このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
うどんとチーズの意外な組み合わせ!実はバラエティー豊富だった!

うどんとチーズの意外な組み合わせ!実はバラエティー豊富だった!

投稿者:ライター 井澤佐知子(いざわさちこ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年7月20日

出汁のきいた汁で食べることが多いうどん。もちろん、夏ならば冷やしうどんも美味しいし、焼きうどんも簡単に作ることができる料理である。しかし、和食という範疇から飛び出れば、うどんはチーズと組み合わせてさまざまな料理を生み出すことが可能なのである。本記事では、うどんとチーズの組み合わせ料理の一部を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. チーズをかけた釜玉うどんが美味しい!

香川県発祥のうどん料理、釜玉うどんをアレンジしてチーズで食べてみてはどうであろうか。卵とチーズの組み合わせは、醤油や専用のつゆとあわせる釜玉うどんとはだいぶ異なる味わいとなる。しかし、子どもたちも喜ぶ若者向きのメニューとなるのである。

●まるでカルボナーラ?うどんとチーズで作る釜玉うどん

うどんとチーズを組み合わせる料理としてとくに人気が高いのが、釜玉うどん風のアレンジである。茹でたうどんを、粉チーズなどを混ぜた卵に絡めて胡椒をかけて食べる方法である。カルボナーラに似た味わいで人気のメニューである。
粉チーズでもの足りない人は、ペコリーノチーズやゴルゴンゾーラチーズなど、塩気のきいたタイプや癖のある種類で試してもよいかもしれない。あるいは、通常の粉チーズを使用し、卵かけごはんの要領で醤油を垂らせば和洋折衷、さらに食べやすくなる。

●うどんとチーズのアレンジはさまざま

夏になると、冷やしたうどんをさまざまにアレンジして食べる。こんなときも、チーズの出番が多くなる。たとえば、明太子を使用してチーズで味付けをすればカフェ風となるし、アボカドを使って健康的な冷やしうどんを食べる際にも、粉チーズやごま、レモンなどであっさりと涼やかに食べることが可能である。

2. うどんととろけるチーズでチヂミを作る

うどんを使ったチヂミも、サイト上で話題になることが多い。そんなとき、つなぎとしてとろけるチーズが大いに役に立つのである。余ってしまったうどんで気軽に作ることができるチヂミ、チーズを使うとどのような味わいになるのであろうか。

●とろけるチーズを焼いてパリッと仕上げる

うどんとチーズを使ったチヂミ、まずは和の味に仕上げたらどのようになるのであろうか。材料は、細かく切ったうどんととろけるチーズ、天かす、干しエビ、ねぎ、出汁の素、片栗粉などなどである。調理する場合は、ごま油を用いると香り高き一品ができる。
作り方は難しくなく、チーズ以外の材料を混ぜてごま油を敷いたフライパンにのせる。その上にまんべんなくとろけるチーズをのせて、裏表を焼くだけである。チーズは少し、パリッとする程度に焼くとさらに美味しい。
それだけ食べても十分に美味しいのだけど、チヂミの雰囲気を出すためにコチュジャンやめんつゆを使ったタレをつければ贅沢な一皿ができあがる。

●洋風にアレンジしたチヂミは

うどんとチーズを使ったこのチヂミ、洋風にもアレンジできる。洋風の場合は、思いきり子どもが喜ぶ一品にするのも一興である。
具材にはソーセージ、味付けも出汁ではなくコンソメにし、卵も加えてみる。そして、とろけるチーズをたっぷりのせてフライパンで焼くのである。細かく切ったうどんのもちもち感、チーズのパリパリ感が、相反する魅力となってやみつきのメニューとなることまちがいない。

3. うどんをパスタと見立ててチーズをふんだんに使ってみる

イタリアには、ピーチと呼ばれるうどんにそっくりのパスタが存在する。そこで、うどんをパスタと見立てて、思いきりバタくさい一皿を作ってみてはどうであろうか?たとえば、カーチョ・エ・ペーペである。茹でたてのうどんをバターで絡め、塩気のきいたペコリーノチーズをふんだんに削ってまぶせる。仕上げには、黒胡椒を挽けば立派なイタリアの郷土料理である。面倒であれば、市販のバジルソースやトマトソースで味付けをし、最後に盛大に粉チーズをふってみる。昔懐かしい喫茶店風のパスタを、うどんで味わうのもオツなものである。

結論

和食の食材のひとつとして世界的に有名になったうどんであるが、小麦粉を使ったシンプルな麺であるから、発想を転換させればうどんを使用したさまざまなレシピができあがる。もちろん、チーズとも相性がよく、粉チーズをはじめとするさまざまなチーズでバラエティー豊かな料理を楽しむことができる。うどんのもちもち感を、あらゆる料理に活かしてみてほしい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ