもおすすめだ。チャーシューというと、作り方が難しそうと思われるかもしれないが、炊飯器でも手軽に作ることができる。炊飯器のなかに豚肉、水、醤油、酒、みりん、砂糖を入れて、炊飯ボタンを押す。チャーシューが炊きあがったら、そのまま豚肉をひっくり返してしばらく蒸らせば完成である。好みでからしをつけて食べてみてはいかがだろうか。

肉じゃが

肉じゃがというと「長時間煮込まないといけない」という印象が強い。しかし、料理研究家の小林カツ代さんが以前テレビで紹介して話題になった肉じゃがの作り方を参考にすれば、煮込む時間がわずか10分で済む。
まずジャガイモとタマネギ、牛肉を食べやすいサイズに切り、油をひいたフライパンでタマネギをしっかりと炒める。その後、そのままフライパンの中央に牛肉を加え、牛肉の上に砂糖、醤油、みりんをかける。牛肉と調味料をフライパンで熱しながら絡めてから、ジャガイモと水を加え、すぐにふたをして10分ほど煮込んだら肉じゃがの完成である。

3. 定番メニューの献立に飽きてしまった時のおすすめ対処法

ほかにも手軽に作れる定番の献立はたくさんあるが、定番のメニューが毎日続くと飽きてしまうという人もいるだろう。そんな時は、アレンジを加えてみるのがおすすめだ。
たとえば、カレーやシチューなどはグラタンにアレンジできるし、肉じゃがなどはチーズを加えて炒め直せば洋風の煮物へと早変わりする。また、チャーシューはラーメンやチャーハンの具材として活用したり、チーズタッカルビは味噌で味付けをすれば、和風テイストへと変わるのだ。
ちょっとしたひと工夫で、変わり種メニューへとアレンジできるため、定番メニューに飽きてしまった時はぜひ試してみてほしい。

結論

裏ワザや時短方法などを取り入れれば、凝ったように見える定番メニューも、手軽に用意することができる。なので「気合いが入っているように見える料理を用意したいけど、楽をしたい」という場合は、ぜひ今回紹介した定番の献立を活用してみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >