このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
パフェの作り方を解説!映えるパフェもコツを掴めば意外に簡単?

パフェの作り方を解説!映えるパフェもコツを掴めば意外に簡単?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年7月31日

味だけでなく、見栄えも重要となってくるパフェ。作るのにコツが必要そうに見えるパフェでも、基本的なパフェの作り方やSNS映えするコツなどを抑えてしまえば、誰でも簡単に見栄えするパフェは作ることができる。本記事では、パフェ作り初心者の人でもトライできるパフェの作り方を紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 基本的なパフェの作り方をまずは抑えよう

いちごパフェやフルーツパフェ、抹茶パフェなど、パフェの種類や見ためは作る人や店によって大きく異なる。そのため、いざ自分でパフェを作ろうと思っても「どのような具材が必要なのだろうか?」「どの順でパフェの層を重ねるべきなのか?」といった疑問が出てきてしまう人も多いはず。ただ、一見難しそうに見えるパフェ作りも、以下3つのポイントさえおさえてしまえば、案外あっさり作ることができるのだ。
  • パフェの底はコーンフレークやゼリーなどのお菓子を敷きつめる
  • パフェの中間層はアイスやソースや生クリーム、フルーツがおすすめ
  • パフェのトップは、生クリームやアイス、ちょっとした飾りをのせる
まず、パフェの底にはコーンフレークやゼリー、スポンジケーキ、砕いたクッキーなど、お菓子っぽい食材を使うことが多い。パフェの底にも彩りを加えたいと思う場合は、フルーツソースなどを混ぜるのもおすすめだ。

次に、パフェの中間層はアイスやソース、生クリーム、フルーツなどを順に重ねていこう。ランダムに具材をのせるよりも「綺麗な層になるように飾ること」を意識したほうがパフェっぽい見ためになる。最後に、パフェのトップはボリュームたっぷりな生クリームやアイスのほかに、ワンポイントとなる飾り(少量のフルーツ、ポッキー、ミントの葉など)をのせよう。以上を意識するだけで、パフェらしい形を作ることができる。

2. SNS映えなパフェを作るコツは?

「純粋にパフェを食べたい」「パフェの味だけを重視している」と考える人は少数派だと思われる。せっかく作るなら、SNS映えするようなかわいいらしい見ためや、美しい見ためのパフェを作りたい人が多いのではないだろうか。

SNS映えするパフェを作る場合も、先述した基本的なパフェの作り方と同じであるが、それに加えてさらに以下のような工夫を取り入れると、さらに豪華な見ためを演出できる。
  • パフェのトップに小さめのお菓子(マカロン、プチケーキ、かわいい形のチョコなど)をのせる
  • 青、水色、紫といった寒色系の色も取り入れてみる
  • ビッグサイズのグラスやかわいいデザインのカップに盛り付けてみる
上記はあくまでも「SNS映えするパフェ」の一例であり、上記の条件を必ず満たしていなくても、SNS映えするパフェを作ることはできる。

通常のパフェの作り方にプラスアルファするだけで、ほかではあまり見ないオシャレなパフェを作れるので、ぜひオリジナルのSNS映えパフェを作ってみてはいかがだろうか。

3. パフェをアレンジしてさらに個性を出そう!

見ためも美しいけど、一風変わった個性的なパフェを作りたい人は、さらに凝った工夫を加えてみよう。以下のアレンジ方法はごく一部の例だが、このようなアイデアを取り入れて、自分らしさのあるパフェを作るのもおすすめである。
  • メロンやスイカなどをくり抜き、フルーツ自体をパフェグラスに見立てて盛り付ける
  • スイーツではなく、サラダの具材や惣菜などを使って盛り付ける
  • ウイスキーやラム酒などをかけて大人向けのパフェを作る
通常のパフェではあまり使用しない食材や、パフェグラスとは大きくかけ離れた器に入れると個性を出しやすくなるので参考にしていただけたら嬉しい。

結論

シンプルなパフェから凝ったパフェまで、基本的な作り方や考え方は共通しているといえる。まずはシンプルでサイズの小さいパフェ作りからトライしてみて、慣れてきたら大きいサイズのパフェや個性的なパフェ作りにトライするのもおすすめだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >